株式投資

IPO投資は初心者でも簡単?利益を上げる方法とおすすめ証券会社を紹介!

株の中にはIPOと呼ばれるものがあります。
ですが、初心者の人がパッと聞いてもどういう意味なのかわからない方が多いでしょう。

IPOについて知ることで、大きな利益を得られる可能性があります。
この記事は、そんな可能性を秘めたIPOについてお伝えする内容です。

IPO株で投資を行う上でのメリットやデメリット、IPOでおすすめの証券会社まで紹介しますのでぜひ参考にしてください。

関連記事:【最新版】株式投資の始め方とは?株式投資のコツから注意点などについて徹底解説!

IPOとは「新規公開株」のこと

IPOとは「Initial Public Offering」の頭文字をとった言葉で、上場が決まっている未上場企業の株式を意味する言葉です。

別の言い方では「新規公開株」と呼ばれ、このIPOの株を取引することをIPO投資と呼びます。

IPOの株は上場前に売りに出され、その時点での値段(公募価格)は上場済みの企業と比べると安めです。
しかし、上場した時に付く値段(初値)は公募価格を上回るケースが多く、このタイミングでIPOの株を売りに出せば簡単に利益を出せる点が魅力といえます。

そのため、IPOの株は投資家の間では人気の銘柄となっており、抽選に申し込んで当選しないと購入できません

IPOの価格を決める方式

IPOの株は、売りに出される前に公募価格を設定されます。

この価格の決め方は「ブックビルディング方式」と「入札方式」の2つです。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

ブックビルディング方式

ブックビルディング方式は、投資家の反応からどれほど需要のある株なのかを見定めて価格を決める方式です。

上場が決まった会社の株については、まず証券会社が機関投資家などの意見を参考に仮の価格を設定します。
その価格を見て、投資家達は「いくらなら買う」という自分なりの条件を伝えて抽選(ブックビルディング)に参加し、最も希望が多かった金額が公募価格になる仕組みです。

ブックビルディング方式の例

「1,000~1,500円」の仮価格を設定された株に、投資家が購入条件を伝えます。

  • Aさん:1,200円
  • Bさん:1,400円
  • Cさん:1,400円
  • Dさん:1,500円

→公募価格は最も多かった1,400円に設定されます。

ブックビルディング方式は最初に条件を設定することで極端な価格の上昇が起こりにくいです。
また、抽選を通して多くの投資家の意見を取り入れることで均衡のとれた価格を設定でき、結果的に上場後の株価の推移も安定するメリットがあります。

入札方式

入札方式はその名の通り、投資家が希望価格を入札した結果によって価格を決める方式です。

そのIPOに対する投資家の需要がわかりやすく、企業にとっては取引条件が有利になるのがメリットと言えます。
しかし、上場後に株価が激しく急落しやすいデメリットもあるため、現在IPOの抽選ではブックビルディング方式の方がメインで使われる方式です。

IPOの当選確率は?

IPOの抽選にどれくらいの確率で当たるのかは定かではありません

様々な証券会社がIPOの抽選を行っていますが、証券会社の間でも企業から割り当てられたIPOの数が異なるため、当選数も変わってきます。

その上、各証券会社によってどの投資家を当選させるかの裁量も千差万別です。
投資家のステータスによって当選のしやすさも変わっていくといえます。

例えばSMBC日興証券は、預かり資産額に応じて当選確率が上昇する仕組みです。
1,000万円で5票、3,000万円で15票、5,000万円で25票の抽選票数を獲得できます。

当選確率を上げる方法

IPOの当選確率を上げるために、手っ取り早いのはやはり抽選回数を増やすことです。
複数の証券会社から申し込んで、当選できる枠を増やしましょう。

中にはマネックス証券や楽天証券など、機械的に抽選を行うことですべての投資家の当選確率が平等であることを謳うネット証券もあります。
こうした証券会社から応募するのも一つの手です。

関連記事:IPOの当選確率を上げる方法は?証券会社の選び方や申し込み方法を紹介!

IPOのメリット3つ

IPOを取引するメリットには、具体的にどんなことが挙げられるでしょうか。

考えられる3つのメリットをお伝えします。

①短期間で利益を上げられる

IPOの取引は初値がついた瞬間の売却を狙うため、利益を上げるまでにそこまで時間は要さないといえます。
普通の株取引だと、株価が上がることを見越して株を購入しても実際にいつ上がるのかは誰にもわかりません。

しかし、IPOには取引のスケジュールが設定されているため、いつ上場して初値がつくかの見通しを立てることが可能です。
短期間で利益を高確率で上げられるからこそ、IPO投資は人気を集めています。

②損失リスクが小さめ

普通の株取引だと、相場の変動や株式会社の経営状況次第で株価が下がり、損失を被る可能性があります。

もちろん、IPOもそうしたリスクはゼロではありません。
しかし、IPOにつく値段にはある意味上場を祝う側面もあるため、よほどのことがない限りは損失リスクも小さく済むでしょう。

また、初値が思ったほど上がらなくともその後上昇する可能性もあります。
IPOを選ぶ上では、長期的な目線も備えていると吉です。

③購入時の手数料が無料

通常、株取引の際には取引した金額に応じて手数料が発生します。
しかしIPOの購入には手数料がかかりません

IPO購入のためのブックビルディングへの参加、ならびに購入時の手数料はどの証券会社でも無料に設定されています。
ですが、売却時には手数料がかかる場合がありますので確認しておきましょう。

IPOのデメリット3つ

ここまでIPOのメリットをお伝えしましたが、デメリットはあるのでしょうか。

IPOを購入する前に考えておきたいデメリットについても紹介していきます。

①当選確率が低い

上述の内容で既に触れましたが、IPOはブックビルディングに当選しないと購入できません

昨今はIPO投資への注目度も高まっており、定員割れで購入できるケースはほぼ無くなったといえる状態です。
決められた枠数に対して申し込む人数が多ければ多いほど、当選確率が下がるのは自然なことといえます。

当選確率を上げたい人は、複数の証券会社から申し込むなどの対策を行いましょう。

②初値が公募価格を下回る可能性がある

IPOの取引は、公募価格で購入した時よりも高くなった初値で売却して利益を出すことが一番の持ち味といえます。
しかし、そうした値動きは100%保証されるものではありません

確かに、IPOを初値で売って利益を上げられる確率は高いです。
2020年度はすべてのIPOのうち、74%が公募価格を上回りました。
2019年度は85%と、こうした数字を見ればIPOが利益を上げる確率が高いといえるでしょう。
※参考:やさしいIPO株のはじめ方

それでもあくまで確率は確率なので、公募価格を超えなかったIPOも現に存在しています。
初値が公募価格を下回るIPOもあることは頭に入れておきましょう。

③購入を辞退できない場合がある

もし本当に公募価格を下回るIPOに当選してしまったら、購入をキャンセルしたくなることでしょう。

ですが、証券会社によっては当選後の辞退はできない場合もあります
こうなってしまうと、お金が足りなくて辞退するということもできません。

抽選の申し込み先となる証券会社の規約は確認しておきましょう。

IPOを購入する手順

IPOの意味や抽選について理解したことで、実際に始めたくなる人もいると思います。

ではIPOの株を購入して売却するまでは、どのような手順となっているのでしょうか。

その流れを紹介していきます。

①証券会社で口座を作る

まずは証券会社で口座を作成しましょう。
注意したいのは、証券会社によってはIPOの取扱がないところがあるので事前に取扱の有無は確認しておきましょう。

主要なネット証券10社のIPO取扱について表にまとめましたのでご参考ください。

証券会社名IPO実績
(最新年)
SBI証券
85社
楽天証券
38社
LINE証券×
3社
auカブコム証券
19社
松井証券
18社
岡三オンライン証券
45社
DMM株×
5社
SMBC日興証券×
6社
GMOクリック証券×
2社
マネックス証券
55社

また、口座を開設したら参加するIPOの公募価格×100株分のお金を入れておくのが望ましいです。
申し込んだIPOを実際に購入できるだけの入金がないと、抽選に参加できないと言われています。

例えば、公募価格2,000円のIPOに申し込む場合だと2,000円×100株で20万円の入金が必要です。
この点は注意しておきましょう。

②IPOのスケジュールや企業情報を確認する

各証券会社には、IPOに出される企業の情報や売買のスケジュールが公開されています。
こちらを参考にして、どのIPOの抽選に参加するか決めましょう

ブックビルディング方式の場合、抽選期間中に参加を申し込めば抽選権利を獲得できます。
期間を過ぎないように注意しておきましょう。

③ブックビルディングに参加する

ブックビルディングの申し込み期間中に参加手続きを済ませておけば、抽選に参加できます。

参加のためには、購入を希望するIPOの目論見書の確認が必要です。
目論見書にはIPOに申し込む人向けに、企業の業績や目標、株主構成など企業の情報が記載されております。

この目論見書を読んだ後は、1分ほどの手順で申し込み完了です。

④抽選結果を確認する

ブックビルディングの結果が出たら、いち早く確認しましょう。
抽選結果は、申し込み期間が終了して各種条件が確定した翌日には確認できます。

発表の方法は証券会社によって異なり、メールで通知する場合もあれば自分で証券会社のHP内を確認する場合もあるため、こちらも事前に確認しましょう。

⑤購入を申し込む

めでたくIPOに当選しても、そのまますぐに購入というわけではありません。
購入するかしないかの意思表示を行う必要があります。

もし申し込み時と事情が変わって購入を止めたくなった場合は、このタイミングで購入を止めることが可能です。
こちらの選択には期限が設けられていますので注意しておきましょう。

また、IPOの当選もしくは補欠当選した権利は譲渡できません
必ずご自身で購入するかしないかを決めましょう。

⑥初値がついたら売却する

IPOの投資で一番の注目ポイントは、初値が決まる瞬間といえます。
IPOは公募価格よりも初値の方が高いことが多いため、初値が決まった瞬間に売却すれば利益を上げるのは簡単です。

IPO株を手に入れたら、成行注文を出しておきましょう。
成行注文なら値段が付いた瞬間に売りに出せるので、初値がついた瞬間の売却が可能です。

もちろん、そのままIPO株を持ち続けて初値以上の上昇を狙ってもいいでしょう。
ですが株価が上がる保証はないため、初値で売り抜いた方がリスクは少ないといえます。

IPOにおすすめの証券会社3つ

IPOの取引はどこの証券会社でも行えるわけではなく、IPOの取扱がある証券会社でなければいけません。

その中でも、特におすすめの証券会社を3つ紹介します。

マネックス証券

マネックス証券

出典:マネックス証券

IPO実績55社(2020年)/48社(2019年)/59社(2018年)
IPOに関する
キャンペーン
なし

マネックス証券のIPOは完全平等抽選となっています。
IPOの抽選には投資家のステータスも関わってくると言われていますが、マネックス証券では個々人の差を排して無作為に抽選を行う仕組みです。

IPOを買えるチャンスが誰しも平等なのは、初心者にもいきなりIPOを買えるチャンスがあるとも言えます。

それ以外に米国株も豊富に取り扱っており、米国株を今後扱いたい気持ちがあるならマネックス証券で口座開設しておくといいでしょう。

SBI証券

SBI証券

出典:SBI証券

IPO実績85社(2020年)/85社(2019年)/86社(2018年)
IPOに関する
キャンペーン
・友達紹介でIPOチャレンジポイント1カ月最大100Ptプレゼント
・総合口座の新規開設でIPOチャレンジポイント10ptプレゼント

SBI証券のIPOは、IPOチャレンジポイントによる他の証券会社にはない独自の施策が設けられています。

IPOチャレンジポイントとは、使用することでIPOの当選確率が高くなるSBI証券独自のポイントサービスです。
ポイントを使用して抽選に外れても1ポイント増えて返ってくるため、抽選申込時には欠かさず使うようにしましょう。

また、SBI証券のキャンペーンでもIPOチャレンジポイントは獲得できます

家族や友達にSBI証券を紹介して、1人口座開設するごとにIPOチャレンジポイントが獲得可能です。
1カ月の内に5人開設すれば、最大で100ポイント獲得できます。

また、総合口座の新規開設でもIPOチャレンジポイントは10ポイント手に入りますので、こちらも見逃さないようにしましょう。

楽天証券

楽天証券

出典:楽天証券

IPO実績38社(2020年)/26社(2019年)/11社(2018年)
IPOに関する
キャンペーン
なし

楽天証券も、IPOの当選確率が平等であることを謳っています。
また、IPOの取扱数も年々増加傾向にあり、今後IPOの取引が更に勢い付くことが予想される証券会社といえるでしょう。

更に、楽天証券はIPOの抽選倍率を公表しています。
他の証券会社では抽選倍率が明らかにされない場合が多く、ユーザー目線での運営姿勢は好印象です。

楽天証券は今後IPOでの存在感を強めていくことが予想されます。
注目しておきましょう。

まとめ

今回は、初心者の方向けにIPO取引の仕組みや利点について解説しました。

IPOが人気の理由は、チャンスは限られるものの利益を上げられる可能性が高いことです。
初心者の方でも、平等抽選の証券会社なら十分に参入できる取引といえます。

なかなか抽選に当たらないこともあると思いますが、複数の証券会社の口座を持つなど確率を上げる努力は欠かさないようにしましょう。
興味を持たれましたら、せひチャレンジしてください。