クレジットカード

suicaが使えるおすすめのクレジットカード5選!選び方やメリットも解説

Suica付帯のおすすめクレジットカード

交通系電子マネー「Suica」は、通勤や通学で便利に利用している方も多いでしょう。

Suicaを使うなら、オートチャージする便利な機能が備わったSuica付きクレジットカードがおすすめです。

交通費の支払いでポイントが付与される、特典が利用できるなどのメリットがあります。

今回は、Suicaが使えるクレジットカードについて、選び方やメリットなどを詳しく解説します。

Suicaが使えるおすすめのクレジットカードも紹介するので、カード選びに迷っている方は参考にしてください。

Suicaが使えるクレジットカードについて

まずは、Suicaが使えるクレジットカードについて、利用場所や決済方法などを解説します。

Suicaとは?

Suicaは、JR東日本が発行している交通系ICカードです。

可愛らしいモノクロのペンギンのキャラクターを、見たことがある方もいるでしょう。

Suicaは、事前にチャージするプリペイド式です。

カードをパスケースに入れたまま、改札などの端末にタッチするだけで、自動的に精算されます。

毎回切符を購入する必要がなく、改札機をタッチするだけで楽に通過できるので、通勤や通学でも便利に利用できるでしょう。

途中で下車をした場合や、乗り換えをした場合でも改札機で自動精算できるので、窓口で精算をする必要がありません。

また、加盟店であれば、買い物でも電子マネーとしてSuicaを利用することができます。

Suicaが利用できる場所

Suicaが1枚あれば、以下のような全国の各エリアにおける鉄道やバスなどの利用ができます。

  • Kitaca(北海道を中心とした日本全国で利用可能)
  • PASMO(首都圏を中心とした日本全国で利用可能)
  • TOICA(名古屋・静岡地区を中心とした日本全国で利用可能)
  • manaca(名古屋鉄道・名鉄バス・豊橋鉄道などで利用可能)
  • ICOCA(西日本を中心とした日本全国で利用可能)
  • PiTaPa(近畿圏を中心とした日本全国で利用可能)
  • SUGOCA(福岡市地下鉄・西鉄電車などで利用可能)
  • nimoca(日本全国で利用可能)
  • はやかけん(福岡市地下鉄など日本全国で利用可能)
  • icsca(宮城県を中心に利用可能)
  • odeca(気仙沼線・大船渡線で利用可能)

カードを使い分ける必要がないので、旅先や出張先でも便利に活用できます。

また、Suicaは交通機関だけではなく、店舗でも電子マネーとして利用可能です。

駅構内はもちろん、コンビニやスーパーでも交通系ICマークのあるお店で利用できます。

Suicaが使えるお店は公式ホームページでも検索できるので、気になる方はチェックしましょう。

Suicaつきクレジットカードの決済方法

お店の支払いでSuicaを使う場合には、レジでスタッフに「Suicaで支払います」と伝えます。

その後、スタッフの指示に従って、専用の端末にSuicaをタッチするだけで支払い完了です。

モバイルSuicaを使う場合には、アプリの立ち上げや、コードの読み取り、画面スキャンなどの必要はありません。

スマートフォンをタッチするだけで簡単に支払いができます。

クレジットカードを使ったSuicaへのチャージ方法

多機能券売機(黒色の券売機)およびエキナカATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)では、ビューカードによるクレジットカード決済での入金(チャージ)が可能です。

ビューカード以外のクレジットカードでは、多機能券売機(黒色の券売機)でSuica定期券をお買い求めいただく際に、同時に入金(チャージ)する場合に限って可能です。

また、モバイルSuicaをご利用いただければ、お手持ちの端末でクレジットカード決済での入金(チャージ)が可能です。

都度チャージ

駅構内には、「view」マークのついた多機能販売機や、設置されたVIEW ALTTEのATMがあります。

ATMを使えば、購入の際に同時にクレジットカード決済でSuicaにチャージが可能です。

購入時には、クレジットカードの暗証番号の入力が必要なので、注意しましょう。

モバイルSuicaの場合には、はじめにクレジットカードを登録することで、アプリ上でチャージが完結します。

都度駅に行く必要がないため、利用頻度の多い方は便利です。

JRE POINTをSuicaにチャージする場合は、「JRE POINT WEBサイト」から事前に登録する必要があります。

オートチャージ

オートチャージとは、支払い時のチャージ残高が設定金額未満になると、自動的に設定した金額分がチャージされる仕組みです。

自動改札機にタッチするだけで自動でチャージされるので、残高を気にする、都度チャージするなどの手間がなくなります。

オートチャージの申し込みや設定は、インターネットから簡単にできます。

オートチャージの設定金額は、1,000円以上10,000円以下で、1,000円単位の設定が可能です。

チャージの際の注意点

Suicaのチャージできる金額には上限があります。

カードタイプ・モバイルSuicaともに2万円です。

2万円以上はチャージできないので、注意が必要です。

1回のチャージでは、チャージする場所にもよりますが、500円から1万円まで選択できます。

一方、上限は変更することはできません。

上限額が少ないように感じる方もいるでしょう。

しかし、高額なチャージができない分、Suicaの紛失や盗難時の被害額が小さくなるため安心ともいえます。

Suicaつきクレジットカードの選び方

数あるSuicaつきクレジットカードから自分に合った1枚を選ぶ際には、どのような点に気を付ければ良いでしょうか。

Suicaつきクレジットカードの選び方について解説します。

年会費

クレジットカードの年会費とは、そのカードを1年間使うために、カード会社へ支払う利用料金のようなものです。

カードによって年会費は異なり、無料のものから数万円かかるものまであります。

維持費をあまりかけたくない方は、年会費が無料のもの、もしくは安いものがおすすめです。

クレジットカードによっては、初年度の年会費が無料の場合もあるので、申し込み時にチェックしましょう。

特典・付帯サービス

クレジットカードによって、それぞれ受けられる特典や付帯サービスが異なります。

特定の店舗でのご利用で割引サービスを受けられる、ポイント付与率がアップするなどの場合には、いつもの買い物がお得になるでしょう。

中には、年間利用額に応じて、ボーナスポイントが付与されるものもあります。

特典やサービスを重視したい方は、利用頻度の高いお店やサービスから選ぶのがおすすめです。

付帯サービスとしては、旅行保険やショッピングガード保険などがあり、手厚いサービスが魅力です。

補償額がカードによって異なるので、よく比較して決めましょう。

ポイントの還元率

クレジットカードのポイント還元率とは、利用金額に対して何%分のポイントが獲得できるかを表したものです。

例えば0.5%の還元率なら、1,000円の買い物で5ポイントが付与されます。

一般的には、クレジットカードの還元率は1%以上であると、高い水準であると言われています。

ポイントをたくさん貯めたい方は、ポイントの還元率が高いものを選びましょう。

カードによっては、特定の条件を満たすことでポイントの還元率がアップするサービスが用意されているものもあります。

定期券一帯型もおすすめ!

通勤や通学などでJR東日本を日常的に利用する場合には、定期券一体型のカードを選ぶのも良いでしょう。

クレジットカード機能とSuica機能、さらに定期券の機能が1枚のカードに備わっています。

カードを複数枚使い分ける必要がないので、便利に使えるでしょう。

万が一カードを紛失しても、クレジットカード分の補償だけでなく、定期券分とチャージ分の補償を受けられるため安心です。

Suicaつきクレジットカードのメリット

Suicaつきクレジットカードを持つと、どのようなメリットを受けられるのでしょうか。

メリットについて知っておけば、より効率よくSuicaつきクレジットカードを使いこなせるでしょう。

1枚で買い物とSuica機能の両方が使える

Suicaつきクレジットカードは、1枚でクレジットカード機能とSuica機能が一体となっています。

カードが1枚あれば良いので、カードで財布が膨らむ心配もありません。

駅構内でちょっとした買い物をする際にも便利に活用できるでしょう。

オートチャージ機能が使える

Suicaつきクレジットカードの中には、オートチャージ設定ができるものがあります。

Suicaの残額が設定金額以下になると、改札入出場時に自動的に設定金額がチャージされる仕組みです。

チャージされたお金は、口座から引き落とされます。

オートチャージを設定すれば、毎回チャージする必要がなくなるので便利です。

急いでいる時に、残高不足で改札で止まることもありません。

ただし、オートチャージは以下のような一部の場所では対象外となるので注意が必要です。

  • 新幹線の自動改札機
  • 私鉄とJRの乗換改札機
  • 一部の簡易Suica改札機
  • バス

オートチャージのタイミングは自動改札の入場時と出場時の2回なので、駅中で買い物をして残高が足りなくなった時にも安心です。

ポイントが貯まりやすい

Suicaつきクレジットカードでは、買い物ではもちろん、交通の利用でもポイントが貯まります。

電車などを良く利用する方は、ざくざくポイントが貯まるでしょう。

カードによっては、オートチャージで利用した金額のポイント還元率がアップするものもあります。

カードを分けて使うよりも、効率的に貯められます。

suicaが使えるおすすめのクレジットカード5選

ここからは、suicaが使えるおすすめのクレジットカードを厳選して5選紹介します。

どのカードを選ぶか迷っている方は、参考にしてください。

JRE CARD

国際ブランドJCB
Visa
Mastercard
年会費初年度無料
2年目〜524円
還元率常時0.5%
最大4.3%

JRE CARDは、Suica機能が付帯されたクレジットカードです。

満18歳以上の方が申し込めます。

申し込み時、利用スタイルに合わせて定期券付きのカードも選択できます。

JR東日本グループが発行するビューカードの中でも、年会費が安い特徴があります。

初年度の年会費は無料で、2年目以降は524円です。

家族カードはありませんが、ETCカードは年会費524円で持つことができます。

Suicaのオートチャージ設定も可能です。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は0.5%です。

駅ビルやJRE MALLなど、JRE CARD優待店でカード利用すれば、還元率が3.5%にアップします。

JRE CARD優待店は首都圏や東日本エリアにたくさんあります。

公式ホームページでも公開されているので、気になる方はチェックしましょう。

また、ルミネ・ニュウマン各店にてカードを利用すれば、通常1,000円につき5ポイント貯まるところ、35ポイント貯まります。

その他、カードを使ってきっぷを買えば、最大10%ポイント還元される「VIEWプラス」サービスもお得です。

貯まったポイントは、ポイント加盟店にて1ポイント1円相当で利用可能です。

Suicaへのチャージに使うことも可能です。

以下のような、Suicaの限定グッズにも交換できます。

  • Suicaのペンギングッズ
  • 鉄道グッズ
  • キッチングッズ

ポイントの有効期限は2年間ですが、カードの利用があれば、自動で延長されます。

特典

ビューカード会員限定特典として、以下のような特典が受けられます。

  • ホテルの優待サービス
  • 公演・チケットの割引サービス
  • レンタカー・バスの割引サービス
  • レジャー施設が優待価格で利用可能
  • 引っ越し業者の割引サービス
  • カラオケ店舗でルール料金の割引
  • レストランにてドリンクサービスなどの特典

いつも行くお店が含まれているか、公式ホームページチェックしましょう。

付帯サービス

カードを紛失した場合、クレジットカードの補償はもちろん、定期券やSuicaへの入金(チャージ)残額まで補償してくれます。

窓口に連絡をした日の前日から起算して、60日前までさかのぼって補償が受けられる仕組みです。

カードの紛失・盗難が分かったら、早めに連絡するようにしましょう。

国内旅行保険は最高1,000万円まで付帯されています。

きっぷや旅行商品をカードを使って購入することで、改札を入ってから出るまでが補償される利用付帯です。

海外旅行保険は最高500万円まで付帯されています。

海外へ行った際に、自動的に海外旅行傷害保険がセットされる自動付帯です。

ビックカメラSuicaカード

国際ブランドJCB
Visa
年会費初年度無料
2年目〜524円
※条件付き無料
還元率常時0.5%
最大10.0%

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラ・コジマ・ソフマップで買い物をする機会の多い方にお得なSuica付きクレジットカードです。

満18歳以上の方が申し込めます。

初年度の年会費は無料です。

2年目以降の年会費は524円ですが、1年に1度でもカードを利用すれば、翌年度の年会費が無料になります。

家族カードはありませんが、ETCカードは年会費524円で持つことができます。

Suicaのオートチャージ設定も可能です。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は0.5%です。

JRE CARD優待店の利用でポイント還元率がアップするほか、ビックカメラでの買い物では最大11.5%ポイントが貯まります。

コジマ・ソフマップでの買い物では、現金払いと同率の10%の還元率なのでお得です。

高額な家電を購入する際は、お得に活用しましょう。

また、ビックカメラSuicaカードでは、1度の買い物でビックポイントと、JRE POINTの2種類のポイントが貯まる仕組みです。

買い物や食事、公共料金などの支払いでカードを使えば2種類のポイントが貯まり、実質1%の還元率で利用できます。

貯まったポイントは、それぞれのポイントにまとめることも可能です。

Suicaのチャージにも使えます。

特典

JRE CARDと同じく、ビューカード会員限定の特典が受けられます。

レジャーやグルメなどの際は、お得な優待価格で利用しましょう。

付帯サービス

JRE CARDと同じく、ビューカードの付帯サービスが受けられます。

カードを紛失した場合、クレジットカードの補償はもちろん、Suicaへの入金(チャージ)残額まで補償してくれます。

窓口に連絡をした日の前日から起算して、60日前までさかのぼって補償が受けられる仕組みです。

国内旅行保険は最高1,000万円まで付帯されています。

きっぷや旅行商品をカードを使って購入することで、改札を入ってから出るまでが補償される利用付帯です。

海外旅行保険は最高500万円まで付帯されています。

海外へ行った際に、自動的に海外旅行傷害保険がセットされる自動付帯です。

ANA VISA suicaカード

国際ブランドVisa
年会費初年度無料
2年目〜2,200円
※条件付き割引
還元率常時0.5%
最大2.0%

ANA VISA suicaカードは、クレジットカード機能とANAマイル機能、Suica機能の3つの機能が1枚に備わったSuica付きクレジットカードです。

飛行機も電車もカードが1枚あれば便利に使えます。

三井住友カードが発行しています。

満18歳以上の方が申し込み可能です。

年会費は2,200円ですが、初年度のみ無料です。

マイ・ペイすリボの登録や、Web明細書の利用などで年会費を最大1,925円割り引きできます。

家族カードはありませんが、ETCカードは年会費524円で持つことができます。

ETCカードは、年に1回以上利用すれば、翌年度の年会費は無料です。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は0.5%です。

大丸や高島屋などのポイント特約店で買い物すれば、還元率がアップします。

三井住友カード会員のポイント優待ショップであるポイントUPモール経由でネットショッピングをすれば、最大20倍まで還元率がアップするのでお得です。

対象ショップに事前エントリーをしてカード利用すると、ポイントアップやキャッシュバックが受けられる「ココイコ!」も活用しましょう。

また、条件を満たすことでもらえる以下のボーナスマイルも用意されています。

  • 入会時:1,000マイル
  • カード継続時:1,000マイル
  • 搭乗ボーナス:区間基本マイレージの+10%

普段のフライトはもちろん、提携店での買い物でもマイルが貯まります。

貯まったポイントは、SuicaやANAマイルへの移行もできます。

特典

カードを使ってANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA SKY WEB TOURを利用すれば、いつでも5%割引されます。

また、国内線・国際線機内販売が10%割引などのサービスもご用意されています。

ANAの飛行機を利用する機会の多い方は、嬉しいサービスでしょう。

付帯サービス

最高1,000万円の海外・国内旅行保険が付帯されています。

どちらもカードを持っているだけで適用される自動付帯です。

お買い物安心保険は、海外・国内どちらの買い物でも年間100万円まで補償されます。

ただし、リボ払いもしくは、3回以上の分割払いの利用のみ対象です。

国内・海外ともに、カードの紛失・盗難時の連絡は24時間年中無休で対応しています。

万が一の時にも迅速に対応してくれるでしょう。

ビュー・スイカ カード

国際ブランドJCB
Visa
Mastercard
年会費初年度524円
2年目〜524円
還元率常時0.5%
最大3.6%

ビュー・スイカ カードは、Suica、定期券、JRE POINTカード、クレジットカードが一体となったクレジットカードです。

満18歳以上の方が申し込めます。

JRE CARDとは違い、初めから定期券機能が付帯されています。

年会費は初年度から524円かかります。

家族カードも最大9枚まで、年会費524円で持つことが可能です。

ETCカードは年会費524円で持つことができます。

Suicaのオートチャージ設定も可能です。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は0.5%です。

通常ポイントに加えて、年間利用累計額に応じて、以下のようにボーナスポイントが付与されます。

年間利用額ボーナスポイント
30万円250ポイント
70万円1,000ポイント
100万円1,500ポイント
150万円2,500ポイント

使えば使うだけたくさんポイントが付与されるので、メインカードとして利用するのも良いでしょう。

駅ビルやJRE MALLなど、JRE CARD優待店でカード利用すれば、還元率が3.5%にアップします。

ポイント優待サイト「VIEW ショッピング ステーション」経由のネットショッピングなら、ポイントの還元率がアップするのでお得です。

400を超えるショップが参加しているので、便利に活用しましょう。

特典

JRE CARDと同じく、ビューカード会員限定の特典が受けられます。

レジャーやグルメなどの際は、お得な優待価格で利用しましょう。

付帯サービス

最高500万円の海外旅行保険が自動付帯されています。

国内旅行は最高1,000万円まで補償されますが、旅費などをカードで支払うことで適用される利用付帯です。

カードを紛失した場合、クレジットカードの補償はもちろん、定期券やSuicaへの入金(チャージ)残額まで補償してくれます。

JALカード Suica

国際ブランドJCB
年会費初年度無料
2年目〜2,200円
還元率常時0.5%
最大1.0%

JALカード Suicaは、クレジットカード機能とJALマイル機能、Suica機能の3つの機能が1枚に備わったSuica付きクレジットカードです。

JALマイルを貯めつつ、Suicaを利用したい方におすすめです。

Suicaのオートチャージにも対応しています。

満18歳以上の方が申し込み可能です。

年会費は2,200円ですが、初年度のみ無料です。

家族カードはありませんが、ETCカードは年会費524円で持つことができます。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は0.5%です。

フライトや買い物では利用金額に応じて自動でマイルが貯まり、マイル移行手数料はかかりません。

Suicaへのチャージやきっぷ・定期券の購入では、JREポイントが貯まります。

条件を満たすことでもらえる以下のボーナスマイルも用意されています。

  • 入会時:1,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:1,000マイル
  • 搭乗ボーナス:区間基本マイレージの+10%

よりマイルを効率的に集めたい方は、カード年会費に3,300円をプラスしてショッピングマイル・プレミアムに入会するのがおすすめです。

日常の買い物の利用分はもちろん、毎月の定期的なお支払いでもショッピングマイルが2倍貯まります。

特約店の利用ではマイルの還元率が2倍にアップし、ショッピングマイル・プレミアム会員の方なら最大4倍アップするのでお得です。

その他、JR東日本グループが運営するポイント優待サイト「JRE MALL」経由のネットショッピングなら、ポイントの還元率が3倍にアップします。

JRE MALLとは、鉄道関連やSuicaのペンギングッズをはじめ、全国地産品などが購入できるショッピングモールのことです。

貯まったマイルは特典航空券に交換する、Suicaにチャージするなどの使いみちがあります。

特典

JRE CARDと同じく、ビューカード会員限定のレジャーやグルメなどの特典が受けられます。

また、空港でチェックインをせずに保安検査場へ直行できる「JALタッチ&ゴーサービス」が利用可能です。

付帯サービス

最高1,000万円の海外・国内旅行保険が付帯されています。

どちらもカードを持っているだけで適用される自動付帯です。

まとめ:Suica一体型のクレジットカードが便利!

Suicaが使えるクレジットカードについて、選び方やメリットなどを詳しく解説しました。

Suicaが利用できる場所は全国各地にあるので、便利に利用できるでしょう。

Suica付きのクレジットカードを使えば、ポイントが貯まる、特典が受けられるなどのメリットがあります。

都度チャージが手間に感じる方は、オートチャージ機能を使うのもおすすめです。

中には、定期券機能が使えるものもあります。

カードによって、マイルが貯まるものや、買い物がお得になるものなど強みはさまざまなので、よく比較しましょう。

今回紹介したカードを参考に、自分にぴったりの1枚を見つけて下さい。