クレジットカード

自動車税はコンビニでクレジットカード払いがお得?メリットとデメリットについても解説

毎年5月に納税する自動車税は、決して安い金額ではありません。

クレジットカードで支払いができるなら、ポイントが付与されお得です。

インターネットからの納税だけではなく、コンビニでも自動車税のクレジットカード払いができる方法はあります。

キャッシュレス決済をメインで支払いをしている方にとって、便利な制度でしょう。

今回は、自動車税をコンビニでクレジットカード払いする方法について、メリットやデメリットなどを詳しく解説します。

自動車税はコンビニでクレジットカード支払いできる?

今まで自動車税は、納付書を使って現金払いが原則でした。

しかし、今ではクレジットカードを使って納税が可能です。

コンビニでも気軽に支払いできます。

金融機関は営業時間が制限されており、日中仕事をしているサラリーマンは行くタイミングがありません。

コンビニでクレジットカード払いができれば、時間を気にする必要がないので便利でしょう。

自動車税がクレジットカード払いできるようになった理由

そもそも、どうして自動車税はクレジットカード払いができるようになったのでしょうか。

その理由は、政府の税制改正が発端となっています。

2016年に行われた税制改正によって、翌年度の2017年から各種税金の納付でクレジットカード払いができるようになったのです。

それまでは、近隣に金融機関やコンビニがない方にとって、納付は手間のかかるものでした。

面倒だと納付を先延ばしにして、期限を過ぎてしまったことがある方もいるでしょう。

しかし、2017年からは自宅にいながらクレジットカード払いが可能となり、ATMで現金を引き出す必要がなくなりました。

クレジットカード払いができれば、ポイントが貯まるというメリットもあります。

さらに、コンビニなら24時間土日祝日も営業しているので、仕事帰りや休日など、好きなタイミングで納付が可能です。

クレジットカードで自動車税の支払いが可能なコンビニ一覧

ここからは、クレジットカードで自動車税の支払いが可能なコンビニと納付方法を紹介します。

セブンイレブン

セブンイレブンで納付を考えている方には、セブンカード・プラスの入会がおすすめです。

なぜなら、セブンイレブンは電子マネーnanacoを使うことで、自動車税をクレジットカード払いできるからです。

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードを持てば、お得にポイントが貯められます。

チャージはレジでも可能ですが、アプリからなら自宅で簡単にチャージできるので便利です。

セブンカードプラスの通常の還元率は0.5%です。

nanacoには、200円チャージするごとに1ポイント貯まります。

貯まったポイントを自動車税の納付に利用することも可能です。

ファミリーマート

ファミリーマートで納付を考えている方には、ファミマTカードの入会がおすすめです。

ファミリーマートは、電子マネーFamiPayを使うことで、自動車税をクレジットカード払いできるからです。

FamiPayに紐づけできるのは、ファミマTカードだけです。

FamiPayにチャージすれば、0.5%の還元率でTポイントが貯まります。

ファミマTカードは、Tポイントカード機能が搭載されてます。

Tポイント加盟店では提示と支払いでTポイントを2重取りできるのでお得です。

ミニストップ

ミニストップで納付を考えている方には、イオンカードセレクトの入会がおすすめです。

ミニストップは、電子マネーWAONを使うことで、自動車税をクレジットカード払いできるからです。

WAONにチャージすれば、0.5%の還元率でポイントが貯まります。

ただし、クレジットカードを利用したオートチャージを設定することが条件です。

オートチャージとは、残高が一定以下になると、自動的に設定金額がチャージされる仕組みのことを言います。

WAONステーションやイオン銀行ATMで手続きできるので、支払いの前に設定することを覚えておきましょう。

自動車税をクレジットカードで納税するメリット

自動車税をクレジットカードで納税すると、どのようなメリットを受けられるのでしょうか。

現金払いと比較しながら見ていきましょう。

支払い分のポイントが付与される

クレジットカード払いなら、利用額に応じたポイントが付与されます。

現金払いには、このような特典はありません。

例えば1万円の自動車税を還元率1%のクレジットカードで支払えば、100ポイントが貯まります。

自動車税は1万円以上の場合も少なくありません。

車を複数台所有していて、自動車税をたくさん支払う必要がある方は、さらにお得にポイントを貯められるでしょう。

貯まったポイントは、支払いへの充当や他社ポイントへの移行、マイルの交換など使いみちが豊富です。

商品と交換するのも良いでしょう。

ポイントを有効活用することで、家計の節約にも役立ちます。

自宅にいながら24時間いつでもインターネットからの申し込みが可能

2017年の税制改正から、自宅にいながらインターネットで自動車税の納税が可能になりました。

インターネット環境があれば、わざわざ金融機関やコンビニへ行かなくても、簡単に手続きできます。

仕事で忙しい方や、近くに金融機関やコンビニがないという方は便利な制度です。

インターネットを使ったクレジットカードによる税金の納付は、自治体によって細かな違いがあります。

お住まいの地域の支払い方法を確認しましょう。

手元にお金を用意できなくても後支払いできる

クレジットカードは、利用分をカード会社が一時的に建て替える仕組みです。

支払いの段階でお金が用意できなくても、引き落とし日まで準備できれば問題ありません。

「お金がないから」と支払いができず、納付期限を過ぎてしまうという事態を防ぐことができます。

ただし、引き落とし日までには必ずお金を用意するのを忘れないようにしましょう。

クレジットカードを滞納してしまうと、CICなどの個人信用情報機関に記録されてしまいます。

一度残った記録は、5年間消えずに残り続けます。

将来ローンを組む時やクレジットカードを作る時などに不利になってしまうので、注意が必要です。

ポイント払いも可能

ほとんどのクレジットカードでは、貯まったポイントを支払いに充当することが可能です。

支払い金額が用意できない時には、一部をポイント払いするのも良いでしょう。

一般的にポイントには有効期限が決められており、期限を過ぎれば失効してしまいます。

ポイントが失効する前に使い切ることを忘れないようにしてください。

自動車税をクレジットカードで納税するデメリット

自動車税をクレジットカードで納税する際、何かデメリットはあるのか、気になる方もいるでしょう。

デメリットについても理解しておけば安心です。

決済後の取り消しができない

インターネットから納税の手続きをすると、あとから取り消しができなくなってしまいます。

支払い後に納税猶予の対象になった場合であっても、撤回はできません。

後に取り消す可能性がある場合には、決済せずに一旦結果を待つのが良いでしょう。

納付証明書は発行されない

納付書を使った支払いとは違い、インターネットでのクレジットカード払いの場合には、証明書の発行はありません。

後日郵送されることもないので、証明書が必要な方は注意が必要です。

支払いの記録が必要な方は、カード会社の利用明細書もしくは納税画面を印刷して保管しておくのが良いでしょう。

カード会社の利用明細書なら、いつでもインターネットのマイページから確認することが可能です。

通常、納付から数日で利用状況に反映されます。

車検で証明書の提出を求められた場合は?

都道府県によってスピードには違いがありますが、納税証明書の発行を依頼した場合、2週間~3週間程度かかる場合があります。

自動車税納付後、すぐに車検がある場合には注意が必要です。

最悪の場合、納税証明書の発行が間に合わず、車検が受けられなくなる可能性があります。

不安な方は、納付書を使った現金払いもしくは、コンビニで電子マネーを使ったクレジットカード払いを利用しましょう。

手数料がかかる

自動車税をインターネットでクレジットカード払いをする場合、自治体に手数料を支払う必要があります。

手数料額は自治体により異なりますが、たいだい300円前後かかってしまいます。

2021年度の都道府県ごとの自動車税のクレジットカード払い手数料を比較してみましょう。

東京都納付金額が1万円までは税込80円
以降1万円ごとに160円、240円、321円、401円
大阪府税込330円
愛知県納付金額が1万円までは税込80円
以降1万円ごとに160円、240円、321円、401円
愛媛県税込330円
沖縄県納付金額が1万円までは税込27円
以降1万円ごとに82円、165円、275円、385円

納税金額にもよりますが、クレジットカードの還元率が低い場合には、ポイント付与より手数料の方が割高になってしまう可能性があります。

手数料を支払わずにクレジットカード払いするなら、コンビニで電子マネーチャージをして支払う方法が良いでしょう。

電子マネーの支払いなら、手数料はかかりません。

まとめ:自動車税はクレジットカードでお得に!

今回は、自動車税をコンビニでクレジットカード払いする方法について、メリットやデメリットなどを詳しく解説しました。

コンビニによっても使える電子マネーやおすすめのクレジットカードが異なるので、注意が必要です。

自動車税がクレジットカード払いできれば、ポイントが貯まる、手元にお金がなくても支払いできるなどのメリットがあります。

一方で、手数料がかかる、納税証明書が発行されないなどのデメリットもあるので注意が必要です。

デメリットに関しては、コンビニで電子マネーを使ったクレジットカード払いをすれば解決できます。

納税は国民の義務なので、支払い忘れのないよう、注意が必要です。

メリットとデメリットをよく理解して、自分にとって最適な方法でお得にクレジットカードを活用してください。