FX

【初心者トレーダー必見】スキャルピングとは?おすすめFX会社も紹介

  • 「FXのスキャルピングってなに?」
  • 「スキャルピングっておすすめしない?」

そんなFXのスキャルピングに関して気になるあなたに、今回は下記の内容について紹介します。

  • FXのスキャルピング概要
  • FXでスキャルピングするメリット
  • FXでスキャルピングするデメリット
  • FXのスキャルピングで勝てるポイント
  • スキャルピングのおすすめFX会社
  • FXスキャルピングQ&A

本記事を読むことで、スキャルピングの概要から細かな点まで知ることができ、効果的なFX取引を始められるでしょう。

自分にぴったりな手法やFX口座が決まるはずなので、ぜひ最後までお読みください。

FXのスキャルピングとは?

FXのスキャルピングを知る上で、スキャルピングの特徴と、他の手法との違いを把握する必要があります。

そもそもスキャルピングとは?
  • FXスキャルピングの特徴
  • 他の手法(デイトレード)との違い

スキャルピングに関する上記のポイントを学べば、大まかな概要が理解できるはずです。

ここからは、具体的にそれぞれの特徴と違いについて説明します。

FXのスキャルピングの特徴

スキャルピングとは、FXの取引手法の一つのことです。

一般的なFXの取引手法には、下記の4つがあげられます。

FXの4つの取引手法
  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • ポジショントレード

さまざまな取引手法がある中で、スキャルピングは数秒から数分単位で取引する特徴があります。

スキャルピングとデイトレードとの違い

スキャルピングとデイトレードは、初心者がよく混同する手法と言われています。

その理由として、スキャルピングとデイトレードは、どちらも1日の間に取引を終える共通点があるからです。

スキャルピングとデイトレードの決定的な違いは、拘束時間にあります。

先ほども紹介した通り、スキャルピングは数秒から数分程度で取引します。

一方で、デイトレードは数時間〜1日程度の取引です。

そのためスキャルピングは、デイトレードと比較すると家事や仕事の休憩時間、移動時間などの合間にできるトレードスタイルと言えるでしょう。

FXでスキャルピングするメリット

FXでスキャルピングするメリットは、3つあります。

  • すぐに利益が出せる
  • 損失額が小さい
  • 経験値を積める

このようにスキャルピングは、初心者の方でも安心して取引できるFXの手法と言えます。

ここからは、具体的にそれぞれのメリットを確認しましょう。

すぐに利益が出せる

スキャルピングは、すぐに利益を出せるメリットがあります。

なぜなら数秒から数分と短時間でトレードを繰り返すからです。

例えば、数日から数週間程度の期間で取引を行うスイングトレードの場合、ポジションを持てば決済するまでに時間がかかります。

またポジショントレードの場合、数週間から数ヶ月間の取引を行うため、より時間がかかるでしょう。

そのため、スキャルピングは他のFX手法と比較するとすぐに成果が見えるのです。

このようにスキャルピングは、すぐに利益を出せるメリットがあります。

損失額が小さい

スキャルピングは、取引に失敗したときでも損失額が小さいメリットがあります。

なぜならトレードスタイルが瞬間的だからです。

何度も言う通り、スキャルピングは数秒から数分程度の取引の繰り返しになります。

そのため、ファンダメンタルズの状況変化が起きにくく、安定した相場で取引可能なのです。

結果的にスキャルピングは、取引に失敗したときでも損失額が小さいため、最低限のリスクで抑えることができます。

スキャルピングは、数秒から数分の間でも値動きが激しいです。

そのため損切りしなければ、損失が大きくなる可能性があり、注意が必要になります。

ファンダメンタルズとは?

ファンダメンタルズとは、経済活動の状況を示す基礎的な要因のこと。

ファンダメンタルズの例として、国の経済成長率や物価上昇率、企業の業績や資産があげられます。

経験値を積める

スキャルピングはFX取引手法の中で、最も経験値を積むことができる手法と言えるでしょう。

なぜなら、スキャルピングは取引回数が多いからです。

FXにおけるスキルや経験値は、これまで行ってきた取引回数に比例します。

当然2,3回ほど取引を経験したトレーダーと、100回、1,000回とたくさんの取引経験をしたトレーダーでは、確実に後者の方がFXに慣れているはずです。

一般的にスキャルピングは、1日に30〜100回以上の取引を行います。

そのため、より多くの経験値を積むことができ、結果的にFXで成功する可能性は高くなるでしょう。

また失敗したときの損失額が小さいため、FX初心者であれば練習にもおすすめです。

FXでスキャルピングするデメリット

FXでスキャルピングするデメリットは、3つあります。

  • 集中力がなければ難しい
  • 口座凍結の恐れがある
  • 利益が小さい

スキャルピングのデメリットを知ることで、トレードを始める前に自分に向いているか把握できるでしょう。

ここからは、それぞれのデメリットについて、具体的に解説します。

集中力がなければ難しい

スキャルピングは集中力がなければ、利益を得ることが難しいでしょう。

なぜならほんの数秒単位で、利益が変化してしまうからです。

もし集中力が欠けた状態で、何度も取引をすれば損失額を増やしかねません。

実際に、スキャルピングにおける集中力は、結果として表れやすいです。

 

スキャルピングは、隙間時間にできるトレードだからこそ、集中して取引する必要があるのです。

このようにスキャルピングは、集中力が欠けていれば損失しやすいデメリットがあります。

そのため、集中力がない方にはおすすめできないと言えるでしょう。

口座凍結の恐れがある

スキャルピングは、取引次第で口座が凍結してしまう可能性があります。

スキャルピングで口座が凍結する理由は、FX会社に不利益が生じるケースがあるからです。

スキャルピングによってFX会社に不利益が生じるケース
  • FX会社側がスキャルピングによって損失が発生する
  • スキャルピングによってサーバーに負担がかかる

短期間に繰り返し取引を行うスキャルピングは、FX会社のカバー取引が間に合わないことがあります。

もしカバー取引が追えなければ、FX会社側に損失が発生するのです。

カバー取引とは?

カバー取引(カバーディール)とは、顧客から注文を受けたとき、リスクを抑えるために、銀行や証券会社などで取引を行うこと。

また瞬間的に何度も取引することで、サーバーに負荷がかかれば、システム障害が起きてしまい、他のトレーダーにも支障をきたす可能性があります。

そのため、FX会社によってはスキャルピングを禁止している会社もあり、場合によって口座を凍結されてしまうのです。

このようにFXにおいて、スキャルピングの取引次第では、口座凍結の恐れがあります。

利益が小さい

スキャルピングは、一度の取引による利益が小さいデメリットがあります。

スキャルピングによる取引では、一度の売買で「数pips〜10pips程度」得られるのが一般的です。

例えばドル/円やユーロ/円の通貨ペアの場合、1pips=0.01円のため「0.01円〜0.1円程度」でしょう。

そのためスキャルピングは、一回あたりの利益が小さいデメリットがあります。

また利益を重ねられない取引を繰り返していれば、当然損失額も大きくなるため注意が必要です。

FXのスキャルピングで確実に勝つためのポイント

FXのスキャルピングで、確実に勝つためのポイントは、5つあります。

  • ルールを徹底する
  • 利確ラインを決める
  • 損切りラインを守る
  • 通信環境の良い場所で取引する
  • テクニカル分析を身につける

上記のポイントを押さえることで、着実にFXで利益を積み上げられるでしょう。

ここからは、具体的にそれぞれのポイントを紹介します。

ルールを徹底する

スキャルピングで確実に勝つためには、自分の決めたルールを徹底して守り抜きましょう。

FXに限らず投資をしていると、

  • 「もう少し利益を得たい」
  • 「もう少し待てば、損しないはずだ」

そんな状況に立ち合うことが多いでしょう。

もし自分の決めたルールを守らず、感情に左右されてトレードを続けていると、大失敗を招く可能性が高いです。

実際に、FX初心者が失敗を経験する一番の原因は、ルールを守らないことと言われています。

それだけ決めたルールを徹底することは、重要であり守り抜くべきなのです。

利確ラインを決める

FXのスキャルピングをする際は、利確ライン(利益を確定させるタイミング)を決めておきましょう。

スキャルピングでは、小さな利益をコツコツを積み上げる取引手法がゆえ、どうしても「もう少しタイミングをずらしたい」と考えが過ぎってしまいます。

当然タイミングをずらした結果、数pips得することもあるでしょう。

しかし、このような成功体験が却って損する可能性を高まってします。

そのため、スキャルピングでは利確ラインを決めて取引を行いましょう

ただ利確ラインを決めて上手くいかないことが増えれば、利確のタイミングを変更するなどして改善することも大切です。

損切りラインを守る

利確ラインを決める一方で、損切りライン(損失を確定させるタイミング)も守りましょう。

どうしても損切りは、損失が出ると分かっていて確定するので、踏み切れず先延ばしにすることがあります。

FXでは、損切りしないことで

  • 「損失を拡大させてしまう」
  • 「資金が不足してしまう」

上記のような失敗を招くことになるでしょう。

特に相場が戻った経験をした方であれば、損切りできないはずです。

しかしスキャルピングにおける損切りは、タイミングを決めて守ることで、損失を抑えることができます。

そのためスキャルピングを開始する際は、利確ラインと損切りラインを決め守ってください。

通信環境の良い場所で取引する

FXのスキャルピングは、通信環境の良い場所で取引を開始してください。

スキャルピングは数秒、数分単位のトレードとなるため、通信環境が悪ければ上手く取引できず無駄な損失をしたり、十分な利益を得られなかったりと、トラブルを招きます。

通信環境が良くないだけで、せっかく決めたルール通りに取引できないこともあるのです。

スキャルピングで勝利するためには、それだけ通信環境が重要であり場所や取引するタイミングを理解すべきでしょう。

特に、下記のような場所やタイミングでスキャルピングする際は、注意が必要になります。

スキャルピングで注意すべき通信環境

  • 外出先
  • 地下鉄や電車などの車内
  • ネット環境の整備が整っていない地域

またスキャルピングは、通信環境を整えなければいけないパソコンより、すぐに取引を開始できるスマホがいいでしょう。

テクニカル分析を身につける

スキャルピングで確実に勝利するためにも、テクニカル分析のスキルを身につけましょう。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、過去のチャートの値動きを分析し、これから変動する相場を予測する分析のこと。

テクニカル分析のスキルを身につけることで、

  • 大まかな株価の動きを理解できる
  • 経済の知識がなくても効率的に利益を上げられる
  • 株式投資など他の投資にもスキルを活用できる

さまざまなメリットがあります。

スキャルピングで重要なテクニカル分析は、主に5つの分析方法を抑えることで、効率良い取引が可能です。

スキャルピングで重要な5つのテクニカル分析
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • トレンドライン
  • RSI
  • スローストキャスティクス

FXのスキャルピングする上での注意点

FXのスキャルピングする上での注意点は、3つあります。

  • スキャルピング禁止のFX会社もある
  • スプレッドが増える
  • ギャンブルでスキャルピングしない

注意点を守らなければ、口座凍結したり損失が発生したりと、トラブルを招く恐れがあります。

ここからは、具体的にそれぞれの注意点を確認しましょう。

スキャルピング禁止のFX会社もある

結論から言うと、スキャルピングと言う手法を、完全に禁止しているFX会社はないでしょう。

しかし、あなたのトレードするスキャルピング手法によっては、FX会社の規定に違反する可能性があります。

SBI FXでは、下記のような文面が交付書に記されていました。

(17)注文発注時のご注意事項

b)短時間に、頻繁に行われる注文及び取引であって、他のお客様又は当社のシ ステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼすと認められる注文。

引用:外国為替証拠金取引契約締結前交付書面

このようにスキャルピングのような短期売買が、利用するFX会社によって、制限されるケースがあるのです。

スプレッドが増える

スキャルピングで効率よく利益を出すためには、スプレッドの狭い口座を利用しましょう。

スプレッドとは?

FXの1度の取引でかかるコストのこと。

スキャルピングは1日のうちに何度も取引するため、スプレッドの広い口座を利用すると、より多くのコストがかかってしまいます。

着実に利益を上げているのに、スプレッドが広いことが原因で、利益率が下がってしまうのは誰もが嫌でしょう。

そのため、スキャルピングは他の手法に比べて、スプレッドが増えることを抑えていてください。

スプレッドの狭いFX会社3選!
  • SBIFXトレード:米ドル円スプレッド0.09銭
  • 外為どっとコム:ポンド円0.6銭(キャンペーン期間中)
  • みんなのFX:米ドル円0.2銭

ギャンブルでスキャルピングしない

当然、スキャルピングはギャンブル感覚ですべきではありません

スキャルピングに限らず、どんな取引手法でも値動きを推測することができ、スキルやテクニックを押さえることで、根拠を持って取引できます。

またギャンブルによる勝率は50%であり、非常にリスクが高いです。

実際に、FX初心者は経験値がないため、ギャンブル感覚で取引する傾向にあります。

スキャルピングで、着実に利益を積み上げるためにも、ギャンブルのような取引は控えてください。

スキャルピングでおすすめFX会社

スキャルピングでおすすめなFX会社は、3つあります。

  • GMOクリック証券
  • DMMFX
  • みんなのFX

本気でスキャルピングを成功させたいなら、口座開設から入念に進めていくべきです。

ここからは、具体的にそれぞれのFX会社について紹介します。

GMOクリック証券


出典:GMOクリック証券

取引手数料無料(1日100万円まで)
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
取り扱い通貨ペア全20通貨ペア
キャンペーン・口座開設+取引で最大30,000円キャッシュバック

スキャルピングが禁止されているFX会社がある中で、GMOクリック証券は問題なく取引可能なFX会社になります。

  • 世界一のFX取引高を誇るFX会社(2020年FX取引高「2020年年間FX取引高調査報告書」)
  • 24時間の無料サポート体制で充実
  • 取引手数料0円

このようにGMOクリック証券は、サポート体制も充実していることから、FX初心者でも不安なく始められるFX会社なのです。

  • 「トラブルなく取引をしたい」
  • 「スキャルピングでFXを始めたい」

そんな考えをお持ちの方は、GMOクリック証券で口座開設することをおすすめします。

ただGMOクリック証券の運営で定めた条件に該当した場合、取引に制限がかかる場合があるので注意が必要です。

・カバー取引が困難な時間に集中した取引
・複数のお客様によりレートを操作しうるような数量の取引

DMMFX

出典:DMMFX

取引手数料無料
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
取り扱い通貨ペア全20通貨ペア
キャンペーン・口座開設、新規取引数に応じて最大200,000円キャッシュバック
・取引応援ポイントサービスが最大で3倍付与

DMMFXもスキャルピングをする上で、おすすめFX会社になります。

  • 3STEPでスピーディに取引可能
  • 直感的な操作とシンプルなデザイン
  • 業界最安クラスの取引コスト

このようにDMMFXは、無駄なコストを抑えてすぐに口座開設できるFX会社なのです。

申し込み後、即日に口座開設したい方は、DMMFXがいいでしょう。

ただDMMFXのスキャルピングのような短時間で注文を繰り返し行った場合、口座凍結する可能性があるので注意してください。

お客様は、お客様が次の各号に定める行為を行ってはならないことに予め承諾することとします。なお、お客様の行為が当該禁止行為に該当するかどうかの判断は当社が行い、お客様は当 社の判断に従うこととします。

(9) 短時間での注文を繰り返し行う行為
引用:店頭外国為替証拠金取引(DMM FX)約款 

みんなのFX

FXをもっとやさしく。
出典:みんなのFX

取引手数料無料
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:0.8銭
取り扱い通貨ペア全27通貨ペア
キャンペーン・口座開設と取引で最大50,000円キャッシュバック
・口座をお持ちの方を対象に、ロシアルーブル/円のスワップポイントを高水準で提供

スキャルピングで、取引におすすめな3つ目のFX会社は、みんなのFXになります。

  • 高金利通貨のスワップポイントが高水準
  • 口座開設でFX、システムトレード、バイナリーオプションの取引が可能
  • 口座開設で最大50,000円のキャッシュバックキャンペーン

このようにみんなのFXは、口座開設によるお得なサービスがたくさんあります。

ぜひ、口座をお持ちでない方は、みんなのFXから始めてください。

みんなのFXは、DMMFXと同様に、スキャルピングの行い方次第で禁止行為になってしまうので注意してください。

第22条(禁止行為) お客様は、本約款取引を行うにあたり、次の各号に定める行為を行ってはならないことを予め承諾するものとします。なお、お客様の行為が当該行為に該当するかどうかの判断は当社が行い、お客様は当社の判断に従うものとします。

(3)短時間で注文を繰り返し行う等、当社の価格形成を歪曲化し、他のお客 様の不利益に繋がる行為。

引用:店頭外国為替証拠金取引約款 【みんなのFX・みんなのシストレ】 

FXスキャルピングのQ&A

ここからは、FXのスキャルピングに関するQ&Aを4つ紹介します。

  • FXでスキャルピングは禁止と聞いたことがあります
  • 初心者はスキャルピングをすべきですか?
  • 海外FX会社でスキャルピングをしても良いのか?
  • 損切りせずにスキャルピングは可能か?

特にFXの取引経験の少ない初心者が、疑問に感じるポイントをピックアップしました。

ここからは、具体的にそれぞれの回答を確認しましょう。

FXでスキャルピングは禁止と聞いたことがあります

現在利用できる国内のFX会社で、スキャルピングを完全に禁止している会社はありません

しかし先ほども紹介した通り、FX会社に不利益が被られるような短期売買は、禁止としている会社が多いです。

禁止されている短期売買の基準に関しては、FX会社によって異なるため、口座開設前に確認するのがいいでしょう。

初心者はスキャルピングをすべきですか?

結論から言うと、初心者でもスキャルピングはおすすめします。

スキャルピングは取引回数が多いため、経験の少ないFX初心者にとっておすすめできないと考える方もいるでしょう。

しかし経験が少ないからこそ、取引回数の多いスキャルピングで、FXに慣れていくべきです。

また、取引に失敗したときの損失額も小さいため、最小限のリスクで練習を積むことができます。

そのためFX初心者は、積極的にスキャルピングで取引を行いましょう。

海外FX会社でスキャルピングをしても良いのか?

当然海外のFX会社にも、スキャルピングするメリット、デメリットはあります。

そのためメリットとデメリットを理解した上で、自分に合っている場合「おすすめできる」と言うのが適切な回答になるでしょう。

海外FXでスキャルピングするメリットとデメリットは、下記になります。

海外FXでスキャルピングするメリット
  • 100倍、1,000倍とハイレバレッジを使うことが可能
海外FXでスキャルピングするデメリット
  • スプレッド差の大きいFX業者が多い
  • 取引に失敗し、大損する可能性がある

国内のFXは、最大で25倍までしかレバレッジをかけることができないため、リスクを承知で一角千金を狙いたい方におすすめと言えるでしょう。

損切りせずにスキャルピングは可能か?

結論から言うと、スキャルピングのような短期売買で、損切りせずに取引を進めることはできません

もし損切りをしなければ、大きな値動きで含み損が発生し、最終的にロスカットされるリスクがあります。

ロスカットとは?

ロスカットとは、 FXの取引で一定水準で含み損が発生した場合、ポジションが強制的に決済される仕組みのこと。

結果的に、証拠金の全額を失ってしなうため、損切りせずにスキャルピングで利益を上げることは難しいです。

まとめ

今回はFXのスキャルピングに関する概要から細かな点まで、FXを効果的に取引できる方法を紹介しました。

スキャルピングは、小さな利益を積み上げていくFX手法の一つです。

当然自分に合ったFX手法を確立させることが、一番の成功への近道になります。

一方でFX手法が定まらなければ、不利益を被ったり失敗する可能性もあるでしょう。

本記事で紹介したポイントや注意点を参考に、おすすめFX会社でぜひ、最強のトレーダーを目指してください。

ABOUT ME
yamamoto
投資歴6年のトレーダー兼ライター。 低位株を中心にトレード中。 システムトレードで半年で資産を3倍にした経験を持つ。