株式投資

ETFのおすすめ銘柄はどれ?ETFのメリットや選び方のポイントを紹介!

株や投資信託のように、投資先の1つとして挙げられるのがETFです。

ですが、ETFとは何なのかご存知でない方も多いでしょう。

この記事ではETFを知らない方に向けて、どんな投資商品なのかといった特徴や長所・短所、銘柄の選び方を解説していきます。

ETFについて知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

ETFとは?

ETFとは「Exchange Traded Fund」の略で、「上場投資信託」という意味になります。

具体的には日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)、NYダウやS&P500などの指数に連動して運用成果を目指す投資信託の一種です。

株や投資信託といった他の投資商品と比較して、その特徴を紹介していきます。

株とETFの違い

株の投資は自分で選んだ銘柄の株を購入して自分で運用しますが、ETFは運用会社がいくつもの銘柄を選んで運用します。

株は自分で期待値の高い銘柄に集中して投資することで上手くいけば大きな利益を得ることができますが、投資した銘柄の株価が下がれば損失を抱えるリスクも生じるのが特徴です。

ETFは1口購入すれば運用会社の選んだ複数の銘柄に投資することになるので、分散投資という形式になります。
これによって、1つ下落した銘柄があっても損失リスクを抑えることが可能です。

ただし、ETFには信託報酬という管理費が利益から差し引かれるので、この点は覚えておきましょう。

リスクを抱えても高利益を狙うか、低リスクの安定した投資を選ぶかが両者の決め手になります。

投資信託とETFの違い

ETFは投資信託の一種であるため、基本的な部分に違いはありません。

両者の違いとしては、証券取引所に上場しているかどうかです。

ETFは上場しているため、株取引と同様にリアルタイムな相場の動きに応じて売買することができます。
投資信託は1日1回算出される基準価格での取引となるため、リアルタイムの値段に応じた取引ができません。

ETFの方が、より自由度の高い取引が可能だといえます。

ETFの種類一覧

ETFにはいくつかの種類がありますが、一番ポピュラーなのが日経平均株価やTOPIXなどの株価指数と連動するインデックスタイプと呼ばれるものです。

これはどのインデックスと連動するかで、得られるリターン額や運用方法が変わります。

また、債券や原油といった商品先物指数など多くの指標が存在しているので、自分の興味が持てる指標をチェックしましょう。

中にはREIT(リート:不動産投資信託)を指標にするETFもあり、不動産投資にも挑戦できます。

REITとは投資家から集めた資金で商業施設やビル等の不動産を運用して、その利益を投資家に分配する金融商品です。

自分で不動産を買わずとも行える不動産投資ということで、人気の高い投資方法でもあります。

ETFのメリット・デメリット

ETFの特徴について紹介していきましたが、具体的なメリット・デメリットにはどのような点が挙げられるのでしょうか。

それぞれについてまとめましたので、ご確認ください。

メリット

メリットとしては何よりもリアルタイムな値動きに応じて取引可能な点です。

ETFは株式投資のように証券取引所が営業時間内ならいつでも売買可能なため、チャンスを逃すことはないといえます。

また、基本的には複数の銘柄への分散投資となるためリスクを抑えた投資をすることが可能です。

更に、普通の投資信託と比較してもコストとなる信託報酬が少ない傾向にあります。

リスクとコストを抑えて投資したい人には、向いているといえるでしょう。

デメリット

デメリットとしては、選択肢が限定的になる点です。

国内の株式銘柄数は4,000銘柄で投資信託も6,000本程ありますが、ETFは200本程と他の投資商品よりも少なめといえます。

選択肢は狭いですが、あれこれ悩みたくないという人にはかえってやりやすいかもしれません。

また、投資信託よりも最低購入金額が高めです。
最低購入口数が決められているため、100円から始められる投資信託より参入のハードルは少し上がるといえます。

これに加えて、投資信託では金額を指定しての購入が可能ですがETFはそれができません。
ただ、一部の証券会社では毎月一定額で株を買う株式累積投資の対象銘柄にETFが含まれている場合があります。

上記の点を考慮した上で、改めてETFについて検討しましょう。

ETFを選ぶポイント

実際にETFを購入する場合には、どのようなポイントに注目して選べばいいのでしょうか。

ETFを選ぶ際に見るべきポイントを把握して、満足いく投資を行えるようにしましょう。

①商品内容

まずはどんなETFなのかといった商品内容を確認しましょう。

どのインデックスとの連動を目指しているのか、株式か債券かREITかといった指標は何なのか等、わからないまま購入するのはおすすめしません。

ETFがどの銘柄で構成されているのかを把握して、自分が行う投資について把握することが大事です。

②分配金

購入した銘柄の価格が上がれば、分配金を得ることができます。
この分配金がいくらもらえるのかは、利回りを見ることで確認可能です。

ETFの分配金利回りは1~2%程度がほとんどですが、3%以上のものがあれば狙い目といえます。
また、分配金の支払い回数も年1回から4回と銘柄ごとに様々なので、この点も確認しておきましょう。

③運用コスト

運用コストも、ETFを選ぶ上では見逃せません。
信託報酬の割合なども得られる利益に関わる要素なので、確認しておきましょう。

ETFを選ぶ時に見ておきたいのは経費率です。
純資産に対してETFの運用にかかる費用がどれくらいかという割合のことを指します。

経費率が低ければ低いほど、そのETFを保有するコストが低いことになりますので把握しましょう。

④流動性

流動性も、ETF選びに大きく関わります。
ETFにおいては、流動性とは取引のしやすさを示します。

流通量・売買高が多い銘柄は、ETFを売買する際にすぐ約定するのでおすすめの銘柄です。
逆に流通量・売買高が少ない銘柄だと、希望額での約定ができない場合があるので気を付けましょう。

同じ指数に連動する銘柄でもそれぞれ売買高が異なるため、売買高の高さに注目して選んでみると吉です。

⑤乖離率

乖離率とは、現在の価格がチャートの移動平均線からどれほど離れているのかを表した数値です。

この乖離率を見ることで、その銘柄が買われ過ぎ・売られ過ぎかどうか判断することができます。

移動平均線から大きく乖離していることは短期間に大きな価格変動があったことを示し、狙い通りの運用ができてない証拠です。
逆に乖離率が低いETFは、上手く運用できているといえます。

乖離率がゼロに近い銘柄を選ぶようにしましょう。

初心者におすすめのETF

初心者がETFを始めるとなると、どの銘柄を選べばいいのでしょうか。

国内株式ETF・外国株式ETF・REIT ETFの3つから、それぞれのおすすめをいくつか紹介していきます。

国内株式ETF

国内の株価指数と連動するETFを紹介していきます。

日経225指数やTOPIXなど、代表的な株価指数と連動する3つのETFについて把握しましょう。

NEXT FUNDS 日経平均225連動型上場投信

ベンチマーク(指数)日経平均株価(日経225)
運用会社野村アセットマネジメント
経費率0.15%
分配金3,650円
(2021年7月8日分)
分配金利回り1.5%
乖離率0.00%~-1.24%
(2021年4月30日~8月3日)
信託報酬0.1980%

日経225を指標にしたETFの中で、最も流動性が高いといわれているのが「NEXT FUNDS 日経225連動型上場投信」です。

信託報酬も比較的低めに設定されており、お得かつ堅実に運用していくことができます。

国内株式でETFを行う際には、まず初めに検討したいETFです。

NEXT FUNDS TOPIX 連動型上場投信

ベンチマーク(指数)TOPIX
運用会社野村アセットマネジメント
経費率0.15%
分配金3,660円
(2021年7月10日分)
分配金利回り2.0%
乖離率0.11%~-1.88%
(2021年4月30日~8月3日)
信託報酬0.0968%

こちらは日経225と並ぶ国内株式の指標である、TOPIXに連動した運用を目指すETFです。

東証一部に上場しているすべての日本企業を対象としており、このETFを1口購入すればすべての東証一部の企業に投資したことになります。

日経225は東証一部を代表する225社の指標なので、どちらが自分に合っているかは取扱銘柄を参照して判断しましょう。

NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信

ベンチマーク(指数)日経平均レバレッジ・インデックス
運用会社野村アセットマネジメント
経費率
分配金0円
分配金利回り
乖離率1.71%~-2.47%
(2021年4月30日~8月3日)
信託報酬0.8800%

こちらは少し変わり種で、レバレッジ型のETFになります。

少額の資金でも大きな金額で取引できるレバレッジを利用することで、大きなリターンを狙うETFです。

そのため、他のETFのような長期運用ではなく短期での運用がおすすめといえます。

レバレッジをかけると手持ち資金以上の利益が狙える反面、損失も手持ち資金以上になることもあるでしょう。
上がったらすぐ売却することで、損失のリスクを減らすことが可能です。

外国株式ETF

外国株に目を向ける投資家は多いですが、ETFでも外国株を運用することができます。

世界経済の中心である米国株や、これからの成長が期待される新興国株には国内株式以上の利益が期待できる銘柄が多いです。

大きな利益を狙いたい方は、外国株式ETFを検討してみましょう。
おすすめの外国株式ETFをいくつか紹介していきます。

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

ベンチマーク(指数)CRSP米国総合指数
運用会社バンガード・グループ
経費率0.03%
分配金$0.67530/74.04円
(2021年6月25日分)
分配金利回り1.19%
乖離率0.02%
(2021年8月3日までの平均)
信託報酬0.03%

CRSP米国総合指数に連動した運用を目指す米国株のETFです。

このETFを購入するだけで、米国株式市場のほぼ100%の銘柄をカバーすることができます。

米国株を運用したいなら、まず真っ先に検討したいETFです。

iシェアーズ MSCI ブラジル

ベンチマーク(指数)MSCIブラジル25/50インデックス
運用会社ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ
経費率0.59%
分配金$0.626065/68.64円
(2021年6月25日分)
分配金利回り3.33%
乖離率-0.07%
(2021年8月3日までの平均)
信託報酬0.59%

MSCIブラジル25/50インデックスに連動した運用を目指すブラジル株のETFですが、米国籍のETFです。

このETFを購入することで、ブラジル株式市場の85%を占める中型・大型株に投資することになります。

今後のブラジル経済の成長を予感したなら、購入しておきたいETFといえるでしょう。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

ベンチマーク(指数)FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
運用会社バンガード・グループ
経費率
0.08%
分配金$0.50490/55.38円
(2021年6月25日分)
分配金利回り1.93%
乖離率0.11%
(2021年8月3日までの平均)
信託報酬
0.08%

こちらはFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動した成果を目指す全世界型のETFです。

このETFを購入するだけで、米国を含む全世界の先進国および新興国といった約47カ国の約8,000銘柄に投資したことになります。

この中には日本や中国といった高GDPの国もあれば今後の成長が期待される新興国もあるため、まさに世界全体の成長に投資するETFといえるでしょう。

REIT ETF

現物の不動産を持たずとも行える不動産投資として話題のREITですが、ETFで行うならどれがおすすめなのでしょうか。

REIT ETFのおすすめを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信

ベンチマーク(指数)東証REIT指数
運用会社野村アセットマネジメント
経費率0.155%
分配金1,900円
(2021年5月10日分)
分配金利回り3.3%
乖離率0.29%~-0.85%
(2021年4月30日~8月3日)
信託報酬0.1705%

東証REIT指数との連動を目指すETFです。
売買が多いため、流動性の高さが魅力といえます。

利回りも3.3%と比較的高めで、時間をかけて運用することで将来的に大きな利益を出すことも期待できるでしょう。
国内のREIT ETFを検討するなら、まずチェックしておきたいETFです。

iシェアーズ米国REIT ETF

ベンチマーク(指数)FTSE NAREIT/NAREIT Equity REITs Index
運用会社ブラックロック・ジャパン株式会社
経費率0.08%
分配金1,100円
(2021年5月9日分)
分配金利回り2.68%
乖離率0.01%
(2021年8月3日までの平均)
信託報酬0.2200%

米国の不動産でREITを行うETFです。
こちらは東証に上場しているETFのため、日本円で取引することができます。

米国の不動産市場は上昇傾向にあり、今後の更なる成長も期待できますので注目したいETFの1つです。

ETFが買えるおすすめ証券会社

ETFを実際に始めようと思っても、どの証券会社で行えばいいかわからないものです。

ここからは、ETFを行うのにおすすめのネット証券を3社紹介していきます。

自分のスタイルに合った証券会社を見つけましょう。

SBI証券

SBI証券

出典:SBI証券

取引手数料【現物取引スタンダードプラン(1注文制)】

~5万円:55円
~10万円:99円
~20万円:115円
~50万円:275円
~100万円:535円
~150万円:640円
~3,000万円:1,013円
3,000万円~:1,070円

【現物取引アクティブプラン(1日定額制)】

~100万円:0円
~200万円:1,278円

※以降、100万円増加ごとに440円加算

取扱ETF数・国内指標:127
・レバレッジインバース:40
・外国指標:79
・その他(原油・金等):29
キャンペーン実績・POやるならNISAで!2,000名さまに期間固定Tポイント300ptが当たる
・【目指せ!株主デビュー】口座開設&クイズに答えて最大2,000円プレゼント!
・最大30万円相当の豪華カタログギフトプレゼント祭り等

SBI証券はネット証券では口座開設数No.1を誇る証券会社です。

注目したいのは、国内ETFの120銘柄にかかる現物取引手数料が0円となっています。
対象外の銘柄でも手数料は55円からとなっており、お得に取引可能です。

更に、全銘柄共通で信用取引手数料は0円となっています。
豊富な銘柄数を取り揃えているため、初めてのETFにはおすすめのネット証券といえるでしょう。

楽天証券

楽天証券

出典:楽天証券

取引手数料【超割コース・現物取引(1注文制)】

~5万円:55円
~10万円:99円
~20万円:115円
~50万円:275円
~100万円:535円
~150万円:640円
~3,000万円:1,013円
3,000万円~:1,070円

【いちにち定額コース(1日定額制)】
※現物取引と信用取引を合わせた1日の合計取引金額で取引手数料を決定

~100万円:0円
~200万円:2,200円
~300万円:3,300円

※以降、100万円増加ごとに1,100円加算

取扱ETF数・国内指標:123
・コモディティ:29
・REIT:19
・外国指標:56
・その他:3
キャンペーン実績・【国内株式】最大2,000ポイントが当たる!現物取引ボーナスキャンペーン
・楽天銀行口座開設+自動入出金設定で1,000円プレゼント
・マーケットスピード II RSSリリース記念!RSS利用でもれなく200ポイントプレゼント!等

楽天証券も、現物取引手数料がSBI証券と近い水準となっています。
また、対象のETFにかかる売買手数料はコースにかかわらず0円です。

一番の持ち味といえば、楽天ポイントが貯められることにあります。
普段楽天ポイントを利用している方なら、投資もしつつポイントを貯められることは大きなメリットです。

松井証券

松井証券

出典:松井証券

取引手数料【現物取引(1日定額制)】

~50万円:0円
~100万円:1,100円
~200万円:2,200円

※以降、100万円増えるごとに1,100円加算

1億円~:110,000円※上限

取扱ETF数275(国内・外国・REIT含む)
キャンペーン実績

・ご家族ご友人紹介プログラム

松井証券は1日の約定代金の合計が50万円以下なら、手数料が0円となります。
自分の利用金額を想定した上で利用すると、とてもお得に利用可能です。

ETFについては海外銘柄の取扱はありませんが、日本の市場に上場している海外ETFなら購入できます。
1日50万円以下の利用にとどめる予定なら、松井証券がおすすめです。

まとめ:ETFは堅実さと自由度を兼ね備えた投資

今回はETFの特徴やメリット・デメリット等について解説しました。

個別の銘柄を自分で選ぶ手間をかけずに、手軽に分散投資できるのがETFです。

株式投資のようにリアルタイムの投資ができるだけでなく、投資信託のようなリスクの少なさが持ち味といえます。

まさに、ETFは堅実さと自由度を兼ね備えた投資といえるでしょう。

今回の記事を通して、ETFを前向きに検討してみませんか。

ABOUT ME
yamamoto
投資歴6年のトレーダー兼ライター。 低位株を中心にトレード中。 システムトレードで半年で資産を3倍にした経験を持つ。