FX

FXは長期運用が向いていない?FXで稼ぐための方法や注意点も紹介

  • 「FXの長期運用は稼げる?」
  • 「FXの長期運用のメリットが気になる!」

そんなFXの長期運用を始めるべきか迷ってる方に、今回は下記の内容について紹介します。

  • FX長期運用について知ろう
  • FXの長期運用するメリット
  • FXの長期運用するデメリット
  • FXで長期運用する際のテクニック
  • 長期運用するときのFX会社の選び方
  • 長期運用におすすめFX会社5選
  • FXで長期運用で押さえるべき注意点
  • FXの長期運用に関するQ&A

本記事を読むことで、FXの長期運用が自分に合っているのか知ることができ、今後の投資を効率よく進められるでしょう。

また長期運用を検討中の方に、FX会社の選び方やおすすめ口座も解説しているのでぜひ、最後までお読みください。

FX長期運用について知ろう

まずはFXの長期運用に関する概要を知りましょう。

  • FXの長期運用とは?
  • FX長期運用で稼ぐ2つの方法

上記のFX長期運用の基礎知識を押さえるだけでも、長期運用が自分に向いているのか知ることができるでしょう。

ここからは、長期運用の概要を分かりやすく解説します。

FXの長期運用とは?

FXの長期運用とは、その名の通り「長期間、通貨を決済することなく保有する」ことです。

一般的に、長期運用で通貨を保有する期間は、数週間〜数年単位と言われており、時間をかけて利益獲得を目指します。

また長期運用は、「長期保有」や「ポジショントレード」とも言われることが多いです。

FX長期運用で稼ぐ2つの方法

FXの長期運用で稼ぐ方法は、2つあります。

  • スワップポイントを受け取る
  • 為替差益で利益を得る

このように長期保有は、同じ運用方法でも異なる稼ぎ方があるのです。

ここからは、具体的にそれぞれの稼ぎ方について紹介します。

スワップポイントを受け取る

FXの長期保有は、スワップポイントという仕組みで利益獲得を目指せます。

スワップポイントとは、2つの通貨の金利差によって、発生する利益のことです。

スワップポイントは、ポジションを翌日まで保有する「オーバーナイト」によって、毎日受け取ることができます。

そのため、FX長期保有のような日をまたぐ取引方法は、スワップポイントで稼ぎやすいです。

為替差益で利益を得る

FXの長期保有はスワップポイントだけでなく、為替差益で利益を得ることができます

為替差益とは、為替の値動きの変動を上手く利用して、利益獲得を目指す方法のこと。

例えば、過去に1ドル=100円の時に、1,000円分の米ドル買ったと仮定しましょう。

もし1ヶ月後、為替レートの変動によって、1ドル=120円になり、保有していた10ドルを日本円に変換した場合、利益が1,200-1,000=200円になります。

このようにFXは、為替差益と呼ばれる仕組みで、利益を獲得できるのです。

FXの長期運用するメリット

FXの長期運用するメリットは、3つあります。

  • 手間がかからない
  • 取引コストが小さい
  • 時間の余裕を作れる

上記のように長期運用は、誰でも始めやすい取引手法と言えるでしょう。

ここからは具体的に、それぞれのメリットについて紹介します。

手間がかからない

長期運用は、比較的手間がかからないメリットがあります。

例えば、スキャピングような短期取引の場合、取引期間が数十秒から数分程度であり、1日に100回前後売買することが一般的です。

そのため短期取引は、どうしても1日にかける時間が長くなってしまうことがあります。

しかし、FXの長期運用であれば取引期間が長いものの、一日に何度も取引することがなく、手間がかかりません。

このように長期運用は、毎日チャートを見る必要がなく、面倒くさがりな方でも、始められるでしょう。

取引コストが小さい

FXの長期運用は、取引コストが小さいメリットがあります。

なぜなら長期運用は、取引回数が非常に少ないからです。

そもそもFXにおける取引コストとは、スプレッドのことであり、通貨ペアの買値と売値の差を表します。

当然取引回数が多ければ、その分スプレッドの値が大きくなり、コストが発生します。

しかし、取引回数の少ない長期運用であれば、スプレッドがほとんどかからないのです。

このようにFXの長期運用は、取引コストが小さいメリットがあります。

時間の余裕を作れる

FXの長期運用を始めることで、時間の余裕を作ることができます

先ほども紹介した通り、長期運用は毎日トレードに時間を割く必要がありません

そのため、自分の生活に支障をきたすことなく、取引できるでしょう。

また長期運用で成功し、大きな利益を獲得できれば、金銭面で生活に余裕を作れます。

実際に長期運用で利益を積み上げる人は、少なくありません。

 

このようにFXの長期運用は、時間の余裕を作れる最高の投資と言えるのです。

FXの長期運用するデメリット

一方でFXの長期運用は、デメリットもあります。

  • マイナススワップポイントが発生する可能性がある
  • 為替が変動する可能性がある
  • すぐに結果が出るわけではない

上記のデメリットを知ることで、長期運用がより自分に合った取引方法なのか判断できるでしょう。

ここからは、具体的にそれぞれのデメリットについて紹介します。

マイナススワップポイントが発生する可能性がある

FXの長期運用は、マイナスのスワップポイントが発生する可能性もあります。

長期運用におけるマイナスのスワップポイントは、損失が毎日発生すること。

当然、長期運用の強みである、スワップポイントが利益として受け取れないのはデメリットでしょう。

基本的に、FXでスワップポイントがマイナスになる理由は、2つあります。

スワップポイントがマイナスになる理由
  • 為替レートの急激な変動
  • 取引している通貨ペア国の政策金利の変動

このようなトラブルを避けるためにも、分散して取引したり、ボラティリティが低い通貨を選んだりと、対策することが大切です。

そもそもボラティリティとは?

ボラティリティとは、価格の変動度合いを表す言葉のこと。

FXでは、ボラティリティが低いことを変動が小さいと言います。

一方で、ボラティリティが高いことを変動が大きいと言います。

為替が変動する可能性がある

FXを長期的に継続して運用していると、為替が変動する可能性があります

当然、為替が変動すれば、損益がマイナスになり、取引に失敗してしまうこともあるでしょう。

実際に、2008年には「リーマンショック」と呼ばれる世界恐慌が起き、為替が急激に変動したケースもあります。

そのためFXの長期運用には、急な為替の変動が起こる可能性があるのです。

このような急なトラブルに対処するためにも、政治や経済情報を定期的にチェックすることが大切になります。

すぐに結果が出るわけではない

FXの長期運用は、すぐに結果が出るわけではありません

なぜならFXの長期投資は、数週間〜数年間単位の運用期間が必要だからです。

例えば「スキャルピング」や「デイトレード」のような短期取引は、数日で結果が出やすいと言われています。

また「スイングトレード」のような短中期取引は、数週間程度です。

このように長期運用は、他の取引手法と比較すると結果が出るまで時間がかかってしまいます。

そのため「すぐに結果を出したい方」や「一攫千金を狙っている方」には、あまりおすすめできません。

FXで長期運用する際のテクニック

FXで長期運用する際のテクニックは、3つあります。

  • 少額からの取引を開始する
  • 余裕ある資金で取引を始める
  • 世界の経済状況をチェックする

上記のテクニックを押さえることで、長期運用は効率的な取引が可能になります。

ここからは、具体的にそれぞれのテクニックを紹介します。

少額からの取引を開始する

長期運用であっても、まずは少額からの取引をおすすめします。

FX初心者の中には、稼ぎたい気持ちが先行し、多額の証拠金を用意して運用検討中の方もいるでしょう。

もちろん多くの資産を運用すれば、その分リターンは大きいです。

しかし、もし取引に失敗すれば損失も大きく、リスクがつきものになります

またレバレッジをかけすぎると、ロスカットで強制終了になる可能性もあります。

そのため、まずはFXの取引に慣れるためにも少額で開始するのがいいでしょう。

余裕ある資金で取引を始める

FXの長期運用は、余裕ある資金で取引を開始しましょう。

余剰金があれば、ロスカットを未然に防ぐことができるからです。

そもそもロスカットは、ポジションを自動決済する仕組みであり、事前に「アラート」という通知が来ます。

アラートとは?

ロスカットが近づいていることを、知らせるFXの制度の一つのこと。

もし十分な余剰金があれば、アラートのタイミングでロスカットを防ぐことができます。

FXでの損失を防ぐためにも、余剰金を準備することは非常に大切なのです。

世界の経済状況をチェックする

FXの長期運用をしていく際は、世界の経済状況をチェックしましょう。

世界の景気や金利、国際情勢などの経済状況は、取引で欠かせないレートに大きな影響を与えるからです。

当然、世界経済の状況を把握していなければ、場合によって大きな損失を引き起こします。

そのため、FXの長期運用で利益獲得を目指すためには、世界の経済状況をチェックしてください。

長期運用するときのFX会社の選び方

長期運用するときのFX会社の選び方は、3つあります。

  • スワップポイントの高さ
  • 通貨ペアの豊富さ
  • チャートの見やすさ・使いやすさ

当然FXで成功する要因の中には、会社選びがあげられます。

ここからは、具体的にそれぞれの選び方について紹介します。

スワップポイントの高さ

まずは、スワップポイントの高さを基準に、会社選びをするといいでしょう。

先ほども紹介した通り、FXの長期運用の稼ぎ方には、スワップポイントがあげられます。

もしスワップポイントの高いFX会社を選べば、結果的に大きな利益となるはずです。

一度、スワップ投資向けにおすすめFX会社を確認するといいでしょう。

スワップポイントの高いFX会社
  • LIGHT FX:トルコリラ/円(TRY/JPY)20円
  • みんなのFX:米ドル/円(USD/JPY)8円
  • 外貨ex by GMO:ユーロ/円(EUR/JPY)7円

このようにFXの長期投資をしたい方は、スワップポイントの高さを基準に、会社選びをしてみてください。

ただスワップポイントは、選んだ通貨ペア次第で、損失を招く可能生があるため、注意が必要です。

通貨ペアの豊富さ

通貨ペアの豊富さも、FXの長期運用する上では非常に重要です。

FXは2つの通貨の売買にとって、利益を得る投資になります。

そのため通貨が豊富であれば、その分さまざまな取引ができ、自分に合ったスタイルが確立されるでしょう。

通貨ペアが豊富なFX会社は、3つあります。

通貨ペアが豊富なFX会社
  • FOREX.com(フレックス・ドットコム):84種類
  • ヒロセ通商:50種類
  • 外為どっとコム:30種類

チャートの見やすさ・使いやすさ

FXの長期運用は、チャートの「見やすさ」や「使いやすさ」も、非常に重要です。

チャートのデザインや利便性は、FX会社によって異なります。

もし自分に合わないチャートを利用すれば、スムーズに取引できなかったり、トレードにストレスを感じたりするでしょう。

そのため、チャート選びは非常に重要と言われているのです。

FXの口座を開設する上で、チャートの良し悪しは公式サイトを確認するのがいいでしょう。

FX会社別チャートの違い
  • PCでもスマートフォンでも取引可能
  • 複数のチャートを起動できる
  • さまざまなテクニカル指標が利用可能

長期運用におすすめFX会社5選

長期運用におすすめFX会社は、5つあります。

  • みんなのFX
  • LIGHT FX
  • GMOクリック証券
  • DMM FX
  • 外貨ex by GMO

もちろん、口座を開設するFX会社によって、特徴や強みが異なります。

ここからは、具体的にそれぞれのFX会社について確認しましょう。

みんなのFX

FXをもっとやさしく。出典:みんなのFX

取引手数料無料
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:0.8銭
取り扱い通貨ペア全27通貨ペア
キャンペーン・口座開設と取引で最大50,000円キャッシュバック
・口座をお持ちの方を対象に、ロシアルーブル/円のスワップポイントを高水準で提供

長期運用におすすめFX会社と言えば、みんなのFXです。

  • 高金利通貨のスワップポイントが高水準
  • 口座開設でFX、システムトレード、バイナリーオプションの取引が可能
  • 口座開設で最大50,000円のキャッシュバックキャンペーン

このようにみんなのFXは、このようにみんなのFXは、お得なたくさんのキャンペーンがあり、口座開設にぴったりなFX会社と言えます。

またみんなのFXは、多くの通貨ペアの種類があり、自分に合った取引ができるでしょう。

口座を開設していない方はぜひ、みんなのFXで始めてください。

LIGHT FX

出典:LIGHT FX

取引手数料無料
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:0.9銭
取り扱い通貨ペア全29通貨ペア
キャンペーン・口座開設者、新規口座開設者を対象にロシアルーブル/円のスワップポイントを高水準で提供
・新規口座開設で最大50,000円のキャッシュバック

長期運用におすすめFX会社2つ目は、LIGHT FXになります。

  • 業界最高水準のスワップポイント(2年連続スワップNo.1達成)
  • 最低取引単位1,000通貨〜
  • 安全に取引できるコールセンター完備

このようにLIGHT FXは、経済的に余裕がない方でも、少額取引が可能なFX会社です。

またパソコンだけなく、スマートフォンでも取引できるため、簡単に運用状況を確認可能でしょう。

ぜひ、LIGHT FXで口座開設してください。

GMOクリック証券

出典:GMOクリック証券

取引手数料無料(1日100万円まで)
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
取り扱い通貨ペア全20通貨ペア
キャンペーン・口座開設+取引で最大30,000円キャッシュバック

長期運用におすすめFX会社3つ目は、GMOクリック証券です。

  • 世界一のFX取引高を誇るFX会社
    (2020年FX取引高「2020年年間FX取引高調査報告書」)
  • 24時間の無料サポート体制で充実
  • 取引手数料0円

このようにGMOクリック証券は、取引を経験したことがない方でも、安心して始められるFX会社なのです。

また取引コストがFX会社の中でも最安値なので、効率よく利益獲得を目指せるでしょう。

世界的にも人気のあるGMOクリック証券でぜひ、口座を開設してください。

DMM FX

出典:DMMFX

取引手数料無料
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
取り扱い通貨ペア全20通貨ペア
キャンペーン・口座開設、新規取引数に応じて最大200,000円キャッシュバック
・取引応援ポイントサービスが最大で3倍付与

長期運用におすすめFX会社4つ目は、DMM FXになります。

  • 3STEPでスピーディに取引可能
  • 直感的な操作とシンプルなデザイン
  • 業界最安クラスの取引コスト

DMM FXは、最短で5分の入力、1時間の取引が可能であり、すぐに口座を開設したい方におすすめなFX会社です。

また、スマホで簡単に取引も可能なので、さっそく取引を始めましょう。

外貨ex by GMO


出典:外貨ex by GMO

取引手数料無料
スプレッド米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.5銭
ポンド/円:1.0銭
取り扱い通貨ペア全24通貨ペア
キャンペーン・取引毎にPayPayボーナスか現金が受け取れる。

長期運用におすすめFX会社5つ目は、外貨ex by GMOになります。

  • 業界最安水準のスプレッド
  • 20種類以上の通貨ペア
  • ヤフーグループが提供するFX取引の総合口座

このように外貨ex by GMOは、トレードに不安を抱いているFX初心者の方でも、安心して取引できるFX会社なのです。

また無料のオンラインセミナーやFXレポートなど、学べるコンテンツが豊富な特徴もあります。

ぜひ、外貨ex by GMOで口座を開設し、取引を始めましょう。

FXの長期運用で押さえるべき注意点

FXの長期運用で押さえるべき注意点は、3つあります。

  • レバレッジをかけすぎない
  • すぐに損切りしない
  • 海外FX業者から始めない

注意点を把握しなければ、取引で失敗したり、トラブルを招いたりする可能性があります。

安全に取引するためにも、それぞれの注意点を確認しましょう。

レバレッジをかけすぎない

FXの長期運用で取引する際は、レバレッジをかけすぎないことをおすすめします。

レバレッジとは?

レバレッジとは、必要証拠金の何倍もの金額で取引できる「テコ」のような仕組みのこと。

レバレッジは、国内FX会社であれば最大25倍かけることができます。

また海外FX会社であれば100倍や1,000倍程度可能であり、一瞬にして大きな利益獲得を目指せます

しかし、FXには「ロスカット」と呼ばれる一定の損失が発生したとき、自動的に決済される仕組みがあり、レバレッジをかけすぎることで大損失を招く可能性があるのです。

実際に「レバレッジかけすぎによるロスカット」は、FX初心者によくある失敗になります。

まずはトレードになれるためにも、レバレッジをかけず(1倍)で、取引することがおすすめです。

すぐに損切りしない

FXの長期運用では、すぐに損切りしないでください。

もちろん人によっては、損失拡大を考慮した上で「すぐに損切りしたい」と考える方はいるでしょう。

しかし損切りばかりしていても、利益より損失が上回り、気付いたら長期運用で失敗しているケースもあるのです。

そのため、損切りや利確のラインをしっかりと、見極めることが大切になります。

このようにFXの長期運用では、すぐに損切りしないでください。

FXの長期運用で損切りするタイミング
  • サポートラインの少し下(買いポジションの場合)
  • レジスタンスラインの少し上(売りポジションの場合)

海外FX業者から始めない

最初の取引は、海外FX業者から始めないことをおすすめします。

なぜなら海外FX業者には、リスクが潜んでいるからです。

海外FX業者がリスクと言われる理由
  • そもそも金融庁が注意喚起している
  • スプレッドが広い業者が多い
  • 入出金のトラブルが多い

このように海外FX業者は、取引する上でリスクがあるのです。

実際に、下記のように金融庁のHPで、海外FX業者に関する内容が記載されています。

日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法です。取引を行う前に取引の相手が登録を受けているかこちらで確認して、無登録の海外所在業者との取引は行わないよう、注意してください。
引用:金融庁

ですので、まずは安全に取引できる国内FX会社で、口座開設し始めることがいいでしょう。

FXの長期運用に関するQ&A

FXの長期運用に関する質問は、数多く寄せられます。

  • FXの長期運用以外の稼ぎ方は?
  • 長期運用で損切りはすべき?
  • ずっとほったらかしでも大丈夫?
  • 長期運用する際の口座は1つでいい?

FXでの取引は、多くの知識や経験を身に付けることが成功への近道です。

ここからは、具体的にそれぞれの回答をしていきます。

FXの長期運用以外の稼ぎ方は?

一般的に、FXの長期運用以外の稼ぎ方は、3つあります。

  • スキャルピング
  • デイトレード 
  • スイングトレード 

スキャルピング

数秒〜数分単位で売買を行う超短期取引のこと。

一日に何度もの売買を通し、利益獲得を目指す特徴があります。

取引が1日で完結するため、スワップポイントはありません。

デイトレード

1時間〜数時間単位で売買を行う短期取引のこと。

1日に数回ほどの売買を通し、利益獲得を目指す特徴があります。

基本的に、取引が1日で完結するため、スワップポイントはありません。

スイングトレード

2,3日〜数週間単位で売買を行う短中期取引のこと。

1ヶ月に数回ほどの売買を通し、利益獲得を目指す特徴があります。

取引が日をまたぐため、スワップポイントが付与されます。

長期運用で損切りはすべき?

結論から言うと、長期運用であっても損切りはすべきと言えます。

もちろん、利益が右肩上がりな状態であれば、そのまま取引を続けて問題ありません。

しかし長期運用に限らずFXでは、相場が変動する可能性が十分にあります。

そのため、相場が一時的な下がり傾向以外は、損切りを徹底すべきでしょう。

このように基本的に、FXは’変動’がつきものな投資になります。

FXの長期運用であっても、損切りする可能性があることは、十分に理解しておきましょう。

FXの長期運用で損切りするタイミング
  • サポートラインの少し下(買いポジションの場合)
  • レジスタンスラインの少し上(売りポジションの場合)

ずっとほったらかしでも大丈夫?

FXの長期取引でも、ポジション決済のタイミングまで放置するのはやめてください

スキャルピングやデイトレードのように、頻繁に相場を確認する必要はありません。

しかし長期取引であっても、国際状況によっては、相場が変動し損失を招く可能性があります。

もちろん、スワップポイント狙いの長期取引でも、相場の確認は重要です。

そのため決済日まで放置するのではなく、定期的に情報収集したり、金利や相場を確認してください。

長期運用する際の口座は1つでいい?

口座を複数開設することは、リスクヘッジできるためおすすめと言えます。

なぜなら分散して投資できるからです。

もちろん、一つの口座で複数の通貨で取引すれば、世界の経済状況に対して十分に対応できます。

しかし、FX会社自体がトラブルに遭ったとき、一つの口座で通貨を運用していれば対応することが難しいでしょう。

そのため、FXでは複数の口座開設がおすすめです。

また、口座開設するだけでは手数料が発生することがありません。

このようにさまざまなリスクを考慮して、複数の口座を開設しましょう。

まとめ

今回はFX長期運用の特徴やメリット、デメリットなどこれからFXを始める上で重要なポイントを紹介しました。

FXの長期運用は、数週間〜数年単位で利益獲得を目指す取引手法になります。

手間がかからず、取引コストが小さいため、FX未経験の方でも始めやすいと言えるでしょう

今回紹介した記事を参考に、長期運用で安全に取引してください。

また、おすすめFX会社で口座を開設しましょう。

ABOUT ME
yamamoto
投資歴6年のトレーダー兼ライター。 低位株を中心にトレード中。 システムトレードで半年で資産を3倍にした経験を持つ。