クレジットカード

女性におすすめのクレジットカード5選!特典内容や選び方も解説

女性におすすめなクレジットカード

キャッシュレス決済方法の中でも便利でお得なクレジットカードですが、女性向けのものも多く発行されています。

女性向けのサービスや特典が充実しているため、女性には女性向けのクレジットカードがおすすめです。

デザインもきれいなものが多く、持っているだけで生活のモチベーションアップにつながるでしょう。

今回は、女性におすすめのクレジットカードを厳選して紹介します。

クレジットカードの選び方やメリットについても解説するので、参考にしてください。

女性におすすめのクレジットカード5選

①JCB CARD W plus L

国際ブランドJCB
年会費初年度無料
2年目〜無料
還元率常時1.0%
最大5.5%

JCB CARD W plus Lは、インターネットからの申し込み限定の女性向けクレジットカードです。

JCB CARD Wの機能に、女性向けの特典が付帯されています。

券面はピンクを基調とした、女性らしいデザインが魅力です。

満39歳までの方しか作ることができないので、注意してください。

家族カードとETCカードは年会費無料で持つことができます。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は1.0%です。

JCB一般カードの2倍の還元率でポイントが貯まります。

以下のJCBオリジナルシリーズパートナーのお店の買い物では、ポイントが最大10倍にアップします。

  • メルカリ:2倍
  • モスバーガー:2倍
  • スターバックス:10倍
  • セブンイレブン:3倍

ポイント優待サイトOki Dokiランド経由のネットショッピングでは、ポイントが最大20倍です。

貯まったポイントは、他社ポイントへの移行やマイルに交換できます。

ポイントの有効期限は2年間です。

特典

女性に嬉しい特典が多数用意されています。

  • LINDAリーグ:特典や商品が当たるキャンペーン
  • MyJCB Express News for LINDA:月2回配信されるメルマガ
  • plus L 限定 女性疾病保険:月々290円から入れる女性向けの疾病保険
  • お守リンダ:選べる女性向けの保険

plus L 限定 女性疾病保険では、女性特有の疾病をサポートしてくれる保険が用意されています。

以下のとおり、保険料は安く設定されているので、家計の負担になりません。

年齢毎月の保険料
満20~24歳290円
満25~29歳540円
満30~34歳670円
満35~39歳710円

お守リンダでは、以下の種類の保険に加入できます。

  • 女性特定がん
  • 天災限定障害
  • 犯罪被害補償
  • 障害入院補償

女性特有の乳がんや子宮がんの手術保険金から、ひったくり損害保険金まで、さまざまなプランから選べる点がメリットです。

付帯サービス

最高2,000万円の海外旅行保険が付帯されています。

全国主要都市9カ所にある、「JCBプラザ ラウンジ」が無料で利用可能です。

海外主要空港に設置されたサービス窓口「JCBプラザ」では、スタッフが観光に関する問い合わせに対応してくれます。

窓口はすべて日本語対応なので、語学に自信がない方も安心です。

その他、海外の買い物で使える最高100万円のショッピング保険が付帯されています。

②イオンカードセレクト

国際ブランドVisa
Mastercard
JCB
年会費初年度無料
2年目〜無料
還元率常時0.5%
最大1.0%

イオンカードセレクトは、イオンが発行する年会費無料のクレジットカードです。

家族カードとETCカードは年会費無料で持つことができます。

イオン銀行のキャッシュカード機能と、電子マネーWAONも搭載されているため、カードを1枚持っているだけで便利に利用できます。

イオン店頭で申し込みすれば、最短当日からカードを使うことが可能です。

ポイント還元率

通常の還元率は0.5%ですが、イオングループの店舗ではポイントがいつでも2倍で買い物できます。

また、以下の日にちに買い物をすれば、ポイントの還元率がアップします。

  • 毎月10日:イオングループ以外の買い物もポイント2倍
  • わくわくデー:毎月5のつく日はポイント2倍

ときめきポイントTOWN経由のネットショッピングでは、ポイントが最大20倍にアップします。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどの大手ネットショッピングサイトも参加しているので、買い物の際にはお得に活用しましょう。

貯まったポイントは、商品に交換できるほか、他社ポイントへの移行やマイルにも交換できます。

ポイントの有効期限は2年間です。

特典

イオンモールの買い物で下記の優待割引が受けられます。

  • お客様感謝デー:毎月20日と30日は5%割引
  • G.G感謝デー:55歳以上の方限定で毎月15日は5%割引
  • イオンシネマチケットはいつでも300円割引

普段イオンで買い物をする主婦なら、より恩恵を受けられるでしょう。

利用実績を詰めば、ワンランク上のイオンゴールドカードのインビテーションが届きます。

年会費無料で特典がさらに充実するので、主婦におすすめのゴールドカードです。

付帯サービス

旅行保険は付帯されていませんが、海外・国内の買い物で適用される最高50万円のショッピング保険が付帯されています。

また、カードの紛失・盗難時に不正利用に遭った場合は、届け日の61日前までさかのぼって損害を補償してもらえます。

③楽天カード

国際ブランドVisa
Mastercard
JCB
AMEX
年会費初年度無料
2年目〜無料
還元率常時1.0%
最大3.0%

楽天カードは、大手ネットショッピングサイト楽天市場で有名な楽天グループが発行するクレジットカードです。

年会費は永年無料で、家族カードも年会費無料で持つことができます。

選べる国際ブランドは4種類と豊富である点も嬉しいポイントでしょう。

ETCカードの年会費は550円ですが、楽天PointClubの会員ランクがプラチナ会員以上になれば、無料で利用可能です。

ポイント還元率

通常のポイントの還元率は1.0%です。

以下の条件を満たせば、ポイントの還元率がアップするためお得です。

  • 5と0のつく日:楽天市場の買い物がポイント5倍
  • キャンペーンエントリー:ポイント2倍
  • 新規入会特典:対象日の買い物がポイント5倍

その他、スーパーポイントアッププログラム(SPU)と呼ばれるポイントアッププログラムが用意されています。

楽天グループサービスを使うほどポイントアップするお得なプログラムです。

以下で、一部を紹介します。

  • 楽天ひかり:+1倍
  • 楽天モバイル:+0.5倍
  • 楽天の保険:+1倍
  • 楽天トラベル:+1倍

条件を全て満たせば、楽天市場の買い物がポイント最大15倍までアップします。

うまく活用すれば、ポイントをザクザク貯められるでしょう。

特典

以下のような、海外旅行の優待サービスが付帯されています。

  • 海外レンタカー:通常料金から10%割引
  • 手荷物宅配サービス:通常価格から最大300円割引
  • 携帯・Wi-Fiルーター:レンタル15%割引
  • 会員専用ハワイラウンジが無料

出張や海外旅行の際には、便利に活用してください。

付帯サービス

最高2,000万円の海外旅行保険が付帯されています。

その他、以下の安心・安全のセキュリティ対策があるため安心です。

  • カード利用メールでお知らせ通知機能
  • 24時間体制の不正検知システム
  • 楽天市場の商品未着あんしん制度
  • カードの紛失・盗難時の不正利用を補償
  • インターネット上の不正利用を補償

海外でカードの紛失・盗難に遭った際には、渡航中のみ利用できる再発行カードを現地にて手配してくれます。

セキュリティがしっかりしたカードを持ちたい方におすすめです。

④セゾンカード インターナショナル

国際ブランドVisa
Mastercard
JCB
年会費初年度無料
2年目〜無料
還元率常時0.5%
最大15.0%

セゾンカード インターナショナルは、国内初の完全ナンバーレスカードです。

券面に、カード番号や有効期限、セキュリティコードが記載されていません。

会計時に番号を盗み見られる心配がないので、安心して買い物に利用できます。

デジタルカードとプラスチックカードの2種類から選ぶことが可能です。

デジタルカードなら、申し込みから最短5分でカードが発行されます。

年会費は永年無料です。

家族カードは年会費無料で、最大4枚まで持つことができます。

ポイント還元率

通常のポイントの還元率は0.5%です。

セゾンカード インターナショナルの最大の特徴としては、永久不滅ポイントが挙げられます。

通常のクレジットカードのポイントとは違い、貯まるポイントに有効期限がありません。

長期に渡ってコツコツポイントを貯め続けることが可能です。

無印良品やロフト、パルコなどのポイント特約店の買い物では、ポイント還元率が2倍です。

ポイント優待サイトのセゾンポイントモールを経由したネットショッピングでは、ポイントが最大30倍にアップします。

貯まったポイントは、他社ポイントへの移行やマイルの交換などの使いみちがあります。

独自のサービスとして、手数料無料で100ポイント単位から運用できる「ポイント運用サービス」がおすすめです。

アクティブコースとバランスコースの2種類から、好きな運用方法が選べます。

ポイントの使いみちに悩む方は、利用してください。

付帯サービス

インターネット上の不正利用を補償してくれる、オンライン・プロテクションが付帯されています。

旅行保険などはありませんが、会員限定のSuper Value Plusを利用すれば、オプションで付帯保険が追加可能です。

買い物時のトラブルや、ケガや病気など、さまざまな補償内容の中から、必要なものだけを選べます。

保険料は月々300円と安いので、手厚い保険を求める方は利用しましょう。

⑤エポスカード

国際ブランドVisa
年会費初年度無料
2年目〜無料
還元率常時0.5%
最大1.25%

エポスカードは、丸井グループでお得に使える年会費無料のクレジットカードです。

2021年4月より、券面デザインが新しくなりました。

スタイリッシュなデザインに加えてナンバーレス化され、セキュリティ対策がアップしています。

家族カードはありませんが、ETCカードは年会費無料で持つことが可能です。

マルイ店頭受け取りを選択すれば、最短当日にカードを受け取れる点もメリットでしょう。

ポイント還元率

通常のポイントの還元率は0.5%ですが、マルイ・モディ・マルイのネット通販ではいつでもポイント2倍で買い物が可能です。

電子マネーへのチャージでもポイントが貯められます。

モンテローザグループ各店舗やノジマなどの提携店舗の買い物では、最大5倍の還元率で買い物が可能です。

ポイント優待サイトのたまるマーケット経由のネットショッピングでは、ポイントが最大30倍にアップします。

Amazonや楽天市場などの大手ネットショッピングサイトも多数参加しているので、活用しましょう。

ポイントの有効期限は2年間です。

特典

年に4回マルイやモディで開催される、「マルコとマルオの7日間」では、10%割引で買い物が可能です。

エポスカードには、「10大特典」という豪華な特典が用意されています。

全国1万店舗以上ある優待店にて、割引やポイントアップサービスを受けられる特典です。

  • 全国の飲食店で割引や特典サービス
  • 遊園地や水族館の入場料が割引
  • カラオケのルール料金が割引
  • 美容院やネイルが割引
  • スパ・温泉で入場料が割引
  • 舞台・イベントのチケットの優待割引
  • レンタカー・カーシェアが割引

レジャーや美容、グルメなど幅広いラインナップであるため、さまざまなシーンで活用できるでしょう。

利用実績を積めば、ワンランク上のエポスゴールドカードのインビテーションが届きます。

インビテーションの条件については、詳細は明かされていません。

インビテーションからの申し込みなら年会費は永年無料で利用できるので、ゴールドカードをお得に持ちたい方は目指してください。

付帯サービス

最高500万円の海外旅行保険が付帯されています。

カードを持っているだけで適用される自動付帯です。

カードで旅費を支払うことで適用される利用付帯よりも使い勝手が良いでしょう。

年会費無料のクレジットカードの旅行保険は利用付帯が一般的であるため、エポスカードを持つ大きなメリットと言えます。

海外旅行に行く機会の多い方は、便利に活用してください。

女性のクレジットカードの選び方

女性向けのクレジットカードを選ぶ際には、どのような点を見れば良いのでしょうか。

比較すべきポイントについて、詳しく解説します。

年会費

クレジットカードの年会費とは、そのカードを1年間使うために、カード会社へ支払う利用料金のようなものです。

年会費の金額は国際ブランドや発行会社、カードのステータスによって異なります。

永年無料のものから、数十万円かかるものもあります。

初めてクレジットカードを持つなら、年会費が無料のものがおすすめです。

もしカードをあまり使わなかったとしても、損をすることはありません。

一般的に、年会費が高額なカードであるほど特典や付帯サービスは充実する傾向にあります。

しかし、うまく特典や付帯サービスを使いこなせないと、年会費分損をしてしまいます。

クレジットカードを選ぶ際には、特典や付帯サービスが使いやすいものであるかどうかも見極めることが大切です。

年会費無料の種類

ひとくちに年会費無料といっても、下記のような違いがあります。

  • 条件なしで年会費が永年無料のもの
  • 条件達成で年会費が無料になるもの
  • 一定の利用金額達成で年会費が無料になるもの
  • 年間に1度でもカードを利用することで年会費が無料になるもの
  • 初年度のみ年会費が無料になるもの

条件付き無料の場合には、リボ払い登録やWeb明細書登録などの条件が課されているものが多いです。

一定の利用金額の達成が求められる場合、あまり使わなかった年は年会費がかかってしまうデメリットがあります。

上記の中では、条件なしで年会費が永年無料のものが持ちやすく、最もおすすめです。

単に「年会費無料」という言葉だけで選ぶのではなく、条件があるかどうかも見ておきましょう。

ポイントの還元率

クレジットカードのポイント還元率とは、クレジットカードの利用金額に対してそのくらいのポイントがもらえるかを割合で表したものです。

クレジットカードのポイント制度は、現金払いにはない独自のメリットと言えます。

例えば、200円利用するごとに1ポイントが付与されるカードを見てみましょう。

付与されたポイントが1ポイント1円相当であれば、カードの還元率は0.5%と表されます。

利用金額貯まるポイント数
200円1ポイント
20,000円100ポイント

一般的に、クレジットカードの還元率は1.0%以上であれば高い還元率と言われています。

ここでは、クレジットカードのポイント還元率の一部を比較してみましょう。

クレジットカード通常時のポイントの還元率
JCB CARD W plus L1.0%
三井住友カード(アミティエ)0.5%
Orico Card THE POINT1.0%
楽天カード1.0%
セゾンカード インターナショナル0.5%
イオンカードセレクト0.5%
エポスカード0.5%

ポイントをたくさん貯めたい方は、還元率が高いものを選ぶのがおすすめです。

0.5%と1.0%の還元率では毎回の買い物で2倍もの差が生まれ、利用金額が増えるほど差は広がります。

利用金額還元率0.5%の場合還元率1.0%の場合
200円1ポイント2ポイント
20,000円100ポイント200ポイント
200,000円1,000ポイント2,000ポイント
2000,000円10,000ポイント20,000ポイント

節約のためにクレジットカードを持ちたい方は、還元率をよく確認してカードを選びましょう。

ポイントアッププログラムとは?

クレジットカードによっては、還元率がアップする独自のポイントアッププログラムを用意しているものがあります。

賢く活用すれば、ポイントを何倍にもアップさせることが可能です。

ここでは、主なポイントアッププログラムを紹介します。

  • 加盟店での買い物で還元率アップ
  • 年間・月間の利用金額に応じて還元率アップ
  • 入会後一定期間内は還元率アップ
  • 誕生月は還元率アップ
  • ポイント優待サイト経由のネットショッピングで還元率アップ

例え通常の還元率が低くても、普段利用するお店がポイントアップ加盟店に含まれていた場合には、ザクザクポイントを貯められます。

カードを選ぶ際には、上記のようなポイントアップサービスの内容についても見ておきましょう。

ポイントの有効期限

ほとんどの場合、ポイントにはカードによって有効期限が設定されています。

有効期限が1年の場合、1年を経過すればポイントは失効され、使うことができません。

せっかく貯めたポイントを無駄にしないためにも、有効期限前には全て使い切ることが大切です。

一般的に、クレジットカードの有効期限は2年~3年程度であるものが多いです。

中にはキャンペーンに参加することでもらえる期間限定ポイントもあります。

期間限定ポイントは、通常のポイントよりも有効期限が短いことが多いので注意が必要です。

有効期限を気にせず使いたいなら、ポイントの有効期限のないクレジットカードを選ぶことがおすすめです。

長期に渡ってコツコツポイントを貯め続けられます。

ポイントの使いみち

貯まったポイントは、主に以下のような使いみちがあります。

  • 支払いへの充当
  • 1ポイント1円相当で買い物に利用
  • 商品と交換
  • 他社ポイントに移行
  • マイルに交換

最近では、貯まったポイントを投資で運用できるものもあります。

せっかくたくさんポイントを貯めても使いみちが少なければ、ポイントを使い切れません。

クレジットカードを選ぶ際には、ポイントの使いみちについても確認しておきましょう。

女性向けの特典があるか

女性向けのクレジットカードには、通常のクレジットカードの特典に加え、女性にうれしい保険や特典が付帯しています。

主な特典や付帯サービスは、以下の通りです。

  • 女性ならではの疾病に備える保険や
  • 化粧品やエステなどの割引特典

女性向けの保険に関しては、別途費用がかかる場合が多いです。

しかし、女性が継続しやすいよう、リーズナブルな保険料額に設定されています。

別途保険会社で保険に入るよりもお得でしょう。

上記のような特典や付帯サービスは、女性向けのクレジットカードにしか付帯されていないメリットです。

女性だけのサービス以外の特典

女性だけの特典ではありませんが、下記のようなサービスが付帯されていれば、なお便利で安心です。

  • ショッピングガード保険
  • 海外・国内旅行保険

ショッピング補償は、クレジットカードで購入した商品の破損や盗難時に補償が受けられるサービスです。

海外・国内旅行保険では、旅行で不慮の事故に遭遇した際に、補償が受けられます。

年会費無料で上記のようなサービスが受けられれば、お得であると言えるでしょう。

その他、レストランや商業施設で使えるクーポン、女性向けの美容・健康情報発信をメルマガにて行うものもあります。

クレジットカードの特典をよく見比べて、好みのサービスを選びましょう。

女性がクレジットカードを持つ4つのメリット

女性がクレジットカードを持つと、どのようなメリットがあるのでしょうか。

メリットをしっかりと理解しておけば、効率的にカードが利用できます。

①家計の管理ができる

クレジットカードは毎月送られる請求書を見れば、利用履歴が一覧で確認できます。

いつ、何にいくらお金を使ったのかがすぐに分かるので、家計簿代わりに利用可能です。

毎回の買い物で受け取る紙のレシートを保管する必要もありません。

今まで仕事が忙しく、家計簿をつける暇がなかった方も、クレジットカードを持った機会に家計の管理を始めてみましょう。

請求書を見れば、無駄遣いや不正利用にいち早く気づくことができるメリットもあります。

アプリやインターネットでも閲覧可能

ほとんどのクレジットカードは、インターネット上のマイページから請求書を見ることが可能です。

紙の請求書を保管する必要がなく、外出先でも気軽に確認できるメリットがあります。

請求書を紛失しまうリスクがなく、もし紛失してもPDFなのですぐに印刷可能です。

最近では、アプリで利用状況やポイント残高、請求書が確認できるものもあります。

うまく活用して、家計の見える化を実施しましょう。

②特典が利用できる

クレジットカードは便利なだけではなく、さまざまな特典が利用できるメリットがあります。

特典内容はカードによって異なりますが、割引サービスや空港ラウンジサービス、コンシェルジュサービスなどがあります。

一般的に、クレジットカードのステータスが高いものほど、特典は充実する傾向にあります。

しかし、年会費無料のものであっても、使いやすい特典が用意されているものは多いです。

年会費がかかるクレジットカードでも、特典の活用次第ではもとを取ることもできます。

自分にとって使いやすい特典内容であるかどうかを確認しましょう。

カードの発行元によって特典内容は異なる

クレジットカードの特典を見極めるポイントとして、発行元を見る方法があります。

カードには大きく分けて4つの発行元があり、それぞれ特典の傾向が異なります。

クレジットカードの発行元主な特典内容
銀行系銀行ATM手数料無料など
信販系豊富なポイントアップサービス
流通系買い物割引サービス
消費者金融系キャッシング手数料無料など

銀行が発行するクレジットカードなら、ATM手数料無料など、銀行ならではの割引サービスが魅力です。

信用販売会社が発行するクレジットカードは、ポイントアップサービスやキャンペーンが豊富です。

イオンなどの流通系では、店舗の買い物の割引サービスが受けられます。

消費者金融系では、キャッシングの手数料が割引になるなどの特典があります。

どの分野の特典を受けたいかを決めてある程度カードの種類を絞って探すのも良いでしょう。

③買い物が割引になる

クレジットカードによっては、不定期にポイントアップキャンペーンや、割引キャンペーンが開催されることがあります。

キャンペーンの開催時期を把握して、タイミングを狙ってまとめ買いをするとお得です。

クレジットカードによっては、年間利用金額に応じてボーナスポイントがもらえるものもあります。

割引サービスとボーナスポイントを合わせれば、かなりの金額が割引になるでしょう。

現金払いには、このような割引方法はありません。

クレジットカードならではのお得なサービスなので、積極的に活用しましょう。

④家族カードという方法も!

パート・アルバイトの女性や無職の専業主婦は、クレジットカードの審査に通るか不安に感じている方もいるでしょう。

確かにクレジットカードには継続して安定した収入を求められるため、収入がない、少ない場合は審査に通らないこともあります。

そのような場合には、家族カードを持つという方法がおすすめです。

家族カードとは、本会員の子カードのような位置付けのカードです。

例えば夫がクレジットカードを持っている場合、妻と一定年齢以上の子供が作ることができます。

本会員の信用で発行されるため、家族カードには通常のクレジットカード申し込みの際に行われるような審査はありません。

申し込み基準さえ満たしていれば、誰でも持つことができます。

家族カードには、以下のようなメリットもあります。

家計管理が楽

家族カードで使った金額分は、本会員の口座から一緒に引き落とされます。

利用明細も一覧で表示されるので、家計管理がしやすいメリットがあります。

支出をひとまとめにして管理したい方におすすめです。

ポイントを協力して貯められる

家族カード利用分のポイントは、本会員にまとめて付与されます。

家族分のポイントが一括管理できるため、協力して貯められる点がメリットです。

一人で貯めるよりも効率よくポイントが貯まるでしょう。

節約を考えるならバラバラにカードを持つよりも、家族みんなで同じクレジットカードを使うのがおすすめです。

年会費が格安

一般的に、家族カードは通常のクレジットカード年会費よりも無料もしくは安い傾向があります。

クレジットカード本会員の年会費家族カードの年会費
アメリカン・エキスプレス・カード13,200円6,600円
JAL CLUB-A カード11,000円3,850円
楽天カード無料無料
イオンカードセレクト無料無料

ステータスが高いクレジットカードでも、半額以下の年会費で持つことが可能です。

維持費をかけずにクレジットカードを持ちたい方にぴったりでしょう。

まとめ:女性向けクレジットカードは独自特典が充実!

女性におすすめのクレジットカードについて、厳選して紹介しました。

女性向けのクレジットカードには、女性が嬉しい特典や付帯サービスが受けられ、家計管理がしやすいなどのメリットがあります。

券面デザインもきれいなものや可愛らしいものが多いです。

利用金額に応じてポイントが付与されるので、節約にもつながります。

年会費やポイント還元率、特典などをよく比較して、自分にとって使いやすいカードを見つけて下さい。

審査に通るか不安だという方は、家族カードを持つことを検討するのも良いでしょう。