株式投資

株を副業でやってもOK?メリットやデメリットを徹底解説!

普段サラリーマンとして働く人の中には、株式投資を始めたいと考えている人も多いと思います。

ですが、サラリーマンは株で利益を上げてもいいのか気になるところです。

結論からいえば、サラリーマンは株をやってもOKです。
しかし、その次に株が副業扱いになるかどうかが問題になります。

最近は副業を解禁する会社も増えていますが、株は副業になるのでしょうか。

この記事では、株式投資が副業になるのかどうかをお伝えしていきます。

本業以外の収入源として株を検討されている方は、ぜひお読みください。

関連記事:【2021年版】ネット証券比較ランキング!人気のおすすめ10社を紹介!

サラリーマンの株式投資は副業になるの?

サラリーマンが株式投資を行っても問題にはなりませんが、株で利益を上げることは副業になるのでしょうか。

まずは副業の定義と、株が副業になるのかについて解説していきます。

副業の定義

副業とは、本業以外にお金を得るために行う仕事のことです。

正社員として働く仕事とは別で、アルバイトやパートの仕事を行うことは副業になります。

雇われて行う仕事だけでなく、趣味として行う活動でも利益が発生すれば、それは副業と認識されるでしょう。

法律上、会社員は就業時間以外の時間は自由に使っていいと定められています。
ですが、利益の出る社外活動を認めない規定を定める会社も少なくありません。

まず副業を検討する際は、現在働く会社が副業を認めているかどうかを確認しましょう。

株式投資は資産運用の範囲

では、実際のところ株式投資で利益を上げたら副業になるのでしょうか。

結論から申し上げますと、株式投資は副業には該当しないといえます。
購入された株は個人の資産であり、資産の保持について会社が干渉する権利を認める法律は現状制定されていません。

つまり、個人の資産である株の価値がどうなろうと、会社には何の関係もないといえます。

ただし、本業が疎かになるほどに株式投資にのめり込んでしまうと、勤務態度の悪化につながり懲戒の可能性も生まれますのでご注意ください。
また、社員が金融商品を取引することを禁止している業種もありますので、ここも事前に確認しましょう。

株式投資を副業で行うメリット

副業で株式投資をやるメリットには何があるのでしょうか。

4つのメリットを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

①スキマ時間で収入が得られる

アルバイトやパートを副業にすると、拘束時間が発生します。

仕事の後に副業を行うことは、自分が自由に使える時間を削っていることと同じです。
また、本業で疲れた上にもう一つ仕事を行うので体力も余計に使って疲労もたまります。

ですが、株式投資は通勤中や昼休みなどの空いた時間を使って行うことが可能です。

最近はスマホアプリでも株が取引できるため、より一層スキマ時間を活かせるようになりました。

副業にまとまった時間をかけたくない人にはおすすめと言えます。
ただし、本業の就業時間中に取引するのは勤務態度の悪化に繋がるのでやめておきましょう。

②配当金や株主優待を受けられる

株は売買するだけでなく、持っているだけで配当金や株主優待がもらえます。
スキマ時間がなくても、ただ持っているだけで利益が生まれるのは嬉しい限りです。

株はリアルタイムで価格が変動するため、ちょっと目を離したら価格が下がってしまうリスクもあります。
しかし、配当金や株主優待狙いならただ株を持つだけでいいので、下落を気にせず本業に打ち込むことも可能です。

株に使える時間が少ない人は、配当金や株主優待も検討してみましょう。

③少額から気軽に投資できる

基本的に株は1単元(100株)からの購入となっています。
欲しい株を買うには、株価の100倍の金額があれば購入できるということです。

もしまとまったお金がない方は、1単元以下から買える「単元未満株」を検討してみましょう。
最小1株から購入できるので、余裕を持って使えるお金がなくても株式投資を始めることが可能です。

敷居が高く感じられますが、意外と手軽に始められるのも株式投資のメリットの1つといえます。

④定年後も続けられる

正社員の仕事には基本的に定年退職が定められており、ある年齢に達すると退職することになります。

しかし、株式投資に定年はありません
定年前の副業として蓄えた知識を使って、株式投資を本業に移行するというルートもいいでしょう。

また、株式投資を行えば老後の資金作りにも役立ちます。
株を運用して得た利益や株主優待などで、老後の生活に余裕を持たせることも可能です。

株式投資を副業で行うデメリットや注意点

一見、副業での株式投資はメリットばかりにも見えますが、実はデメリットや注意すべき点もいくつかあります。

理想的な株式投資のためにも、これらの点を押さえておきましょう。

①業種によっては禁止されている

基本的に、一般的な会社員の勤務時間以外の過ごし方や資産運用の制限をする法律はありません。

しかし、金融商品を扱う証券会社や保険業といった業種では、従業員による株など金融商品の取引は禁止されています。
業務を通して得た知識や情報を使って特定の金融商品を取引して利益を得た場合、インサイダー取引となって実刑の可能性もあるでしょう。

また、国家公務員は副業を行うこと自体が国家公務員法で禁止されています。
資産運用に制限はありませんが、勤務時間内での取引に関するリスクは会社員と同様です。

改めて、自分自身の職業で株式投資をする上でのリスクについても考えておきましょう。

②適切なタイミングで売買できない可能性がある

株の取引は、証券取引所が開いている平日の昼間に行われます。
この時間は普通の会社員が働く時間と丸々被っているので、仕事中に張り付いてチャートを見ることは難しいです。

そのため、もし仕事中に売買のチャンスが訪れても対応できない可能性が生じます。
この点はあらかじめ把握しておきましょう。

証券会社によっては、PTSというシステムで取引所が開いていない時間でも取引が可能です。
利用している証券会社がPTSに対応しているか確認しておきましょう。

関連記事:株の取引時間はいつまで?夜間取引の方法も徹底解説!

③急激な変動に対応できるようにしておく

株価は日々変動しているので、いつ上下するかは誰にもわかりません。
株価が上がっているならまだしも、下落した時に何もできない状態だと損失を重ねる様子をただ見ているだけになってしまいます。

そうならないように、急な変動への対策を講じておく必要があります。
指定した金額以下になったら株を売却する「逆指値注文」を出しておくと、仕事中に株価が下落してもリスクを最小限にすることが可能です。

④確定申告をする必要がある

会社で得た収入は年末調整をすれば会社が確定申告してくれますが、株で得た収入は別です。
配当金などは自動で源泉徴収されるため申告の必要はありませんが、株の売却益は譲渡所得となり、確定申告を行う必要が生じます。

売却益が年間20万円を超えた場合は確定申告を行いますが、住民税の支払い方法を給与からの天引きにすると計算した天引き額が会社に通知されるので、ここで副業の収入があることが知られます。

もし副業で株式投資をしていると会社に知られたくない場合は、必ず住民税の徴収方法は「自分で納付」としておきましょう。

また、源泉徴収のある特定口座を開設しておくと確定申告する必要がありません。
確定申告を避けたい人は、特定口座についても確認しておきましょう。

副業で株式投資を始める方法

ここまで読んで株式投資を始める気持ちが固まったなら、株式投資を始めるまでにどのような手順が必要なのか確認しておきましょう。

勤務先の副業規定を確認する

まずは本業として働く会社が就業規則で株を禁止していないかどうか確認しましょう。

特に株について書かれていないなら、株式投資を行っても特に問題はないといえます。

ただし、業種によっては株を行うことが法律に抵触する可能性があるのは先述の通りです。
しっかりとこの事前確認を怠らないようにしましょう。

口座を開設する

株を始める前には専用の口座を作成しますが、その口座にもいくつかの種類があります。

口座の種類によっては、年間取引報告書の作成や確定申告が必要になる場合がありますので、ここも事前に確認しておきましょう。

株式取引用の口座種類
  • 一般口座
    →自身での年間取引報告書の作成と確定申告が必要です。
  • 特定口座(源泉徴収あり)
    →年間取引報告書は証券会社が作成し、確定申告は不要です。
  • 特定口座(源泉徴収なし)
    →自身での年間取引報告書の作成と確定申告が必要です。

特定口座(源泉徴収あり)については、住民税と所得税が自動で引き落としとなります。
確定申告の必要もありませんので、職場に株の取引が知られる可能性は少なくなるでしょう。

また、株取引を行うならNISAの制度は活用しておきたいです。
年間120万円の利益が最長5年非課税になります。

銘柄を選んで取引する

口座も開設できたら、いよいよ株を買う段階に入ります。

株の銘柄選びのポイントとしては、今後成長する銘柄を見つけられるかどうかです。

前提として、株で利益を上げるには株価が買った時よりも高くならないといけません。
今後の成長によって株価が上がる期待が持てそうな銘柄を見つけるためには、情報収集が必要になります。

色んなニュースを見ることで「この業界は今後伸びそう」と思えるものがあったら、その中で伸びそうな銘柄を探してみましょう。

また、単に自分の好きな会社の株を買うのもおすすめです。
好きな会社の株主優待がもらえたら、それだけで嬉しいものです。

家にいない時はスマホアプリで確認する

株を購入したら株価の変動が気になりますが、仕事中も株価の動きを確認できると便利です。

そのために、各証券会社はスマホで株価を確認できるアプリを公開しています。
これらを活用すれば、通勤中や仕事の休憩時間などで株価をリアルタイムでチェック可能です。

また、アプリから株の注文を出すこともできるので、気になる動きを見つけたらすぐに行動することができます。
出来るだけ見やすく使いやすい、注文などの操作が手軽に行える仕様のアプリがおすすめです。

本業に差し障りのない範囲で、アプリを確認して株価の動向を確認しましょう。

まとめ:株を始める前は会社の規定を確認しよう!

今回は副業で株を取引することについてお伝えしてきました。

株の取引は資産運用の一部のため、副業ではありませんが働いている会社や業種によっては株取引に制限がありますので注意しましょう。

また、そうした決まりがある中で隠れて株をやっていても、確定申告などから株をやっていることが発覚する場合があります。
株で得た利益については、自分自身で確定申告することがおすすめです。

しかし、上手くいけば本業に余裕が生まれるほどの副収入を得られる可能性もあります。
スキマ時間を活用したい人はぜひ株取引を始めることを検討してください。

関連記事:【最新版】株式投資の始め方とは?株式投資のコツから注意点などについて徹底解説!