FX

【FX初心者必見】FXの空売りとは?メリットやデメリットを徹底紹介

  • 「FXの空売りって売りと同じ?」
  • 「空売りは、FX初心者にもおすすめなの?」

そんなFXの「空売り」に関して、多くのFX初心者は疑問を持っているでしょう。

結論から言うと、FXをする上で「空売り」は、非常に重要な取引手法になり、今回は下記8つの内容について紹介します。

  • FXの空売りとは?
  • FXで空売りするメリット
  • FXで空売りするデメリット
  • FXの空売りで失敗しないためのポイント
  • FXで空売りする際の注意点
  • 空売りする際のFX会社の選び方
  •  空売りにおすすめFX会社5選!
  • FX空売りに関するQ&A

本記事を読むことで、FXの空売りの重要性や注意点を知ることができ、効率よく取引を開始できるでしょう。

空売りする際のFX会社やおすすめ口座も紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。

FXの空売りとは?

まずは、FXの空売りの概要を把握しましょう。

  • そもそも「空売り」とは?
  • FXと株の空売りの違い

FXの空売りに関する大まかな内容を把握するだけでも、取引する際の不安は解消されるでしょう。

ここからは、空売りの概要について分かりやすく、噛み砕いて紹介します。

そもそも「空売り」とは?

FXの空売りとは、所有していない通貨を買うことを前提に、売ることを言います。

FXは直接現金の授受を行わず売買することで、得た利益を受け取る差金決済が主流です。

そのため、所有していない通貨を売ることが可能であり、FXでは「空売り」と言う取引が用いられます。

FXの「空売り」は、「ショート」や「売りから入る」などと呼ばれることも。

このように空売りは、差金決済と言う取引方法によって、所有していない通貨を売ることが可能なのです。

FXと株の空売りの違い

空売りは、「FX」だけでなく「株」でも取引されている手法の一つになります。

しかし、投資スタイルの異なる両者には、いくつかの違いがあります。

「FX」と「株」の空売りの違い
  • 株は「貸株料」と呼ばれる手数料が発生する
  • 株は空売りする際の審査が厳しい

このようにFXの空売りは、株と比較すると費用や手間がかからない点があげられます。

FXで空売りするメリット

FXで空売りするメリットは3つあります。

  • 下げ相場でも利益を出せる
  • 無駄なコストを抑えることができる
  • 誰でも手軽に空売りできる

このようにFXの空売りは、FX初心者でも取引できる方法と言えます。

ここからは、具体的にそれぞれのメリットを確認しましょう。

下げ相場でも利益を出せる

FXの空売りは、相場が下がっていても利益を出すことが可能です。

FXに限らず多くの投資では、株価が上がったり相場が上がったりすることで、お金を稼げる認識を持っている方が多いでしょう。

しかしFXの空売りは、下げ相場になることで利益が発生します。

空売り手法を押さえるだけで、利益のチャンスは2倍であり、どんな相場にも柔軟に対応できるのです。

また一般的に下げ相場は、上げ相場と比較すると下落スピードが少し早い傾向にあります。

そのため、空売りで稼ぐプロトレーダーも少なくありません。

このようにFXの空売りは、下げ相場でも十分に利益を出せるメリットがあります。

もちろん空売りで相場が上昇すれば、損失が発生するので注意してください。

無駄なコストを抑えることができる

FXの空売りは、無駄なコストを抑えることができます

なぜなら、基本的にFXの空売りは手数料が発生しないからです。

先ほども紹介した通り、他の投資における空売りは、貸株料などの手数料があり、コストがかかってしまいます。

しかし、FXは差金決済のおかげで、わざわざ通貨を借りず取引可能であり、手数料なく無駄なコストを抑えられるのです。

このようにFXの空売りは、効率よく利益を得られるメリットがあります。

ただFXでは、スプレッドなどの取引コストがかかるため、注意が必要です。

スプレッドとは?

1回の取引あたりにかかるコストであり、買値と売値の差のこと。

スプレッドが狭いほど低コストな一方で、スプレッドが広いほど高コストである。

誰でも手軽に空売りできる

FXの空売りは、誰でも手軽に利用できる取引方法になります。

なぜなら空売りには、取引するための審査がないからです。

もちろんFXを取引するためには、口座を開設するために審査する時間や手間があります。

しかし、口座開設後は空売りをするために、わざわざ審査が必要なんてことは、一切ありません。

例えば、先ほども紹介した通り、株の空売りは信用情報を把握するために、審査があり手間がかかります。

このようにFXの空売りであれば、誰でも手軽に取引できるメリットがあるのです。

FXで空売りするデメリット

一方で、FXの空売りには取引する上で、デメリットもあります。

  • 利益が発生するイメージがしにくい
  • 値動きが大きい
  • マイナスのスワップポイントが発生することも

このようにFXの空売りは、仕組みや概要の理解が乏しければ、損失を招きやすいです。

空売り取引ができるようになるために、デメリットも把握しましょう。

利益が発生するイメージがしにくい

FXの空売りは、利益の出し方がイメージしにくいデメリットがあります。

当然多くのFX未経験者は、「持ってない通貨を売る」と伝えても、理解できる人はほぼいないでしょう。

なぜならリアルの日常生活では、「持っていないものを売る行為」は、あり得ないことだからです。

FXの世界では、後に通貨を買うことが前提であれば、持っていない通貨を売ることが可能であり、むしろ当然の仕組みのこと。

この仕組みの理解が乏しい原因で、そもそも空売りに抵抗を感じている方が多いと言われています。

このように、最初は空売りの利益の出し方や仕組みが理解しづらいデメリットがあります。

逆に言うと、空売りのイメージを理解できれば、問題なく取引できるということなのです。

FXの空売りをよりイメージするためにも、知識だけ吸収するのではなく、実際に少額で取引することをおすすめします。

値動きが大きい

下げ相場は、上げ相場と比較すると値動きが激しい傾向です。

当然値動きが激しければ、その分利益を出しやすいメリットがあります。

しかし、一方でポジションを持つタイミングが掴みにくい特徴も。

もし下げ相場の値動きに遅れてしまうと、大きな利益を見込めない可能性もあります。

このように空売りは、値動きが激しいからこそ、決済やポジションを持つタイミングが難しいデメリットがあるのです。

マイナスのスワップポイントが発生することも

FXの空売りは、マイナスのスワップポイントが発生することもあります。

そもそもマイナススワップポイントとは?

マイナススワップポイントとは、2つの通貨の金利差から発生する損失のこと。

スワップポイントは、ショートで取引する場合、マイナスになる可能性が高いと言われています。

特に、日本円を含む通貨でのショートには注意が必要です。

FXの空売りで失敗しないためのポイント

FXの空売りで、失敗しないためのポイントは、3つあります。

  • 少額から取引を開始する
  • トレードのルールを作る
  • 相場に関する情報を常に収集する

効率よく空売りで取引するためには、テクニックを押さえることが必須です。

ここからは、具体的にそれぞれのポイントを開設します。

少額から取引を開始する

空売りを失敗しないためには、少額から取引を開始した方がいいでしょう。

少額での取引は、失敗したときでも損失が少ないです。

そのためトレード初心者の方でも、安心してFXを始められます。

FXは心理的な余裕があることで、感情的にならず、正確な取引ができる可能性が高いです。

このように空売りを失敗しないために、少額から取引を開始しましょう。

トレードのルールを作る

空売りをする際は、トレードのルールを作ることをおすすめします。

トレードルールとは、自分が決めたFXで取引するルールのこと

人によっては、FXで継続的に利益を得るためには「トレードルールを作ることが大切」と、聞いたことがあるでしょう。

結論から言うと、トレードルールを作ることは非常に重要であり、成功するために欠かせないことです。

しかし多くのトレーダーは、作ったルールを守らずにトレードしてしまうため、失敗してしまいます。

ですので空売り取引では、トレードのルールを作り、守ることを意識しましょう。

FX初心者が破ってしまいがちなトレードルール3選
  • 損切りラインを超えてもホールドし続ける
  • 時間を決めずにトレードする
  • 利確ラインを超えても決済しない

相場に関する情報を常に収集する

空売り取引で失敗しないためには、相場に関する情報を収集することが大切です。

FXは単に、チャートを見ているだけでは、確実性を持って取引することが難しいです。

そもそも為替は、国際情勢や経済状況などのさまざまな要因があって変動します。

そのため相場に関する情報を把握することが、論理的に取引する方法になるのです。

相場の情報を集める方法は、3つあります。

FXの相場に関する情報を収集する方法
  • ロイターなどのニュースサイトを確認する。
  • プロトレーダーのSNSを確認する。
  • FX会社のニュースを確認する。

FXで空売りする際の注意点

FXで空売りする際の注意点は、3つあります。

  • レバレッジをかけすぎない
  • ギャンブル感覚で取引しない
  • 損切りは必ず行う

上記の注意点を守らなければ、空売りの取引で大きな損失を招く可能性もあるでしょう。

ここからは、具体的にそれぞれの注意点を確認しましょう。

レバレッジをかけすぎない

空売りする際は、レバレッジのかけすぎに注意してください

そもそもレバレッジとは

レバレッジとは、必要証拠金の何倍もの金額で取引できる「テコ」のような仕組みのこと。

例えば国内FXでは10倍、25倍のようにレバレッジをかけることができます。

このようにレバレッジを活用し、上手く取引できれば十分な利益を得られます。

しかし、もしレバレッジをかけて取引に失敗すれば、大きな損失を招いてしまうでしょう。

実際に、FXを辞めてしまう大きな原因は、レバレッジをかけすぎた取引の失敗と言われています。

そのため、レバレッジをかけて空売りする際は、リスクがあることも理解しておくべきです。

ギャンブル感覚で取引しない

FXの空売りは、ギャンブル感覚で取引するべきではありません

なぜなら、空売りは運や単なる賭け事ではないからです。

先ほども紹介した通り、空売りではレートが変動する原因があります。

そのためギャンブル感覚で取引しても、勝率は50%です。

結果的に取引の失敗が連続し、資金がなくなってもおかしくないでしょう。

空売りで、根拠を持った取引をするためにも、情報収集したり、取引経験を積んだりすることが大切です。

損切りは必ず行う

空売りの取引であっても、損切りせずして成功することはありません

損切りは損失が確定する手法なので、抵抗を感じて当然のこと。

しかし、損切りしなければ損失がさらに大きくなる可能性は十分にあります。

そのため空売りでは、「損切り」を受け入れることが非常に大切です。

損切りのタイミングは、明確にないので、積んできたトレードの経験に基づいて決めることをおすすめします。

空売りする際のFX会社の選び方

空売りする際のFX会社の選びは、3つあります。

  • スプレッドの狭さ
  • チャートの見やすさ
  • スワップポイントの高さ

このようにFX会社は、それぞれの特徴や強みを把握し、口座を開設すべきなのです。

ここからは、具体的にそれぞれの選び方について紹介します。

スプレッドの狭さ

まずスプレッドの狭さを基準に、会社選びしてみるといいでしょう。

先ほども紹介した通り、スプレッドは買値と売値の差のことであり、取引する毎に発生する実質的な手数料になります。

特にFXの空売りは、取引することで利益獲得を目指す手法です。

そのためスプレッドの狭さを押さえておくことは、非常に重要になります。

スプレッド基準でFX会社選びするなら、下記3つがおすすめです。

スプレッドが狭いFX会社
  • GMOクリック証券:米ドル/円(USD/JPY)0.2銭
  • 外貨ex by GMO:米ドル/円(USD/JPY)0.2銭
  • SBI FX:米ドル/円(USD/JPY)0.09銭

チャートの見やすさ

空売りするためにFX会社を選ぶ際は、チャートの見やすさを基準にするといいでしょう。

チャートの画面は、利用するFX会社によって異なります。

当然空売りの取引は、値動きの傾向を読み取ることが重要です。

そのため、もしチャートが見にくかったり、読み取りづらかったりする場合、取引に対して大きな影響を与えてしまいます

ex)チャートの見やすさ
  • すぐに注文、決済できるか
  • さまざまなツールを提供している
  • PCだけでなく、スマートフォンも対応している

具体的にチャートの見やすさを把握したい方は、 FX会社のHPで確認するのがいいでしょう。

スワップポイントの高さ

FX会社のスワップポイントの高さを確認し、口座選びするのもいいでしょう。

スワップポイントの高さは、FX会社によって異なります。

特に空売りで取引する場合、スワップポイントが毎日の小さな損失を招く可能性が高いです。

そのため、口座を開設する前に、利用するFX会社のスワップポイントを確認することをおすすめします。

スワップポイントの高さは、下記のように異なります。

FX会社の売りスワップポイント
  • GMOクリック証券:米ドル/円(USD/JPY)-8円
  • 外貨ex by GMO:米ドル/円(USD/JPY)-20円
  • DMM FX:米ドル/円(USD/JPY)-9円

 空売りにおすすめFX会社5選!

  • 「初心者でも空売りに挑戦したい!」
  • 「空売りのイメージが理解できた!」

そんなFXの空売りに希望が見えてきた方に、ここからは空売りにおすすめなFX会社を5つ紹介します。

  • GMOクリック証券
  • DMM FX
  • 外貨ex by GMO
  • SBI FX
  • 外為どっとコム

FXは取引する会社によって、スプレッドの大きさや通貨ペアの種類など、全く異なります。

自分に合ったFX会社を見つけるためにも、ここからは具体的にそれぞれの会社情報を紹介します。

GMOクリック証券

出典:GMOクリック証券

取引手数料無料(1日100万円まで)
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
取り扱い通貨ペア全20通貨ペア
キャンペーン・新規口座開設と取引で最大30,000円キャッシュバック

空売りにおすすめFX会社は、GMOクリック証券になります。

  • 世界一のFX取引高を誇るFX会社
    (2020年FX取引高「2020年年間FX取引高調査報告書」)
  • 24時間の無料サポート体制で充実
  • 業界最小水準のスプレッドを提供

このようにGMOクリック証券は、FX初心者の方でも安心して取引できる会社なのです。

スプレッドを最小価格で提供するGMOクリック証券であれば、無駄なコストを抑えて効率的なトレードができるでしょう。

ぜひ、GMOクリック証券で口座を開設し、空売りに挑戦してください。

DMM FX

出典:DMMFX

取引手数料無料
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
取り扱い通貨ペア全20通貨ペア
キャンペーン・口座開設、新規取引数に応じて最大200,000円キャッシュバック
・取引応援ポイントサービスが最大で3倍付与

空売りにおすすめFX会社2位は、DMM FXになります。

  • 3STEPでスピーディに取引可能
  • 直感的な操作とシンプルなデザイン
  • 業界最安クラスの取引コスト

最短で5分の入力、1時間で取引可能なDMM FXは、無駄なコストを抑えてすぐ口座開設したい方におすすめなFX会社です。

DMM FXは、29種類の充実したテクニカル指標が利用でき、効率よく取引できます。

スマホで簡単に取引できるDMM FXで、ぜひ今から口座を開設し、空売りを始めましょう。

外貨ex by GMO


出典:外貨ex by GMO

取引手数料無料
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
取り扱い通貨ペア全24通貨ペア
キャンペーン・取引毎にPayPayボーナスか現金が受け取れる。

空売りにおすすめFX会社は、外貨ex by GMOになります。

  • 業界最安水準のスプレッド
  • 20種類以上の通貨ペア
  • ヤフーグループが提供するFX取引の総合口座

このように外貨ex by GMOは、ヤフーグループという安心感を持って取引できるでしょう。

また、最安水準のスプレッドのおかげで、無駄な費用を抑えた取引が可能です。

ぜひ、外貨ex by GMOで口座を開設し、空売りに挑戦してみましょう。

SBI FX

米国テーパリングの思惑を受けて新興国通貨が今熱い!南アフリカランド/円、メキシコペソ/円、トルコリラ/円の新規約定数量に応じてキャッシュバック!
出典:SBI FX

取引手数料無料
スプレッド米ドル/円:0.09銭(注文数量1〜1,000)
ユーロ/円:0.30銭(注文数量1〜1,000)
ポンド/円:0.69銭(注文数量1〜1,000)
取り扱い通貨ペア全34通貨ペア
キャンペーン・新規口座開設+取引で最大50,000円キャッシュバック(9月)
・「SBI FXTRADE」で取引条件を満たした方に、キャッシュバック(〜10/1)

空売りにおすすめFX会社は、SBI FXになります。

  • FX初心者からプロのトレーダーまで満足できる取引ツールを提供
  • 業界トップクラスの取り扱い通貨ペア
  • 業界最良水準のスワップポイント

このようにSBI FXは、初心者の方でも安心してトレードできる体制を整えています。

SBI FXは、WEBでもスマートフォンでも取引することができ、自分に合った取引スタイルでFXを楽しめるでしょう。

ぜひ、SBI FXで口座を登録し、空売り取引をしてください。

外為どっとコム

出典:外為どっとコム

取引手数料無料
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭→0.4銭(キャンペーン期間)
ポンド/円:1.0銭→0.6銭(キャンペーン期間)
取り扱い通貨ペア全28通貨ペア
キャンペーン・口座開設と取引で最大103,000円キャッシュバック
・『外貨ネクストネオ』での取引数量に応じてキャッシュバック

空売りにおすすめFX会社は、外為どっとコムになります。

  • 取引手数料、出金手数料など各種手数料が無料
  • 入金から取引、分析まで全てスマホで完結できる
  • FXマーケット情報を24時間発信

このように外為どっとコムは、FXで大切な経済状況を知るために必要な情報をいち早く取得できるFX会社なのです。

また1000通貨からの少額取引も可能であり、多くの練習を積むことができます。

ぜひ外為どっとコムで、口座を開設し空売り取引を行いましょう。

FX空売りに関するQ&A

これからは、FXの空売りに関するQ&Aを紹介します。

  • 手数料は発生するのか?
  • 空売り規制とはなんなのか?
  • 空売り時に必要な証拠金はいくらなのか?
  • 結局FXの空売りは難しいのか?

上記は、FX初心者の方から寄せられる質問になります。

具体的に、それぞれの回答を紹介するので確認しましょう。

手数料は発生するのか?

基本的にFXは、空売り取引をして手数料が発生することはありません。

ただ、スワップポイントなどの実質的な手数料が、利用する通貨ペアによって発生するので、注意が必要です。

また先ほども紹介した通り、株の空売りは株式を借りる「貸株料」が発生します。

空売り規制とはなんなのか?

空売り規制とは、FXではなく株で定められている法律のこと。

51単元以上の新規空売り注文を出す際の価格規制のこと
引用:SMBC日興証券

そのためFXには、「空売り制限」のような法律はなく、注文枚数に制限されることもありません。

空売り時に必要な証拠金はいくらなのか?

証拠金の金額は、空売り(ショート)もロングにも違いがありません。

基本的に証拠金は、レバレッジと基準価格で決まります。

具体的な金額を把握したい場合は、DMM FXなどの証拠金シュミレーションなどで計算してみましょう。

結局FXの空売りは難しいのか?

結論から言うと、空売りは仕組みを押さえることができれば、難しくありません

もし空売りを理解できれば、買いでも売りでも、どちらでも利益獲得を見込めます。

そのため、空売りが難しいと感じている方でも、時間をかけてもいいので理解するべきと言えるでしょう。

まとめ

今回は、FX空売りの概要やメリット、デメリットなど、トレーダーが取引する上で、知っておくべきポイントを紹介しました。

空売りとは「売りから入ること」「ポジションを売りとして持つこと」であり、ショートとほぼ同義語のことです。

空売りは、FX初心者からプロのトレーダーまで幅広い方が活用する取引方法になります。

今回紹介したテクニックや注意点を参考に、空売りで効率的な取引を開始しましょう

まず取引する会社の選び方やおすすめ口座まで押さえることで、今後の取引がより成功に近づくはずです。

ABOUT ME
yamamoto
投資歴6年のトレーダー兼ライター。 低位株を中心にトレード中。 システムトレードで半年で資産を3倍にした経験を持つ。