クレジットカード

JALカードのおすすめを目的別に紹介!種類や選び方も解説

おすすめのJALカード

日本航空グループの会社が発行するJALカードは、JALマイルが効率的に貯まる特徴があります。

JALに特化した豊富な会員特典が利用できる点もメリットでしょう。

JALの飛行機をよく利用する方はもちろん、普段の買い物でマイルを貯めたい陸マイラーの方にもおすすめです。

今回は、JALカードのおすすめを目的別に紹介します。

JALカードの種類や選び方についても解説するので、参考にしてください。

おすすめのJALカード

まずは、おすすめのJALカードを目的別に厳選して紹介します。

特徴を比較して、自分に合ったものを選びましょう。

コスパよくJALマイルを貯めたい:JAL普通カード

国際ブランドJCB
Visa
Mastercard
AMEX
年会費初年度無料
※AMEXのみ6,600円
2年目〜2,200円
※AMEXのみ6,600円
還元率常時0.5%
最大1.0%

JAL普通カードは、フライトや買い物で効率的にマイルが貯まるクレジットカードです。

年会費は2,200円かかりますが、初年度は無料です。

家族カードも初年度は無料ですが、翌年度以降は1枚につき年会費が1,100円かかります。

ETCカードは年会費無料ですが、発行手数料が1,100円かかるので注意してください。

ポイント還元率

通常の還元率は0.5%で、ポイントではなく直接マイルが貯まる点が特徴的です。

5,000店舗以上あるJALカード特約店でカードを使うと、還元率が2倍にアップします。

ここでは、特約店の一部を紹介します。

  • 大丸
  • ファミリーマート
  • イオン
  • スターバックス
  • マツモトキヨシ

新パートナーは公式ホームページで都度紹介されており、特約店は増加し続けています。

近隣に特約店があれば、効率的にマイルを貯められるでしょう。

より還元率を高めるなら、「JALカードショッピングマイル・プレミアム」への入会がおすすめです。

年会費は3,300円かかりますが、通常の還元率は1.0%にアップし、特約店では2.0%の還元率で買い物が可能です。

普段の買い物でマイルを貯めたい陸マイラーの方にはぴったりです。

入会・継続時や搭乗時には、以下のようなボーナスマイルがもらえます。

  • 入会ボーナス:1,000マイル
  • 毎年の継続ボーナス:1,000マイル
  • 搭乗ボーナス:区間基本マイル10%アップ

その他、JMBモール経由のネットショッピングでは、還元率をアップさせることが可能です。

Amazonや楽天市場などの大手ネットショッピングサイトも参加しているので、賢く活用してマイルを貯めましょう。

特典・付帯サービス

最高1,000万円の海外・国内旅行保険が付帯されています。

カードを持っているだけで適用される自動付帯であるため便利です。

以下のような、割引特典もおすすめです。

  • 機内販売割引:JAL/JTA機内販売商品が10%割引
  • 国内空港店舗・ 空港免税店割引:国内空港店舗や空港免税店で割引
  • ホテルニッコー & JALシティの割引・特典
  • JALパック割引:国内・海外パッケージツアーが最大5%の割引
  • JALビジネスきっぷ:当日の予約・変更やマイルが貯まるサービス

JALの航空機を利用する機会の多い方は、空港の買い物がお得です。

旅行や出張時の予約には、各種割引特典をお得に活用しましょう。

カード決済ではなくフライトで貯めたい:JAL CLUB-A カード

国際ブランドVisa
Master
JCB
年会費初年度11,000円
2年目〜11,000円
還元率常時0.5%
最大1.0%

JAL CLUB-A カードは、JAL普通カードよりワンランク上のJALカードです。

JALの飛行機をよく利用する方は、効率的にマイルを貯められる特徴があります。

年会費は11,000円かかります。

家族カードは1枚につき年会費が3,850円かかります。

ETCカードは年会費無料ですが、発行手数料が1,100円かかるので注意してください。

ポイント還元率

通常の還元率は0.5%で、ポイントではなく直接マイルが貯まります。

入会・継続時や搭乗時に付与されるボーナスマイルは、JAL普通カードと比べると多いです。

  • 入会ボーナス:5,000マイル
  • 毎年の継続ボーナス:2,000マイル
  • 搭乗ボーナス:区間基本マイル25%アップ

搭乗ボーナスはJAL普通カードの2倍以上であり、飛行機に乗るほどマイルがザクザク貯まります。

より還元率を高めるなら、通常の還元率が1.0%にアップする「JALカードショッピングマイル・プレミアム」への入会がおすすめです。

年会費は3,300円かかりますが、特約店でも2%の還元率で買い物できます。

電子マネーWAONを搭載する場合には、オートチャージ設定が可能です。

カードからのチャージでもマイルが貯まります。

特典・付帯サービス

最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯されています。

カードで旅費を支払うことが条件の利用付帯とは違い、カードを持っているだけで適用される自動付帯であるため便利です。

本会員が旅先でケガや病気で入院する場合に、家族が駆けつける渡航費などを補償してくれる「救援者費用」も最高100万円まで補償されます。

その他、海外・国内の買い物に適用される年間最高100万円のショッピング保険も付帯されています。

以下のような、割引特典もおすすめです。

  • JALビジネスクラス・ チェックイン
  • 会員誌「アゴラ」の送付
  • JALオリジナルカレンダーの送付
  • 機内販売割引:JAL/JTA機内販売商品が10%割引
  • 国内空港店舗・ 空港免税店割引:国内空港店舗や空港免税店で割引
  • ホテルニッコー & JALシティの割引・特典
  • JALパック割引:国内・海外パッケージツアーが最大5%の割引
  • JALビジネスきっぷ:当日の予約・変更やマイルが貯まるサービス

JALビジネスクラス・ チェックインサービスでは、ビジネスクラス運賃のほか、エコノミークラス運賃や特典航空券でJAL国際線に搭乗の場合にも利用可能です。

混雑時にもスムーズにチェックインできます。

JALマイルが貯まる+特典も重視したい:JAL CLUB-A ゴールドカード

国際ブランドJCB
Visa
Mastercard
年会費初年度17,600円
2年目〜17,600円
還元率常時0.5%
最大2.0%

JAL CLUB-A ゴールドカードは、CLUB-Aカードにゴールドカードならではの特典を兼ね備えたカードです。

年会費は17,600円で、家族カードは1枚につき年会費が8,800円かかります。

ETCカードは無料で持つことができます。

JALマイルを貯めつつ、特典も有効活用したいという方にぴったりの1枚です。

ポイント還元率

ポイントの還元率は0.5%で、ポイントではなく直接マイルが貯まります。

ファミリーマートやイオンなどの特約店では、還元率が2倍です。

入会・継続時や搭乗時に付与されるボーナスマイルは、JAL CLUB-A カードと同様です。

  • 入会ボーナス:5,000マイル
  • 毎年の継続ボーナス:2,000マイル
  • 搭乗ボーナス:区間基本マイル25%アップ

通常年会費が3,300円かかる「JALカードショッピングマイル・プレミアム」は、JAL CLUB-A ゴールドカードなら年会費無料で自動入会が可能です。

ショッピングマイル・プレミアム入会後、特約店で買い物をすれば、通常の還元率の4倍のマイルが貯まります。

JALカード特約店は日本全国に多数あるので、普段の買い物でお得に活用しましょう。

特典・付帯サービス

最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯されています。

カードで旅費を支払うことが条件の利用付帯とは違い、カードを持っているだけで適用される自動付帯であるため便利です。

海外・国内の買い物に適用されるショッピング保険は、年間最高300万円まで付帯されています。

その他、以下のような保険も付帯されています。

  • JALカードゴルファー保険
  • 国内・海外航空機遅延保険

ゴルファー保険では、ゴルフプレー中(国内・海外)の最高1億円の賠償責任保険および最高300万円の傷害保険が自動付帯されています。

航空機遅延保険では、国内外の航空便利用時の出航遅延で生じた飲食費や乗継遅延等で生じた宿泊・飲食費などが補償されるので安心です。

特典サービスでは、JAL CLUB-A カードの特典に加えて、空港ラウンジサービスが付帯されています。

国内主要空港とハワイの一部の空港ラウンジが無料で利用可能です。

一般客は立ち入りできない会員専用ラウンジなので、搭乗までの時間をゆったり過ごせるでしょう。

JALの最高峰のカードを保有したい:JAL JCB プラチナカード

国際ブランドJCB
年会費初年度34,100円
2年目〜34,100円
還元率常時1.0%
最大2.0%

JAL JCB プラチナカードは、数あるJALカードの中でも最上位のステータスを持つカードです。

世界中の空港ラウンジサービスなど利用やプラチナステータスの豪華な特典が利用できます。

年会費は34,100円で、家族カードは1枚につき年会費が17,050円かかります。

ETCカードは無料で持つことができます。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は1.0%です。

搭乗や宿泊・ショッピングなどで貯めたマイルを、航空券や電子マネーなどの豊富な特典と交換できる「JALマイレージバンク」に登録されるので、自動でマイルが貯まります。

ファミリーマートやイオンなどの特約店では、還元率が2倍です。

入会・継続時や搭乗時に付与されるボーナスマイルは、JAL CLUB-A カードと同様です。

  • 入会ボーナス:5,000マイル
  • 毎年の継続ボーナス:2,000マイル
  • 搭乗ボーナス:区間基本マイル25%アップ

その他、JALグループ国内線・国際線航空券など、対象商品の購入で ショッピングマイルに加えて100円で2マイルのアドオンマイルが貯まります。

特典・付帯サービス

最高1億円の海外・国内旅行保険が付帯されています。

カードで旅費を支払うことが条件の利用付帯とは違い、カードを持っているだけで適用される自動付帯であるため便利です。

海外・国内の買い物に適用されるショッピング保険は、年間最高500万円まで付帯されています。

JAL CLUB-A カードと同様の特典に加え、プラチナカード限定の以下のサービスが利用可能です。

  • プライオリティパス:世界120以上の国や地域 1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料で利用可能
  • JCB Lounge 京都:京都駅ビル内の会員限定ラウンジが利用可能(同伴者は1名まで利用可能)
  • プラチナ・コンシェルジュデスク:24時間365日利用可能
  • JCBプレミアムステイ プラン
  • グルメ・ベネフィット:国内の有名レストランのコースメニューの1名分の料金が無料
  • ドクターダイレクト24(国内)

JCBプレミアムステイ プランでは、上質と人気の高いホテルと旅館が優待価格で利用可能です。

出張や旅行時に便利に活用しましょう。

JALカードの種類

JALが発行するクレジットカードには、どのような種類があるのでしょうか。

それぞれのグレードについて理解しておけば、カード選びの際に判断材料になるでしょう。

JALカードのグレードについて

JALカードは、大きく分けて以下の4種類に分けられます。

それぞれのサービス内容を見ていきましょう。

JAL普通カード

JAL普通カードは、JALカードの中では最もスタンダードなカードです。

初年度の年会費は無料であるなど、クレジットカード初心者でも持ちやすい特徴があります。

入会・継続時や搭乗時のボーナスマイルは、以下の通りです。

  • 入会ボーナス:1,000マイル
  • 毎年の継続ボーナス:1,000マイル
  • 搭乗ボーナス:区間基本マイル10%アップ

付与されるボーナスマイルは他のグレードのカードと比べると少なめです。

しかし、グレードが上がると年会費も高額になるため、飛行機をあまり利用しない方はJAL普通カードの方が良いでしょう。

海外・国内旅行保険は自動付帯ですが、最高1,000万円までの補償です。

最低限の付帯サービス・特典と言えるでしょう。

JAL CLUB-A カード

出張が多い方や、旅行好きの方は、ワンランク上のJAL CLUB-A カードがおすすめです。

年会費は11,000円かかりますが、入会・継続時や搭乗時のボーナスマイルの付与数がアップします。

  • 入会ボーナス:5,000マイル
  • 毎年の継続ボーナス:2,000マイル
  • 搭乗ボーナス:区間基本マイル25%アップ

JALの利用回数が多い方は、年会費分のもとが取れるでしょう。

海外・国内旅行保険も最高5,000万円に補償額がアップするなど、特典内容もJAL普通カードに比べると充実します。

JAL CLUB-A ゴールドカード

CLUB-Aカードにゴールドカードならではの特典が付帯されたカードです。

年会費は17,600円かかりますが、メインカードとして普段の買い物に使う場合はお得です。

なぜなら、通常年会費が3,300円かかる「JALカードショッピングマイル・プレミアム」は、JAL CLUB-A ゴールドカードなら年会費無料で自動入会されるためです。

イオンなどの特約店の買い物では、常に4倍の還元率で買い物が可能です。

海外・国内旅行保険も最高1億円という手厚い補償額なので、別途保険会社と契約する必要はありません。

マイルの還元率が高く、特典も豊富である1枚です。

JALプラチナカード

JALカードにはブラックカードなく、プラチナカードが最上位のステータスです。

JALプラチナカードは、JALカードの中で最も高いステータスを誇っています。

CLUB-Aゴールドカードの特典に加えて、プラチナカード限定の特典が付帯されている特徴があります。

その中でも、世界120以上の国や地域 1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティ・パスは、飛行機を利用する方にとって、大きなメリットがあります。

秘書のようなきめ細かなサービスが受けられるプラチナ・コンシェルジュサービスは24時間365日いつでも対応しています。

急な出張や旅先での緊急時にも、便利に活用できるでしょう。

プラチナだけの上質なサービスや特典を利用したい方におすすめの1枚です。

JALカードの対応電子マネーについて

JALカードは、下記の3種類の電子マネーに対応しています。

  • WAON
  • Suica
  • PASMO

流通系の電子マネーは、WAONの1種類のみです。

交通系の電子マネーは、SuicaとPASMOの2種類が利用できます。

WAONをチャージで利用するなら、別カードで「JMBカード」を作る必要があります。

発行手数料や年会費は無料です。

55歳以上の方向けには、JMB G.G WAONカードが用意されています。

PASMOオートチャージサービスの利用には、JALカードとは別にもう1枚、PASMO機能が搭載されたカードが必要です。

一方、Suicaに関しては、JALカードと一体型が選択可能です。

オートチャージも設定できるので、通勤に上記の電子マネーを利用している方は、便利に活用しましょう。

クレジットカード機能と合わせて、マイルが効率的に貯まります。

JALカードの選び方

JALカードを選ぶ際には、どのような点を比較すれば良いのでしょうか。

項目ごとに見ていきましょう。

電子マネーで選ぶ

普段利用する電子マネーがあれば、使える電子マネーによってカードを選ぶのがおすすめです。

普段のクレジットカード機能の買い物と合わせて効率的にマイルが貯まります。

WAON

先ほど紹介した電子マネーWAONへのチャージしてマイルが貯まる「JMB WAONカード」にチャージ可能なカードで選ぶ方法です。

利用可能なカードは、以下の通りです。

  • JAL・Mastercard
  • JAL・Visaカード
  • JAL・JCBカード
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ

国際ブランドにAMEXを選んでしまうと、JMB WAONカードはへのチャージはできません。

JMB WAONカードを使えば、カードへのチャージとWAONの支払いでマイルの2重取りが可能です。

現金チャージよりもお得に活用できるでしょう。

その他、JALカードとイオンの提携カードである「イオンJMBカード」を選ぶという方法もあります。

JMB WAONが一体型となっており、下記のイオンマークの共通特典が活用できるメリットがあります。

  • 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は、お買い物代金が5%割引
  • イオンシネマで映画鑑賞割引
  • 優待加盟店の利用でポイントがたまる

Suica

普段Suicaを使って通勤をする方には、「JALカードSuica」がおすすめです。

空のJALカードと陸のSuicaがひとつになり、貯まったマイルは飛行機にも電車にもバスにも使えます。

JALカードSuicaは、以下の3種類から選べます

  • JAL普通カード
  • CLUB-Aカード
  • CLUB-Aゴールドカード

クレジットカード機能と一体型なので、財布が膨らむ心配もありません。

ワンタッチで改札を通過でき、Suicaマークのある店舗で買い物が可能です。

オートチャージサービスも無料で設定できるので、毎回のチャージが面倒な方は便利に活用しましょう。

ただし、JALカードSuicaはSuica定期券の機能をつけることはできないので注意が必要です。

PASMO

首都圏の電車とバスを利用する機会が多い方や、普段PASMOを使っている方は、JALカードのPASMOオートチャージサービスの利用がおすすめです。

対象となるカードは、以下の2種類です。

  • JALカード TOKYU POINT ClubQ
  • JALカード OPクレジット

Suicaとは違い、カード一体型のものはありません。

PASMOオートチャージサービスの利用には、JALカードとは別にもう1枚、PASMO機能が搭載されたカードが必要です。

PASMO定期券でも利用可能です。

オートチャージ機能を使えば、以下のメリットがあります。

  • 残高不足のときに入金をする手間が省ける
  • チャージ金額に応じてマイルが貯まる
  • 現金の用意が不要

申し込みには、郵送で「PASMOオートチャージサービス申込書」を送付する必要があります。

フライトに乗る頻度で選ぶ

フライトに乗る頻度によって、カードを選ぶ方法です。

フライトメインでマイルを貯めたい方や、普段の買い物でマイルを貯めたい陸マイラーの方もいるでしょう。

マイルの貯め方によっても、おすすめできるカードは異なります。

なぜなら、カードによって搭乗の度に付与されるボーナスマイルに違いがあるからです。

フライトボーナスマイルとは

フライトボーナスマイルには、以下の3種類があります。

  • 入会搭乗ボーナス:入会後初めての搭乗時に付与(1回のみ)
  • 毎年初回搭乗ボーナス:入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時に付与
  • 搭乗ごとのボーナス:区間基本マイルにプラスして付与

家族カードの利用でもフライトボーナスマイルは付与されるので、家族みんなで協力してマイルが貯めましょう。

カードによって、もらえるボーナスマイルは異なります。

入会搭乗ボーナス毎年初回搭乗ボーナス搭乗ごとのボーナス
JAL普通カード1,000マイル1,000マイルフライトマイルの10%プラス
JALカード navi1,000マイル1,000マイルフライトマイルの10%プラス
CLUB-Aカード5,000マイル2,000マイルフライトマイルの25%プラス
CLUB-Aゴールドカード5,000マイル2,000マイルフライトマイルの25%プラス
JALダイナースカード5,000マイル2,000マイルフライトマイルの25%プラス
JAL JCB プラチナ5,000マイル2,000マイルフライトマイルの25%プラス

※国際ブランドにAMEXを選択した場合、一部例外があります。

ボーナスマイルの付与数だけを見れば、たくさんもらえるカードの方がお得であると感じるでしょう。

ただし、ボーナスマイルの付与数が多いカードはグレードが高く、年会費も高額なものが多いです。

フライトの頻度が少ないのにグレードの高いカードを選ぶと、年会費分損をしてしまう可能性があります。

年間1回~2回程度しか飛行機に乗らないという方は、JALカードもしくはJALカード naviを選ぶのが良いでしょう。

反対に、普段からJALの飛行機をよく利用する方であれば、グレードの高いボーナスマイルが多く付与されるものの方がお得です。

年会費の金額だけにとらわれず、費用対効果も含めて検討してください。

ツアーマイルプレミアムとは?

ツアーマイルプレミアムとは、カードの年会費とは別に2,200円を支払うことで、マイルの付与率をアップさせるサービスです。

対象割引運賃でJALグループ便に搭乗した場合、通常のフライトマイルにツアープレミアムボーナスマイルが加算され、合計で区間マイルの100%マイルが貯まります。

例えば通常のフライトマイルが70%だった場合、ツアープレミアムボーナスマイルが30%加算され、合計で区間マイルの100%が付与される仕組みです。

さらに、ツアープレミアムはパッケージツアーなどだけでなく、国内線の「先得」も対象となっています。

通常、フライトマイルの75%のみ加算されますが、ツアープレミアムボーナスマイルが25%加算されるため、合計で区間マイルの100%が付与されます。

いつも先得で予約するという方は、ツアープレミアムの登録をおすすめします。

ただし、以下のJALカードが発行していないJMB提携クレジットカードについては、ツアープレミアム対象外です。

  • TOKYU CARD ClubQ JMBカード
  • イオンJMBカード

より効率よくマイルを貯めたい方は、ツアーマイルプレミアムに登録しましょう。

JALカードに関するよくある質問

JALカードについて、よくある質問を解説していきます。
まだ疑問が残る方や、審査、解約時どうなるのかなど気になる方は、参考にしてください。

陸マイラーにおすすめのJALカードは?

JALマイルを貯めたい方で、JRや電子マネーSuicaをよく利用する方は、「JALカードSuica」が良いでしょう。

JALカードSuicaは、下記の3種類です。

  • JAL普通カード
  • CLUB-Aカード
  • CLUB-Aゴールドカード

普段の買い物はもちろんのこと、SuicaやモバイルSuicaへのチャージでもマイルが貯まります。

Suicaの利用時にもマイルは付与されるため、マイルの2重取りが可能です。

フライトの頻度の少ない方なら、最も年会費の安いJAL普通カードが良いでしょう。

JALカードの審査って厳しい?

JALカードの具体的な審査基準については、公式ホームページでも公開されていません。

カード会社の審査基準に従って審査されます。

一般的に、クレジットカードの審査で見られるポイントとしては、以下のようなものがあります。

  • 現在や過去の滞納状況
  • 返済能力の有無

クレジットカードは、カード会社が利用者の支払い分を一時的に建て替える仕組みです。

もし利用者に返済能力がなければ、カード会社は貸し倒れになってしまいます。

貸し倒れを防ぐため、年収や勤務先の状況、勤続年数などは返済能力を見るためにしっかりとチェックされます。

その他、過去に悪質な滞納がないかどうかも重要なポイントです。

もし現在滞納しているローンなどがある場合には、返済してから申し込むようにしましょう。

JALカード解約するとどうなる?

カードの有効期限月末までに退会が完了すると、次回年会費の請求はありません。

例えば、5月20日がカードの有効期限だった場合、5月末までに退会すれば翌年度の年会費はかからない仕組みです。

退会後の取り扱いは、マイルと提携カード会社のポイントで異なるため注意が必要です。

マイルに関しては、退会後もJALマイレージバンク会員として継続されるため、有効期限内のマイルは引き続き利用可能です。

提携カード会社のポイントについては、基本的に失効してしまいます。

退会前に全て使い切ってしまうようにしましょう。

なお、本会員のカードを解約した場合、家族カードやETCカードも自動的に解約されます。

まとめ:JALカードでJALマイルを効率的に貯めよう!

JALカードのおすすめを目的別に紹介しました。

カードによって特徴は異なりますが、JALマイルを貯めたい方にとっては、どれもお得に感じるでしょう。

JALカードを選ぶ際には、電子マネーで選ぶ、フライトに乗る頻度で選ぶなどの方法があります。

まずは自分が年間どのくらいJALの飛行機を利用するかを考えてから選ぶのが良いでしょう。

年会費だけではなく、ボーナスマイルの付与率や特典など、費用対効果も含めて検討するのがおすすめです。