株式投資

idecoのおすすめをチェック!証券会社から商品までしっかり解説。

『idecoについて今更誰にも聞けない…』『idecoのおすすめの商品が知りたい…』

この記事はこれからidecoを始めたい人に向けて、メリットやおすすめの証券会社・商品をご紹介していきます。

そもそもidecoってなんなの?という人でも、理解できるようにわかりやすくまとめているので、ぜひ最後までご覧ください。

idecoとは?

idecoとは、「個人型確定拠出年金」と言われる年金制度のこと。

国民年金と違って、こちらは自分で掛金を決めて運用することで老後の受取額が変動する手作り年金です。

大手の大企業に勤めているならともかく、フリーランスや公務員の人は、残念ながら「老後は安泰」といえるほどの年金を受け取ることはできません。

そこで2017年1月に政府は、公的年金の他に自分で老後のためのお金を備えやすくするような法改正を行いました。

要するに、国から「idecoを活用して年金増やしてください」という制度改革が起こったワケです。

2017年以降idecoの注目はかなり高まっていて、20~60代まで世代に関わらず利用者は年々増え続ける一方です。

idecoのメリット

資産運用には、株式投資や不動産投資・投資信託などさまざまな種類があります。

その中から、idecoで資産運用を行うメリットを3つ紹介します。

メリットを理解した上で、おすすめの証券会社や商品をチェックしていきましょう。

税制優遇される

idecoは、掛金が全額所得控除されます。

国税庁が定める『小規模企業共済等掛金控除の対象となる掛金』に該当するため、控除対象になるんですよね。

その結果、課税所得が減り当年分の所得税と翌年分の住民税が軽減されます。

老後の年金を増やすだけでなく、節税対策にもidecoは効果的です。

運用益にかかる税金も0

通常資産運用をすると、利益や利息には20.315%の税金がかかりますが、idecoは一切かかりません

そのためお金が貯まりやすく、資産を増やすのにうってつけなんです。

低コストで始められる

iDeCoの掛金は、月5,000円から設定できます。

他の資産運用に比べて、かなり少額から資産運用を始めることができるんですね。

現在の生活を圧迫しない金額に設定して積み立てを始めることができます。

idecoのおすすめ証券会社の選定基準

当記事では、idecoのおすすめ証券会社を紹介するにあたって、2つの基準で会社を選定しました。

銘柄数の多さ

高い成長性が期待できる銘柄を、多数取り扱っている証券会社はおすすめ。

「銘柄が多いと選ぶのに時間がかかるから面倒」という意見もあります。

しかし銘柄少ない証券会社だと、選択肢が限られて投資したい商品が見つからない事態に陥る可能性があるんです。

確かに最初は大変かもしれませんが、慣れてくるとより自由度の高い運用ができるようになるので、銘柄数は多いに越したことはありません。

長い目でみると、銘柄数の多い証券会社を選ぶのがおすすめですよ。

手数料が安い

手数料の安さは、証券会社選びのもっとも重要なポイントです。

idecoは、口座の運用に手数料がかかります。

  • 加入時・移動手数料
  • 口座管理手数料
  • 給付事務手数料
  • 還付事務手数料
  • 信託報酬

この中で特に注目したいのが、口座管理手数料です。

口座管理手数料が安い会社を選んで、余計な出費を抑えましょう。

idecoのおすすめ証券会社3つ

idecoのおすすめ証券会社は、3つ。

それぞれの会社で取り扱っている銘柄や手数料に違いがあるので、しっかりチェックしましょう。

SBI証券

SBI証券

出典:SBI証券

ideco銘柄数30銘柄以上
主要銘柄・eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
・SBI-SBI・全世界株式インデックス・ファンド (愛称:雪だるま(全世界株式))
・ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
初期手数料2,829円
口座管理手数料171円(収納1回あたり105円、月額66円)
取引ツールiDeCo向けスマートフォンサイト
キャンペーン実績・2,000名さまに期間固定Tポイント300ptが当たる
・【目指せ!株主デビュー】口座開設&クイズに答えて最大2,000円プレゼント!
・最大30万円相当の豪華カタログギフトプレゼント祭り等

SBI証券は、主要なネット証券会社の中でNo.1の口座開設数を誇ります。
※SBI証券調べ:口座開設数上位5社(SBI証券、auカブコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)を比較

銘柄数はトップクラスで、口座管理手数料はidecoを扱う証券会社の中で最安値です。

Tポイントが貯まるなど嬉しい特典もあるので、はじめて証券口座を作る人にSBI証券はおすすめですよ。

SBI証券の
公式ページはこちら

楽天証券

楽天証券

出典:楽天証券

ideco銘柄数30銘柄以上
主要銘柄・三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
・たわらノーロード先進国債券
・セゾン資産形成の達人ファンド
初期手数料2,829円
口座管理手数料171円(収納1回あたり105円、月額66円)
取引ツール楽天証券 iDeCo専用スマホサイト
キャンペーン実績・【国内株式】最大2,000ポイントが当たる!現物取引ボーナスキャンペーン
・楽天銀行口座開設+自動入出金設定で1,000円プレゼント
・マーケットスピード II RSSリリース記念!RSS利用でもれなく200ポイントプレゼント!等

楽天証券は、2020年度の新規口座開設数がNo.1の証券会社です。
※楽天証券調べ:口座開設数上位5社(SBI証券、auカブコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)を比較

楽天証券は、手数料の安さに加えて充実したサポート体制が整っています。

idecoセミナーへの無料参加や冊子のプレゼントなど、初心者でも安心して始められるよう、しっかりサポートしてくれます。

楽天ポイントも貯まるので、『よく楽天で買い物をする』『楽天銀行の口座をすでに持ってる』という人に楽天証券はおすすめです。

楽天証券の
公式ページはこちら

松井証券

松井証券

出典:松井証券

ideco銘柄数30銘柄以上
主要銘柄・One DC 国内株式インデックスファンド
・eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
・ひふみ年金
初期手数料2,829円
口座管理手数料171円(収納1回あたり105円、月額66円)
取引ツール松井証券の投資信託お客様サイト
キャンペーン実績

・ご家族ご友人紹介プログラム 等

松井証券は、創業100年以上の歴史を持つ老舗証券会社。

idecoを利用するのは、老後の資産形成が目的の人が多いため、結果的に長期的に積み立てていく必要があります。

歴史と実績のある松井証券なら、安心して長期積み立てができますよ。

松井証券の
公式ページはこちら

idecoには2つのタイプがある

idecoの商品には、2つのタイプがあります。

  • 元本確保型
  • 元本変動型

購入する前にその違いを理解していないと、思っている資産運用ができない可能性があるんです。

元本確保型

元本確保型は、積み立てたお金が減らない安全な商品です。

定期預金や保険商品が該当します。

満期まで積み立てれば、元本全額と利息がもらえる仕組みです。

idecoの商品の多くは、こちらに当てはまります。

元本変動型

元本変動型は、成績によって積み立てたお金が増えたり減ったりする商品です。

投資信託の商品が該当します。

元本割れのリスクがある分、満期にもらえるリターンが期待できます。

リスク商品と言われているので、初心者にはあまりおすすめできません。

idecoで選べるおすすめ商品を紹介!

銘柄数が多いとそれだけ選択肢が多くなります。

そこでここからは、当サイトがおすすめする商品を紹介します。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

出典:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は、国内や先進国、新興国の株式・債券・不動産に均等に投資する商品です。

1つの商品を購入するだけで均等に分散投資してくれるので、運用が非常に簡単。

初心者にとってもおすすめの商品です。

セゾン資産形成の達人ファンド

セゾン資産形成の達人ファンド

出典:セゾン資産形成の達人ファンド

セゾン資産形成の達人ファンドを購入すると、世界各国の株式に分散投資ができます。

資産運用のプロであるファンドマネージャーが代わりに投資をしてくれるので、余計な手間がかかりません。

株式に有望な投資先がなかった場合は、債券に投資先を変更するなど柔軟な動きをするのも特徴です。

リスクを抑えながらしっかりとリターンが狙える点が、おすすめポイントですよ。

ひふみ年金

ひふみ年金

出典:ひふみ年金

ひふみ年金は、国内の成長企業に投資する商品です。

運用成績が高く、また公式サイトではファンドマネージャーのインタビュー記事が公開されているといった透明性もあり、安心感のある商品になっています。

資金を増やしつつ日本の企業を応援したい人に、ひふみ年金はおすすめです。

idecoの注意点

idecoを購入する前に注意しなくてはいけないのは、原則60歳まで途中で引き落とすことができない点です。

定期預金のように途中で解約して資金を回収することはできません。

そのため予想外の大きな出費がでた際に、idecoから捻出するといったことができないワケです。

そうした予想外の事態も加味しながら資産形成に取り組んでください。

また職種によって、月々に投資できる上限額が違ったりします。

  • 会社員・公務員:月2万3,000円
  • 企業年金がある会社員:月2万円
  • 自営業:6万8,000円

ご自身の職種によっては、投資額として物足りなさを感じてしまう人もいるでしょう。

その場合は他の投資についてもチェックしてみてくださいね。

関連記事①:インデックス投資は初心者におすすめ!利益を生み出す仕組みやコツを解説

関連記事②:つみたてNISAでおすすめの証券会社はどれ?おすすめ口座6つと銘柄5つを紹介!

idecoまとめ

idecoのメリットやおすすめの証券会社・商品を紹介してきました。

人生100年時代と言われる昨今、今のうちから老後の資金形成をしていないと大変な目にあうかもしれません。

idecoは、老後の資産形成だけでなく税制優遇のメリットもあるので、お金が貯まりやすいんですよね。

初心者の方でも、今回ご紹介した証券会社や商品を選べば低リスクでidecoを始められます。

ぜひ資産運用を検討してみてください。