クレジットカード

無職で作れるクレジットカードはある?コツや方法を詳しく解説!

無職におすすめのクレジットカード

クレジットカードを作るには、継続して安定した収入が求められることが一般的です。

しかし、さまざまな事情で現在仕事に就いていない方もいるでしょう。

無職でも作れるクレジットカードはあるのでしょうか。

ひとくちに無職と言っても、専業主婦や学生など、状況は人によってさまざまです。

今回は、無職で作れるクレジットカードはあるのか、コツや方法について詳しく解説します。

無職におすすめのクレジットカードについても紹介するので、参考にしてください。

無職で作れるクレジットカードはある?

無職でも作れるクレジットカードはあるのか、気になる方は多いでしょう。

無職と言っても、大きく分けて下記の3種類のケースがあります。

  • 専業主婦・扶養者がいる無職の場合
  • 無職の学生の場合
  • 無職の年金受給者の場合

それぞれを詳しく見ていきましょう。

専業主婦・扶養者がいる無職の場合

無職であっても、専業主婦や扶養者のいる無職であれば、クレジットカードに申し込むことは可能です。

なぜなら、扶養者がいる場合、扶養者の年収などで審査してくれるからです。

申込書には、世帯年収を記入するようにしましょう。

ただし、扶養者に継続して安定した収入がない、滞納があるなどの場合には、審査に落ちてしまう可能性があります。

資産や貯金があれば無職でもクレジットカードが作れる?

十分な資産や貯金があれば、無職でもクレジットカードが作れると思っている方もいるでしょう。

しかし、クレジットカードの審査においては、資産よりも安定した収入があるかどうかを重視されます。

なぜなら、資産は限りがありますが、収入は継続して得られるからです。

そのため、豊富な資産がある場合であっても、無職の場合には審査に落ちてしまう可能性があります。

無職の学生の場合

学生の場合には、無職であってもクレジットカードを作れることがあります。

実際に、学生向けのクレジットカードを発行しているカード会社は複数存在します。

学生向けのクレジットカードは、学生が持つことを想定して作られているため、高い収入は求められません。

学生が嬉しい特典が付帯されている、年会費が安めに設定されているなどの特徴があります。

ただし、クレジットカードを作れるのは大学生以上です。

高校生は作れないので注意が必要です。

ちなみに、未成年であっても高校生以上であれば、保護者の同意を得た上でクレジットカードを申し込めます。

無職の年金受給者の場合

無職で年金受給者の場合は、クレジットカードに申し込むことは可能です。

なぜなら、年金も収入として認められるからです。

仕事をしていなくても、年金を受け取っている場合には無職とはみなされません。

クレジットカードの申込書中の職業欄に「年金受給」が含まれていれば、例え定年退職後であっても、問題なく申込みできます。

年金以外に収入がない方は、職業欄に「年金受給」を選択しましょう。

年収の欄には、1年間に受け取る年金の総支給額を記載します。

パートやアルバイトでもクレジットカードは作れる?

パートやアルバイト、フリーターでもクレジットカードに申し込むことは可能です。

実際に、現在の日本では働き方が多様化されており、非正規雇用の方も増えてきています。

しかし、正社員と比較すると、継続して安定した収入を得ることが難しい場合もあるでしょう。

まずは、毎月安定して一定の収入を得ることを目標にするのがおすすめです。

パートやアルバイトの方が持つことを想定したクレジットカードに申し込むのも良いでしょう。

例えば楽天カードは、過去に社会人・学生・バイト・主婦・OLのキャラクターが登場するCMを放映していました。

このことから、楽天カードは社会人に限らず、主婦やアルバイトの方がクレジットカードを持つことを想定していると考えられます。

クレジットカードで年収を見られる理由

そもそも、なぜクレジットカードを作る際には年収が見られるのでしょうか。

クレジットカードで年収が見られる理由としては、クレジットカードの仕組みが挙げられます。

クレジットカードの仕組みについて

通常、クレジットカードは、利用者の支払い金額を、カード会社が一定期間立て替える仕組みです。

万が一利用者が返済不能になってしまうと、カード会社は貸し倒れになってしまいます。

このような事態を防ぐため、カード会社は申し込みの時点で本人に返済能力があるかどうかを審査で判断する必要があります。

その審査の中でも重要視されるのが、申し込み者の年収です。

年収がなければ、毎月滞納なく返済することができないと判断されてしまいます。

その結果、審査に落ちてしまい、クレジットカードが作れなくなってしまうのです。

審査なしで持てるクレジットカードはある?

残念ながら、審査なしで持てるクレジットカードはありません。

審査難易度や基準はカード会社によっても異なりますが、申し込みの際には必ず審査が行われます。

具体的な審査基準については、公式ホームページでも公開されていません。

しかし、一般的には、継続して安定した収入や信用情報に傷がないかなどを見られると言われています。

年収があっても他社で滞納がある、過去に悪質な滞納があるなどの場合には、審査に落ちてしまう可能性があります。

審査が甘いクレジットカードはある?

クレジットカードの審査には、甘い・厳しいなどはありません。

どのカードであっても、カード会社の基準に沿って審査が行われます。

なぜなら、審査を甘くすればカード会社は貸し倒れのリスクが上がってしまうからです。

しかし、以下の場合には、一般的に審査基準が高くなる可能性があると言われています。

  • ゴールドカード以上のステータスを持つクレジットカード
  • 高額なキャッシング枠を設定している

ステータスが高いクレジットカードは特典や付帯サービスが豊富であるため、その分カード会社からの厚い信頼が必要です。

高額なキャッシング枠を希望する場合にも、カード会社は貸し倒れのリスクが上がるため、当然審査のハードルも高くなると言われています。

無職におすすめのクレジットカードの種類

ここまで、クレジットカードの審査について解説しました。

仕組みを理解した上で、審査に落ちるのではないかと不安に感じている方もいるでしょう。

そのような方向けに、無職におすすめのクレジットカードの種類について紹介します。

デポジット型のカード

デポジット型のカードとは、事前に保証金を預けることで、保証金の範囲内で利用できるクレジットカードのことです。

例えば50万円の保証金を預けた場合、50万円の範囲内でクレジットカードが利用できます。

通常のクレジットカードと同じように、買い物などの支払いに利用が可能です。

保証金は、入会時に年会費と共に支払うのが一般的です。

預けた保証金については、利用代金の支払いが出来なかった場合に、支払いに充当されます。

クレジットカードを退会すれば、保証金は全て返還されるので、安心してください。

無職にデポジット型のカードがおすすめな理由

通常のクレジットカードと違い、保証金を預けていることで、カード会社は貸し倒れのリスクを下げられます。

そのため、デポジット型のカードは通常のクレジットカードよりも作りやすいと言われているのです。

ただし、デポジット型のカードは最初にまとまった金額を用意する必要があるデメリットもあります。

家族カード

家族カードとは、本会員の子カードのような位置づけのカードです。

本会員の配偶者や子供、両親が申し込めます。

家族カードは、本会員と同じ種類のクレジットカードが作れる点が特徴です。

例えば、本会員がゴールドカードを持っていた場合、家族もゴールドカードを持つことができます。

ただし、カードによっては家族カードは下位カードになる場合もあるので、注意が必要です。

家族カードは、年会費無料や本会員よりも格安の年会費で持てるものが多い特徴があります。

年会費が安いにも関わらず、特典や付帯サービスは本会員とほとんど同じものが使えるのでお得です。

支払いに関しては、本会員の口座でまとめて引き落とされる仕組みです。

家族カードが無職におすすめな理由

家族カードが無職におすすめな理由としては、審査なしでクレジットカードが持てることにあります。

家族カードは、本会員の信頼で作成されるため、無職であっても問題なくクレジットカードが作れます。

今まで審査に落ちてカードを持てなかったという方は、家族カードを持つことを検討しましょう。

デビットカード

デビットカードは、買い物に使ったその場で口座から支払い分が引き落とされる仕組みのカードです。

口座にある金額分しか支払いできないので、使い過ぎを防止できます。

電子マネーとは違い、毎回のチャージが不要な点も魅力でしょう。

通常のクレジットカードと同じように、店舗の支払いやネットショッピングに利用できます。

ただし、支払い方法は1回払いのみで、分割払いやリボ払いは選択できないので注意が必要です。

無職にデビットカードがおすすめな理由

デビットカードが無職におすすめな理由としては、審査なしでクレジットカードが持てることにあります。

審査がない理由としては、通常のクレジットカードとは違い、カード会社は支払い金額を立て替える必要がないことが挙げられます。

口座の金額分までしか利用できないため、貸し倒れのリスクがないのです。

クレジットカードと同じように買い物に使えるので、審査なしで作りたい方にぴったりのカードと言えるでしょう。

無職におすすめのクレジットカード8選

ここからは、無職におすすめのクレジットカードを厳選して8枚紹介します。

三井住友カードRevoStyle(リボスタイル)

国際ブランドVisa
年会費初年度無料
2年目〜無料
還元率常時1.0%
最大2.5%

三井住友カードRevoStyle(リボスタイル)は、三井住友カードが発行するリボ払いに特化したクレジットカードです。

クレジットカードのリボ払いの一般的な手数料率は15.0%と言われています。

一方、三井住友カードRevoStyleの手数料率は9.8%であり、低めに設定されている点がメリットです。

家族カードは年間3回以上利用すれば、翌年度の年会費は無料で持てます。

ETCカードの年会費は初年度無料で、年間1回以上利用すれば、翌年度の年会費は無料です。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は1.0%です。

リボ払い手数料が発生した月は、ポイント還元率が+0.5%アップするので、お得に活用しましょう。

以下の特約店の買い物では、還元率がアップします。

  • セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート:2.5倍
  • 大丸・高島屋:1.5倍
  • マクドナルド:2.5倍

また、三井住友カードのポイント優待サイト「ポイントUPモール」経由でネットショッピングをすれば、最大20倍のポイントが付与されます。

その他、通常ポイントに加えて、以下のボーナスポイントが付与されます。

利用金額ボーナスポイント
5万円以上50ポイント
10万円以上100ポイント
以降5万円ごと100ポイント

使えば使うほどポイントが貯まるので、メインカードとして使うのも良いでしょう。

ポイントの有効期限は2年間です。

特典

海外・国内のどちらの買い物にも、年間100万円までのショッピング保険が付帯されています。

カードで購入した商品の破損・盗難による損害は、購入日の翌日から200日間補償してくれるので安心です。

国内・海外ともに、カードの紛失・盗難の連絡は24時間年中無休で対応しています。

万が一の時にも安心できるでしょう。

ACマスターカード

国際ブランドMastercard
年会費初年度無料
2年目〜無料
還元率常時0.25%
最大0.25%

ACマスターカードは、

大手消費者金融のアコムが発行するクレジットカードです。

年会費は永年無料です。

家族カードやETCカードなどの追加カードはありません。

全国に1,000台以上ある自動契約機「むじんくん」で申し込みをすれば、最短即日にカードを手にすることが可能です。

むじんくんは平日は21時まで営業、土日祝日でもカードの受け取りが可能です。

支払いなどで急きょクレジットカードが必要になった方も便利でしょう。

ポイント還元率

一般的なクレジットカードのような、ポイント付与のサービスはありません。

しかし、利用額に応じて0.25%のオートキャッシュバックが受けられます。

ポイントの管理が面倒な方や、有効期限を気にせず使いたい方には嬉しい機能でしょう。

ライフカード(デポジット型)

国際ブランドMastercard
年会費初年度5,500円
2年目〜5,500円
還元率常時0.3%
最大0.6%

ライフカード(デポジット型)は、あらかじめ保証金を預けることで通常のクレジットカードとして利用できるカードです。

カード受け取り時に、年会費の5,500円と保証金必要額10万円を支払う必要があります。

預けた10万円の範囲内であれば、クレジットカードとして買い物やネットショッピングなどに利用可能です。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は0.3%ですが、初年度はポイント還元率が1.5倍にアップします。

また、毎年誕生月になるとポイント3倍がアップするのでお得です。

高額な買い物はこのタイミングに済ませるのが良いでしょう。

ポイント優待サイト「L-Mall」経由のネットショッピングでは、最大25倍のポイント還元率で買い物ができます。

その他、年間利用金額に応じてポイント還元率がアップするステージ制が用意されています。

利用額ごとの還元率は、以下の通りです。

利用金額ポイント還元率
年間50万円以上1.5倍
年間100万円以上1.8倍
年間200万円以上2倍

上記に加えて、年間利用額が50万円に到達した場合、300ポイントのボーナスポイントが付与されます。

最大還元率の年間200万円を達成するには、毎月17万円程度を利用する計算です。

携帯代や家賃、光熱費など、固定費の支払いに使えばそう高いハードルではありません。

ポイントの有効期限は2年間です。

貯まったポイントは、マイルやギフトカード、他社ポイントに移行できます。

特典

最高2,000万円の海外旅行保険が付帯されています。

カードを持っているだけで適用される自動付帯です。

国内旅行保険に関しては、死亡後遺障害のみ最高1,000万円まで補償されます。

海外では世界主要都市20カ所に設置された海外アシスタンスサービスでは、以下のようなサポートが受けられます。

  • 海外旅行の情報収集
  • ホテル・レストランなどの予約
  • カードの紛失・盗難時の手続き案内
  • 病気やケガをしたときの病院の照会

現地スタッフが日本語で案内してくれるので、語学に不安のある方も安心です。

その他、電話または面談による法律相談が1時間無料で受けられる弁護士無料相談サービスも魅力です。

ライフカード提携弁護士事務所の弁護士に相談できます。

SBS Premium Card(DP)

国際ブランドMastercard
年会費初年度無料
2年目〜16,500円
還元率常時0.3%
最大0.6%

SBS Premium Card(DP)は、あらかじめ保証金を預けることで通常のクレジットカードとして利用できるカードです。

年会費は利用可能額によって異なり、以下の3種類から選べます。

年会費16,500円22,000円33,000円
利用可能額10万円20万円~90万円100万円~190万円

保証金はカード受け取り時に年会費とともに支払う必要があるので、用意しておきましょう。

保証金の範囲内であれば、クレジットカードとして買い物やネットショッピングなどに利用可能です。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は0.3%ですが、初年度はポイント還元率が1.5倍にあっぷします。

また、毎年誕生月は還元率が3倍にアップするので、自分のご褒美に高価な買い物をするのも良いでしょう。

ポイント優待サイト「L-Mall」経由のネットショッピングでは、最大25倍のポイントが付与されます。

特典

最高2,000万円の海外旅行保険が付帯されており、自動付帯です。

国内旅行保険に関しては、死亡後遺障害のみ最高1,000万円まで補償されます。

その他、以下の優待サービスが用意されています。

海外Wi-Fiレンタルサービス利用料金20%割引
専門家*相談サポート初回無料で相談サポート
国内海外旅行パッケージ割引パッケージツアー2%割引
Life CARD WiMAX2+インターネット使い放題
iPhone・Pixel修理代金割引サービス各種修理代金1,000円割引
電子書籍サービス月額プラン登録で1,000ポイントプレゼント
航空券割引サービス国内の旅行券が最大30%割引
国内・海外旅行割引サービス海外旅行最大8%割引・国内旅行最大5%割引

※専門家:全国1000箇所以上の事務所の弁護士・司法書士・行政書士・税理士・会計士などの専門家

旅行で使えるサービスから法律相談、スマホの修理までさまざまなので、生活に役立てられるでしょう。

リクルートカード

国際ブランドJCB
Visa
Mastercard
年会費初年度無料
2年目〜無料
還元率常時1.2%
最大3.2%

リクルートカードは、年会費は永年無料で、家族カードやETCカードも無料で持つことができるクレジットカードです。

高い還元率と、貯まったポイントがリクルートサービスで利用できる点がメリットです。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は1.2%です。

一般的にクレジットカードの還元率は1%を超えると高い水準と言われています。

通常時から1%超えのクレジットカードは少ないので、大きな特徴のひとつと言えるでしょう。

リクルートカードで貯まったポイントは、以下のようなリクルートサービスで利用が可能です。

  • じゃらん
  • ポンパレモール
  • HOTPEPPER Beauty
  • HOTPEPPER グルメ
  • 人間ドッグここカラダ
  • ゼクシィ内祝い

上記のサービスでは不定期にボーナスポイントが付与される、クーポンが届くなどもあります。

ポイントと併用すれば、グルメや美容などがお得に利用できるでしょう。

Pontaポイントに交換すれば、ローソンや高島屋、ライフ、すき家など、さまざまな加盟店で利用できます。

付帯サービス

最高2,000万円の海外旅行傷害保険と最高1,000万円の国内旅行傷害保険が付帯されています。

カードで旅費などを支払った場合に適用される利用付帯です。

ショッピング保険は、国内・海外どちらであっても年間200万円まで補償されます。

楽天カード

国際ブランドJCB
Visa
Mastercard
AMEX
年会費初年度無料
2年目〜無料
還元率常時1.0%
最大3.0%

楽天カードは、ポイントの還元率が1.0%、楽天市場の利用では3.0%とポイントを貯めやすいクレジットカードです。

楽天市場の買い物の還元率が最大15倍までアップするSPU(スーパーポイントアッププログラム)も魅力のひとつでしょう。

ポイ活のためにクレジットカードを検討している方に、ぴったりの1枚といえます。

楽天カードの基本情報

年会費は永年無料で、家族カードも無料で5枚まで持つことができます。

家族カードの引き落としは本会員の口座に統一されているため、家計管理がしやすいメリットがあります。

国際ブランドは豊富な4種類から自由に選ぶことが可能です。

ポイントの還元率は1.0%です。

一般的にクレジットカードの還元率は1.0%以上であると高い還元率であると言われています。

楽天市場ユーザー以外の方であってもお得に買い物を楽しめるでしょう。

楽天市場の買い物なら、いつでも3%の還元率で買い物が可能です。

さらに、SPU(スーパーポイントアッププログラム)を活用すれば、最大15%まで還元率をアップさせることができます。

SPUとは、楽天の各サービスを使うことで、ポイント倍率があがるお得なプログラムのことです。

15個の条件が設定されており、全ての条件をクリアすれば最大15%にアップできます。

サービスについては、以下で一部を紹介します。

楽天でんき加入と利用+0.5倍
楽天モバイル通話SIM利用+1倍
楽天ブックス月1回1,000円以上の注文+0.5倍
楽天トラベル月1回5,000円以上利用+1倍
楽天ビューティー月1回3,000円以上利用+1倍

達成条件はそこまで難しいものではないので、誰でもポイントアップできる可能性があります。

貯まったポイントは楽天市場の買い物で1ポイント1円相当で利用することが可能です。

また、街の楽天ポイント加盟店の支払いにも使うことができます。

特典としては、最高2,000万円の海外旅行保険が付帯されています。

カードで旅費を支払った場合に適用される利用付帯です。

イオンカードセレクト

国際ブランドVisa
Mastercard
JCB
年会費初年度無料
2年目〜無料
還元率常時0.5%
最大1.0%

イオンカードセレクトは、イオンが発行する年会費無料のクレジットカードです。

家族カードとETCカードは年会費無料で持つことができます。

イオン銀行のキャッシュカード機能と、電子マネーWAONも搭載されているため、カードを1枚持っているだけで便利に利用できます。

イオン店頭で申し込みすれば、最短当日からカードを使うことが可能です。

ポイント還元率

通常の還元率は0.5%ですが、イオングループの店舗ではポイントがいつでも2倍で買い物できます。

また、以下の日にちに買い物をすれば、ポイントの還元率がアップします。

  • 毎月10日:イオングループ以外の買い物もポイント2倍
  • わくわくデー:毎月5のつく日はポイント2倍

ときめきポイントTOWN経由のネットショッピングでは、ポイントが最大20倍にアップします。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどの大手ネットショッピングサイトも参加しているので、買い物の際にはお得に活用しましょう。

貯まったポイントは、商品に交換できるほか、他社ポイントへの移行やマイルにも交換できます。

ポイントの有効期限は2年間です。

特典

イオンモールの買い物で下記の優待割引が受けられます。

  • お客様感謝デー:毎月20日と30日は5%割引
  • G.G感謝デー:55歳以上の方限定で毎月15日は5%割引
  • イオンシネマチケットはいつでも300円割引

普段イオンで買い物をする主婦なら、より恩恵を受けられるでしょう。

利用実績を詰めば、ワンランク上のイオンゴールドカードのインビテーションが届きます。

年会費無料で特典がさらに充実するので、主婦におすすめのゴールドカードです。

付帯サービス

旅行保険は付帯されていませんが、海外・国内の買い物で適用される最高50万円のショッピング保険が付帯されています。

また、カードの紛失・盗難時に不正利用に遭った場合は、届け日の61日前までさかのぼって損害を補償してもらえます。

エポスカード

国際ブランドVisa
年会費初年度無料
2年目〜無料
還元率常時0.5%
最大15%

エポスカードは、最短即日発行、年会費が永年無料のクレジットカードです。

年会費無料のカードには珍しく、海外旅行保険が自動付帯されています。

エポスカードの基本情報

年会費は永年無料で、ETCカードも無料で持つことができます。

マルイ店舗からの申し込みなら、最短即日でカードを発行してもらうことが可能です。

1年に4回マルイやモディで開催される「マルコとマルオの7日間」では、10%割引で買い物ができます。

ポイントの還元率は0.5%ですが、提携店舗の買い物ではボーナスポイントがもらえます。

ポイント優待サイト「たまるマーケット」経由のネットショッピングなら、最大30倍まで還元率がアップするのでお得です。

楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなどの大手ネットショッピングサイトも加盟しているので使いやすいでしょう。

貯まったポイントは商品に交換、マルイの買い物に利用、他社ポイントに移行などの使いみちがあります。

特典としては、最高500万円の海外旅行保険が付帯されています。

カードを持っているだけで補償対象となる自動付帯です。

年会費無料のカードで自動付帯であるケースは珍しいためお得です。

まとめ:無職でもクレジットカードは作れる可能性あり!

無職であっても、扶養者がいる場合や学生、年金受給者はクレジットカードに申し込むことは可能です。

しかし、あくまで作れる可能性があるだけであり、必ず審査に通るわけではないので注意が必要です。

学生なら学生向けのカードを選ぶなど、収入が少ない方が持つことを想定されたカードを選ぶことが大切です。

クレジットカードの仕組み上、必ず審査をする必要があります。

審査が不安な方は、デポジット型のカードや家族カード、デビットカードなどがおすすめです。