株式投資

株のスクリーニングでおすすめのツール5選!銘柄で見るべき条件を紹介

株を購入する際には「スクリーニング」と呼ばれる作業を行う場合があることをご存知でしょうか。

「知らなかったし初めて聞いた」「名前や意味は知っているけどどうやればいいのかわからない」という方に向けて、今回は株のスクリーニングについて解説していきます。

また、スクリーニングにおすすめの分析ツールも紹介していきますので、参考にしてください。

スクリーニングについて理解して、株式投資をもっと有意義なものにしていきましょう。

株のスクリーニングとは?

そもそもスクリーニングについて特に知らないという方に向けて、株におけるスクリーニングとは何なのか解説していきます。

株式投資を行う上では覚えておきたい内容なので、しっかり理解しましょう。

自分の求める条件に合った株を見つける作業

株のスクリーニングとは、自分の求める条件に合う株を選定する作業のことです。

現在日本の証券取引所に上場している企業は4,000社弱ほどで、その中から自分の求める条件にあった銘柄を一つ一つ選んでいくのは非常に時間がかかります。

その手間を短縮するために、様々な指標の中から条件を指定して膨大な数にもなる銘柄の中から最適なものを抽出するのがスクリーニングです。

上手く利用すれば、今後価格が大きく上昇する将来有望な銘柄を見つけることもできるでしょう。

ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析を活用する

株のスクリーニングでは、主にファンダメンタル分析とテクニカル分析という2つの分析方法を行います。

ファンダメンタルズ分析とは、株価を決める様々な要素の変化から将来の株価が上がるか下がるか見極める分析方法です。
これは株を発行する会社の決算・業績・財務状況だけでなく、国の政策や景気も見ていく必要があります。

株のスクリーニングにおいては、ファンダメンタルズ分析の中でも主に以下の指標を参考にします。

  • PER(株価収益率)
  • PBR(株価純資産倍率)

これらの指標については、こちらの項目で詳しく解説しますのでご参考ください。

テクニカル分析とは、株価チャートに記録された過去の値動きから次にチャートがどう動くかを分析する方法です。

株のスクリーニングにおけるチャートの見方は、こちらの項目で紹介していきます。

株のスクリーニングで見るべき条件

実際に株のスクリーニングを行う際には、どういった条件に注目すべきなのでしょうか。

見るべき条件をピックアップしましたので、それぞれの内容について理解を深めましょう。

PER・PBR

PER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)は、現状の株価がどれほど割安なのかを表す指標です。
それぞれの指標は、以下の計算式から割り出されます。

  • PER=株価÷1株あたりの純利益
  • PBR=株価÷1株あたりの純資産

つまりPERは株価を1株あたりの利益で割った数値で、このPERが低いほど企業の実力に株価が追い付いていない割安の銘柄であると言えます。
目安となる市場全体の平均値が16倍前後なので、スクリーニングの際にPERが15倍以下となった銘柄は割安といえるでしょう。

PBRは株価を1株あたりの資産で割った数値で、こちらも低いほどに割安といえます。
1倍だと企業価値と等価ということになるため、1倍を下回れば割安となるでしょう。

時価総額の大きさ

株価の上昇には、企業の収益や業績の増大が必要不可欠です。

その点でいえば大企業は既に市場における業績を拡大しきっているため、株価が安定していることと引き換えに大きな成長はあまり期待できない一面があります。

逆に中小企業は新しいビジネスを開拓する会社が多いだけでなく、規模としても小回りが利く側面があるため景気や市場のトレンド変更に対応しやすいでしょう。

今後企業が成長すれば株価の伸び率もとても大きくなる可能性があるため、あえて時価総額が小さめの会社を選ぶことも重要です。

安定した収益性の高さ

企業の収益性の高さは、株価の維持や上昇に不可欠な要素です。
しかしながら、現状だけの収益性を見るだけでは足りません。

過去数年にわたって安定した利益を出しているだけでなく、それが将来も伸び続けていくかどうかといった点が重要になっていきます。

こうした収益性を確認するためには、企業の適時開示やIRをこまめにチェックすることが重要です。
毎日株価や証券取引にかかわるニュースをチェックしていても、こうした部分まで確認する投資家は意外と少ないため、他と差がつけられるかもしれません。

過去の収益性から、今後の伸びが期待される企業をスクリーニングしましょう。

過去のチャート

過去の株価チャートのチェックも、スクリーニングには欠かせません。
自分が購入を希望する銘柄のみならず、ここ最近で値上がりしている銘柄がチャート上でどういった動き方をしているのかを見ておくことも重要です。

もちろん、すべての銘柄が連動して変化するわけではありません。
しかし、過去のチャートの変動を1つのモデルケースとして取り入れていくことで、いつか同様の動き方をした銘柄にチャンスを感じられるでしょう。

目先の利益だけでなく、今後のためにもチャートの確認は欠かさないことが大事になります。

各社のビジネスモデル

各社の業種を確認した上で、今後どんなビジネスモデルが伸びていくのか予想を立てることも必要になります。

日々ニュースを見ていくと、先進的な取り組みを行う企業が取り上げられていることでしょう。
そうした企業が目論む未来というものは、意外とそう遠くないものです。

例えば昔は存在しなかったインターネットも、今や世界になくてはならない技術になっています。
そうしてどんどん発展していく世界の中で、今後何が必要になっていくのか見極めることが重要です。

すべての業界の今後について理解するのは難しいですが、ニュースに目を向けることでこれからの世の中を予想して銘柄を選んでみましょう。

株のスクリーニングでおすすめツール

株のスクリーニングはツールを使って行うと効率よく分析できます。

分析ツールは各証券会社が無料で提供しているものを使用しても十分なほどの分析結果が出せるので、こうしたものも含めて紹介していきます。

自分に合ったツールがあるかどうか、ぜひ参考にしてください。

SBI証券スクリーニング

SBI証券 銘柄スクリーニング

出典:SBI証券

SBI証券がリリースするスクリーニングツールで、SBI証券で口座を開設していれば使用可能です。
ちなみに口座は無料で開設できます。

多機能で使いやすいと評判で、基本的なことはほぼできる不足のない仕上がりです。
求める条件にあった銘柄を素早く見つけられます。

銘柄スカウター(マネックス証券)

マネックス証券 銘柄スカウター

出典:マネックス証券

こちらはマネックス証券が提供するツールで、「SBI証券スクリーニング」と同様に発行元であるマネックス証券の口座を持っていれば無料で利用できます。

過去10年の業績から分析でき、複数銘柄を比較して分析することも可能です。

更に外国株のスクリーニングもでき、米国株や中国株の分析もできます。

外国株も扱う予定がある方には、おすすめできるスクリーニングツールといえるでしょう。

iSPEED(楽天証券)

iSPEED

出典:iSPEED

こちらは楽天証券のスマホアプリで、楽天証券の口座があれば無料で使えます。

アプリ内の機能である「スーパースクリーナー」を使用することで、スクリーニングが可能です。
特にテーマ別の銘柄検索は、直近で値上がりしたテーマやジャンル別に銘柄を検索できるという他にはない機能を持っています。

スマホアプリということもあり、直観的な操作で使用できるスクリーニングツールです。

バフェットコード

バフェットコード

出典:バフェットコード

こちらはどの証券会社で口座を開設せずとも無料で国内株のスクリーニングに使えるツールです。
米国株のスクリーニングも可能ですが、有料課金が必要となっています。

完全無料でありながら、2社以上の企業比較や銘柄の長期にわたる業績チェック、更に株主の比率もわかるなど充実の機能です。

登録不要の無料ツールとしては、かなり優秀といえるでしょう。

銘柄スクリーニング(TRADER’S WEB)

トレイダーズウェブ銘柄スクリーニング

出典:TRADER’S WEB

TRADER’S WEBという投資情報サイトが提供するスクリーニングツールで、登録不要で使用できます。
37個の項目によって、求める条件にあった銘柄を割り出すことが可能です。

簡易的な指標での分析にはなりますが、登録不要で手軽に使えるという利点を重要視する人にとっては大いに役立つツールといえます。

株のスクリーニングについてのQ&A

ここまで株のスクリーニングについて解説しましたが、まだまだ気になる点がある方のために代表的な質問にお答えしていきます。

スクリーニングについてもっと知りたいという方は、ぜひ参考にしてください。

スクリーニング後に注意すべきポイントは?

気になる銘柄をスクリーニングで見つけた場合、まずは過去のチャートを確認しましょう。

スクリーニングによってわかるのは、各銘柄の現在の数値だけです。
来週、来年の指標が見えるわけではありません。

ここから銘柄のトレンドが上昇か下降か見分けるために、直近のチャートから推移の特徴を確認します。
それによって、今後この銘柄が上下するかを見分けることが大事です。

もし下落トレンドだった場合、現状の利益は一時的なものかもしれません。
今後の利益のためにも、トレンドの読み取りは重要になります。

また、数字として表れるデータだけでなくライバル企業との比較や口コミといった単純に数値化できないデータもチェックしましょう。

米国株のスクリーニングはどこがおすすめ?

米国株のスクリーニングができるツールはいくつかありますが、おすすめできるのはマネックス証券の銘柄スカウターです。

他のツールだと米国株のスクリーニングは有料の場合がありますが、マネックス証券の銘柄スカウターなら外国株用の口座を開設すれば追加の課金や申し込みなしで利用できます。

過去10期にわたる米国企業の業績を確認できるだけでなく、四半期の推移から直近の業績トレンドを確認可能です。

各企業の情報も充実しており、いくつもの銘柄を一括で比較することもできるなど、分析に事欠かない機能が揃っているといえます。

米国株のスクリーニングなら、マネックス証券を検討しましょう。

将来10倍上がる株(テンバガー)の見分け方は?

テンバガーとは、株価が購入時から10倍上がった銘柄を指す用語です。

過去にテンバガーとなった銘柄には、以下の特徴があったといわれています。

  • 時価総額:300億円未満
  • 経営者:創業者が社長もしくは筆頭株主
  • 上場歴:5年以内
  • 売上成長率:年20%以上
  • 業界:情報通信・サービス業など近年成長しているもの

この情報を参考にして銘柄をスクリーニングすれば、テンバガーに出会えるかもしれません。

もちろんこれだけの要素でテンバガーが見つかるわけではないので、まずは自分で各銘柄を確認するという意識は忘れないようにしましょう。

まとめ

今回は株のスクリーニングについてまとめて紹介しました。

株のスクリーニングでおすすめのツールだけでなく、見るべき指標や注意点といった部分までお伝えしたことでスクリーニングに興味を持った方もいるでしょう。

将来上昇する銘柄を選別できれば、そう遠くない未来に大きな利益を得られるかもしれません。
しかし経験がものをいう分野でもあるので、様々な銘柄を比較して上昇する銘柄の特徴を掴んでいきましょう。

今回お伝えした内容が、今後の投資を支えるものになれば幸いです。

ABOUT ME
yamamoto
投資歴6年のトレーダー兼ライター。 低位株を中心にトレード中。 システムトレードで半年で資産を3倍にした経験を持つ。