クレジットカード

アメックスカード完全解説!特徴・種類・おすすめカードまで紹介!

アメリカン・エキスプレス(以下、アメックス)は、5大国際ブランドとしても知られています。

自社でクレジットカードも発行しており、さまざまな種類から選ぶことが可能です。

しかし、アメックスカードにはどのような特徴があるのか、どれが自分に合っているのか分からない方も多いでしょう。

今回は、アメックスカードの特徴、歴史、プロパーカードと提携カードの違い、おすすめのカードについて紹介するので、参考にしてください。

特におすすめなアメックスカードは…

アメックスカードのプロパーカードの中で特におすすめなカードは、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下、SPGアメックスカード)です。

国際ブランドAMEX
年会費初年度34,100円
2年目〜34,100円
還元率常時1.0%
最大1.25%

SPGアメックスカードは、アメックスとマリオットボンヴォイが提携して発行しているカードです。

ポイント還元率が高く、貯めたポイントはマイルやホテル宿泊など幅広く利用することができます。

ポイントの有効期限がないためコツコツと貯められるのも人気の理由です。

マリオットボンヴォイとの提携カードであるため、カードを持っているだけでMarriott Bonvoyゴールドエリート会員資格を自動的に取得できます。

Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格があると、マリオットホテル等に宿泊時に以下のような特典を享受できます。

  • お部屋のアップグレード
  • レイトチェックアウト
  • 食事等が20%オフ
  • 滞在ごとに25%のボーナスポイント
  • ウェルカムギフト

航空券代はマイルで賄い、ホテルではより優雅な滞在ができるようになるカードであるため旅行好き必携であり、アメックスカードの中で最も人気のカードです。

アメックスカードの特徴・歴史

アメックスカードには、どのような特徴や歴史があるのでしょうか。

アメックスカードの歴史

アメリカン・エキスプレスのエキスプレスとは、「急行便、速達便」を意味しています。

もともと、アメリカン・エキスプレスは運送業として創業したことが由来となっています。

アメリカのゴールドラッシュ時代に貨物輸送を開始し、その後は金融業界にも進出しました。

日本へオフィスを設立したのは、1917年です。

日本国内で最初のカードとして発行されたのは、アメックスゴールドカードです。

その後、アメックスカードやアメックスプラチナカードが発行されました。

2000年にJCBと業務提携を行ったことで、JCB加盟店でも買い物ができるようになりました。

ポイントの仕組み

アメックスでは、1回ごとのカードの利用額に応じてポイントが貯まる仕組みです。

引き落としを待つことなくポイントが付与されるので、早い段階でポイントが使えるメリットがあります。

不定期に、エントリーすることで参加できるポイント還元キャンペーンが開催されることもあります。

カードによっては、入会時や継続時にボーナスポイントがもらえるものもあるので、お得にポイントをゲットしましょう。

メンバーシップ・リワードとは

アメックスの基本的なポイントプログラムとして、メンバーシップ・リワードがあります。

利用金額に応じてポイントが貯まる仕組みです。

さらに効率よくポイントを貯めたいなら、有料のメンバーシップ・リワード・プラスがおすすめです。

年会費が3,300円かかりますが、ポイントの有効期限が無期限になり、ボーナスポイントプログラムに登録できます。

マイルの交換レートもお得になり、加盟店の買い物で還元率がアップするなどの特典があります。

ポイントの使いみち

アメックスカードで貯まったポイントには、さまざまな使いみちがあります。

その中でも、ANAマイルへの交換がおすすめです。

アメックスカードはANAマイルへの交換手数料が不要で、レートも比較的お得なものが多い特徴があります。

ANA加盟店での支払いで優待が受けられるなどのサービスもあるので、有効活用しましょう。

その他、他社ポイントへの移行、商品への交換、提携ホテルの支払いに充当などの使いみちがあります。

特典内容

カードによっても特典内容は異なりますが、旅行にまつわる特典が多い傾向があります。

以下で、特典内容の一部を紹介します。

  • 手荷物無料宅配サービス
  • エアポート送迎サービス
  • 空港ラウンジサービス
  • プライオリティ・パス
  • 空港パーキングサービス
  • 海外携帯レンタルサービス
  • レンタカーサービス
  • 海外旅行先での日本語サポート

ホテルの特典が豊富なカードでは、宿泊優待やアーリーチェックインなどの特典が受けられます。

アメックスカードがあれば、いつもの旅行がより贅沢なものになるでしょう。

付帯サービス

付帯サービスとしては、海外旅行保険やショッピング保険などがあります。

ステータスの高いカードになると、最高1億円の補償が受けられるなど手厚い内容が魅力です。

家族特約がついているか、適用条件は何かなども見ておきましょう。

カードで旅費を支払うことで適用される利用付帯よりも、カードを持っているだけで適用される自動付帯の方が使い勝手は良いです。

その他、航空便遅延補償やプロテクション・サービスが付帯されているものもあります。

アメックスのプロパーカードと提携カードとは?

アメックスには、プロパーカードと提携カードの2種類があります。

それぞれの違いについて、理解しておきましょう。

プロパーカード

プロパーカードとは、アメックスが自社で発行しているカードのことです。

申し込み時には、アメックスが直接審査をしています。

国際ブランドと直接カードの利用契約を結ぶため、提携カードよりもステータスが高いと言われています。

ショッピング保険や国内・海外旅行関連の保険、空港ラウンジサービスが充実している点が魅力です。

アメックスの他には、ダイナースクラブやJCBなどの国際ブランドがプロパーカードを発行しています。

提携カード

提携カードとは、カード会社が国際ブランドからライセンスを借りて発行するカードです。

以下のジャンルに分けられます。

  • 銀行系:大手銀行や銀行のグループ会社が発行しているクレジットカード
  • 流通系:スーパーや百貨店、コンビニなどを運営する会社が発行しているクレジットカード
  • 信販系:ジャックスやオリコなどの信販会社が発行するクレジットカード

発行元のお店がお得になるサービスが付帯されている特徴があります。

年会費が無料のものが多く、ポイントの還元率も比較的高いものが多いです。

アメックスが発行するプロパーカード

ここからは、アメックスが発行しているプロパーカードを紹介します。

アメックスならではの充実した特典や、ホテルの宿泊優待、マイルが貯まりやすいなど特徴はさまざまです。

自分にぴったりの1枚を見つけてください。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

 

国際ブランドAMEX
年会費初年度13,200円
2年目〜13,200円
還元率常時0.5%
最大1.0%

アメリカン・エキスプレス・カード(以下、アメックスカード)は、アメックスの中ではベーシックなカードです。

年会費は13,200円です。

家族カードは1枚につき、6,600円の年会費がかかります。

ETCカードの年会費は無料ですが、発行手数料に935円がかかります。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は0.5%です。

ポイントの有効期限は3年間です。

有効期限を延ばしたい方は、メンバーシップ・リワード・プラスへの登録がおすすめです。

年会費は3,300円かかりますが、ポイントの有効期限が無期限になります。

さらに、ポイント交換の際のレートアップなど、さまざまな特典が受けられるのでお得です。

特典・付帯サービス

国内の主要空港とハワイの一部空港ラウンジサービスが無料で利用できます。

同伴者も1名まで無料になるので、搭乗前の時間をゆったり過ごせます。

自宅と空港間の荷物配送サービスも付帯されているので、出張や旅行の際は便利に活用できるでしょう。

その他、以下の3種類のプロテクション・サービスが用意されています。

オンライン・プロテクションインターネット上で不正利用が発生した場合の利用金額の負担を補償
リターン・プロテクション購入した商品の返品を購入店が受け付けない場合、購入日から90日以内にアメックスに返却すれば購入金額を補償
ショッピング・プロテクションカードで購入したほとんどの商品は国内外を問わず破損・盗難などの損害を購入日から90日間、年間最高500万円まで補償

不正利用やショッピングのトラブルに遭った時にも、窓口に連絡すれば手厚いサポートが受けられます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 

国際ブランドAMEX
年会費初年度31,900円
2年目〜31,900円
還元率常時0.3%
最大1.0%

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下、アメックス・ゴールド)は、アメックスカードのワンランク上のサービスが受けられるカードです。

年会費は31,900円で、ETCカードは、無料で持つことができます。

家族カードは1枚目は無料ですが、2枚目以降は年会費が13,200円かかります。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は0.5%で、アメックスカードと同じです。

貯まったポイントは、ANAマイレージクラブに2,000ポイント単位でマイルに移行できます。

その他、Tポイントや楽天ポイントにも交換可能です。

ポイントの有効期限は3年間ですが、アイテムと交換すると無期限になります。

特典・付帯サービス

アメックスカードの特典に加え、さらに手厚いサポートが魅力です。

以下の付帯サービスが受けられます。

手荷物無料宅配サービス自宅と空港間のスーツケース配送が1個無料
エアポート送迎サービス優待料金で指定場所から空港間の送迎
空港ラウンジサービス国内主要空港とハワイの一部空港でラウンジ無料サービス
プライオリティ・パス148カ国1,300カ所以上の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティ・パスが無料
海外旅行保険最高1億円の補償
航空便遅延補償航空便において遅延・欠航が発生した場合、臨時に出費した宿泊料金や食事代を補償

上記のうち、航空便遅延補償の内容は以下の通りです。

  • 乗継遅延費用:2万円
  • 出航遅延費用等:2万円
  • 寄託手荷物遅延費用:2万円
  • 寄託手荷物紛失費用:4万円

利用航空機の遅延などによって生じた思わぬ費用を補償してくれます。

その他、国内・海外どちらにも適用される最高500万円の海外旅行保険が付帯されています。

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインを使ってホテルや航空券、レンタカーの予約をすれば、優待割引が受けられる点もメリットでしょう。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

 

国際ブランドAMEX
年会費初年度143,000円
2年目〜143,000円
還元率常時1.0%
最大1.0%

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス・プラチナ)は、プラチナ会員ならではの充実した特典が魅力のカードです。

以前はインビテーション必須のカードでした。

しかし、現在はインビテーションなしでも申し込み可能なので、プラチナカードをすぐに持ちたい方にもおすすめです。

年会費は143,000円です。

家族カードの年会費は無料で、最大4枚まで持つことができます。

ポイント還元率

ポイントの還元率は1.0%です。

アメックス・ゴールドの2倍であり、ポイントが貯まりやすくなりました。

海外の買い物ではポイントが3倍にアップするので、お土産の購入などに活用しましょう。

ポイントの有効期限は3年間です。

特典・付帯サービス

世界に1,100カ所以上ある高級ホテル「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」にて、以下の特典が受けられます。

  • アーリーチェックイン(チェックイン時の空室状況による)
  • 部屋のアップグレード(チェックイン時の空室状況による)
  • 滞在中の朝食の無料サービス(2名まで)
  • 客室内のWi-Fi無料
  • レイトチェックアウト
  • ホテルごとに受けられるオリジナル特典

リッツカールトンなどのホテルも含まれているので、宿泊時には活用しましょう。

カードを更新すれば、国内の対象ホテルに無料で一泊できる宿泊券がもらえます。

その他、148カ国1,300カ所以上の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティ・パスが無料で利用できます。

海外旅行保険は最高1億円が補償され、そのうち5,000万円はカードを持っているだけで適用される自動付帯です。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

国際ブランドAMEX
年会費初年度385,000円(入会金550,000円)
2年目〜385,000円
還元率常時1.0%
最大1.0%

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードは、アメックスカードの中では最上級のステータスを持つカードです。

公式ホームページでも詳細が明かされていないブラックカードで、実際にカードを持っている方は少数です。

年会費が385,000円である上に、入会金として別途550,000円支払う必要があります。

まさに、富裕層向けのカードと言えるでしょう。

カードを持っているだけで、周りにステータスの高さを示せます。

家族カードとETCカードはともに、年会費無料で持つことができます。

特典・付帯サービス

特典や付帯サービスに関しては、公開されていないため知ることができません。

しかし、アメックスプラチナの特典以上のサービスが受けられることは間違いないでしょう。

インビテーションが受け取れる条件も明かされていません。

まずは、アメックスプラチナで利用実績を詰み、カード会社からの信頼を得ましょう。

アメックスセンチュリオン限定の付帯サービスは、以下の通りです。

  • 1旅行につき10万円までの通貨盗難補償
  • レンタカー利用時の損傷・盗難を最高5万米ドルまで、対人・対物賠償責任を100万米ドルまで補償する海外レンタカー保険
  • 会員ごとの専任コンシェルジュサービス

年会費に見合った上質なサービスが受けられます。

アメックスが発行する提携

ここからは、アメックスが発行している提携カードを紹介します。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)

 

国際ブランドAMEX
年会費初年度34,100円
2年目〜34,100円
還元率常時1.0%
最大1.25%

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下、SPGアメックスカード)は、ホテルの宿泊に関する特典が豊富なカードです。

カードを持っているだけで、Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格を自動的に取得できます。

年会費は34,100円です。

家族カードは、1枚目から年会費が17,050円かかります。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は1.0%です。

しかし、ポイントをまとめてマイルに交換すれば、1.25%の還元率になります。

具体的には、20,000マイルの交換で5,000マイル相当のポイントが付与される仕組みです。

マイルの交換レートは他のクレジットカードと比較しても、高い水準であると言えます。

また、Marriott Bonvoyの利用時には2.0%の還元率にアップします。

その他、入会後3カ月以内に10万円以上カードを利用すれば、30,000ポイントのボーナスポイントが付与されます。

特典・付帯サービス

以下のような、Marriott Bonvoyゴールドエリート会員と同様の特典が受けられます。

  • チェックアウト時間の延長
  • エンハンスドルーム(より良いお部屋)へのアップグレード(空室状況による)
  • 高速な客室内インターネット無料アクセス(プレミアムWi-Fi)
  • ゴールドウェルカムギフトポイントを進呈

カードの更新時には、世界中の対象ホテルに無料で一泊できる宿泊券がもらえます。

海外旅行保険は最高1億円が補償され、そのうち5,000万円はカードを持っているだけで適用される自動付帯です。

世界最大のホテルグループのMarriottとアメックスカード、両方の特典が受けられるのでお得です。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード

 

国際ブランドAMEX
年会費初年度16,500円
2年目〜16,500円
還元率常時0.5%
最大0.75%

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード(以下、ヒルトン・オナーズ アメックスカード)は、ヒルトンとアメックスカードの両方の特典が受けられるカードです。

カードを持っているだけで、ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスの会員資格が自動で取得できます。
年会費は16,500円です。

家族カードは1枚目が無料ですが、2枚目以降1枚につき6,600円かかります。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は0.5%です。

入会時には、条件を満たすことで以下のボーナスポイントが付与されます。

入会ボーナスポイント2,000ポイント
入会1カ月以内に10回のカード利用3,000ポイント
入会3カ月以内に30万円以上のカード利用10,000ポイント
入会6カ月以内に75万円以上のカード利用10,000ポイント

上記を全て合わせると、最大25,000ポイントがもらえるのでお得です。

貯まったポイントは、ヒルトン・ポートフォリオ内の対象ホテルの予約時に使うことができます。

対象ホテルは119カ国の地域で6,400店舗以上あるので、じっくり選びましょう。

特典・付帯サービス

年間合計150万円以上の利用で、週末の宿泊に使える1泊無料券がもらえます。

以下のような、ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスの会員と同様の特典が受けられます。

  • ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの80%分のボーナスポイントがエリート会員ボーナスとして自動的に加算
  • 部屋のアップグレード
  • 全てのホテルで朝食無料サービス
  • 5連泊以上の宿泊で全てポイント利用時、5泊ごとに5泊目が無料

国内・海外の買い物で適用される最高200万円のショッピング保険が付帯されています。

海外旅行保険は最高3,000万円、国内旅行保険は最高2,000万円まで補償されるので安心です。

どちらの旅行保険にも、家族特約がついています。

ヒルトン・オナーズ プレミアム アメリカン・エキスプレス・カード

 

国際ブランドAMEX
年会費初年度66,000円
2年目〜66,000円
還元率常時0.75%
最大1.75%

ヒルトン・オナーズ プレミアム アメリカン・エキスプレス・カードは、ヒルトン・オナーズ アメックスカードよりもさらに特典が充実したカードです。

年間合計200万円以上の利用で、ヒルトンの最上級会員資格ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータスが付与されます。

年会費は66,000円です。

家族カードは3枚まで年会費無料、4枚目以降は13,200円かかります。

ポイント還元率

通常のポイント還元は、0.75%です。

入会後3カ月以内に合計30万円以上利用すれば、30,000ポイントのボーナスポイントが付与されます。

ヒルトン・ポートフォリオ内のホテルやリゾートの利用では、100円につき7ポイント付与されるのでお得です。

ポイントの有効期限は2年間です。

ダイヤモンドステータスになれば、100%のボーナスが自動で加算されるなどの特典が受けられます。

特典・付帯サービス

ヒルトン・オナーズ アメックスカードの特典に加えて、さらに充実した特典が受けられます。

スマホ保険の「スマートフォン・プロテクション」では、3カ月以上カードでスマホの料金を支払うと、年間最高3万円分のスマホの修理代金が補償されます。

その他、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費が初年度無料で利用可能です。

入会すれば、以下の特典がもらえます。

  • 国内のヒルトン、コンラッド、ダブルツリーbyヒルトンとコンラッド・ソウルでの25%割引
  • 対象のレストランの飲食代が最大20%割引
  • 対象ホテルの宿泊で10,000円割引券

上記の特典は、入会後も会員資格の更新ごとにもらえるので、お得に活用しましょう。

海外旅行保険は最高1億円まで補償され、国内旅行保険は最高5,000万円まで補償されます。

どちらもカードを持っているだけで補償を受けられる自動付帯なので、使い勝手が良いでしょう。

国内・海外の買い物で適用される最高500万円のショッピングプロテクションも付帯されています。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

 

国際ブランドAMEX
年会費初年度7,700円
2年目〜7,700円
還元率常時0.5%
最大0.75%

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(以下、ANAアメリカン・アメックスカード)は、アメリカン・エキスプレス社とANAが提携して発行するカードです。

アメックスカードの特典が利用できるのはもちろん、ANAマイルの貯めやすさに特化しています。

年会費は7,700円です。

家族カードは、年会費2,750円かかります。

ETCカードの年会費は無料ですが、発行手数料として935円かかります。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は0.5%です。

ANAグループで利用すれば、ポイントが1.5倍にアップします。

カード入会や継続で付与されるボーナスマイルは、以下の通りです。

  • 入会時のボーナスマイル:1,000マイル
  • 毎年継続時のボーナスマイル:1,000マイル

カードを継続するだけで、毎年1,000マイルがもらえるのでお得です。

さらに、ANAマイレージクラブ提携航空会社便の利用では、以下のようなフライトボーナスマイルが付与されます。

  • 国内線の場合:搭乗の区間基本マイレージ × 運賃種別ごとの積算率+10%分の上乗せ
  • 国際線の場合:搭乗の区間基本マイレージ × 予約クラスごとの積算率+10%分の上乗せ

ANAの航空機を利用するほど、マイルがザクザク貯まっていきます。

特典・付帯サービス

海外旅行保険は最高3,000万円まで補償され、国内旅行保険は最高2,000万円まで補償されます。

どちらにも最高1,000万円の家族特約がついており、家族カードが作れない年齢の子供がいる方も安心です。

その他、国内・海外の買い物で適用される最高200万円のショッピング保険も付帯されています。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 

国際ブランドAMEX
年会費初年度34,100円
2年目〜34,100円
還元率常時0.5%
最大1.0%

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ANAアメリカン・アメックスカードの機能に加えて、さらにマイルが貯まりやすいカードです。

年会費は34,100円です。

家族カードは、17,050円で持つことができます。

個人で申し込めますが、ANAアメリカン・アメックスカードを利用していると、インビテーションが届くこともあります。

ポイント還元率

通常のポイント還元は、1.0%です。

ANAグループの買い物では、2倍の還元率にアップします。

貯まるポイントには、有効期限がないので、失効を気にせず長期に渡って貯め続けられます。

マイルへの交換レートが良く、1,000ポイントごとに1,000ANAマイルへ移行が可能です。

マイルへの移行手数料もかからないので、効率的に貯められるでしょう。

カード入会や継続、搭乗時に付与されるボーナスマイルは、以下の通りです。

  • 入会時のボーナスマイル:2,000マイル
  • 毎年継続時のボーナスマイル:2,000マイル
  • ANA便搭乗時:25%のボーナスマイル

ANAアメリカン・アメックスカードよりももらえるマイル数がアップしています。

特典・付帯サービス

国内主要空港とハワイの一部の空港ラウンジサービスが無料で利用できます。

以下の、ANA関連サービスが優待価格で利用可能です。

  • 空港内店舗「ANA FESTA」:5%割引
  • 国内線・国際線の機内販売:10%割引
  • ANAオンラインショップ「A-style」:5%割引

ANA航空機をよく利用する方にとっては、嬉しい特典です。

海外旅行保険は最高1億円まで補償され、国内旅行保険は最高5,000万円まで補償されます。

その他、国内・海外の買い物で適用される最高500万円のショッピング保険も付帯されています。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

 

国際ブランドAMEX
年会費初年度11,000円
2年目〜11,000円
還元率常時0.33%
最大1.0%

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、マイルが貯めやすいカードです。

ANAやJALに限定せず、さまざまな航空会社の特典航空券を発券できるメリットがあります。

年会費は11,000円です。

家族カードは1枚につき年会費5,500円で持つことができます。

ETCカードの年会費は無料ですが、発行手数料に935円かかるので注意が必要です。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は1.0%です。

貯まるポイントには有効期限がないので、失効を気にせず長期に渡って貯め続けられます。

以下の27社の対象航空会社でチケットを購入すれば、還元率が3倍にアップします。

  • アシアナ航空
  • アリタリア-イタリア航空
  • エア タヒチ ヌイ
  • ANA
  • エールフランス航空
  • エティハド航空
  • エバー航空
  • エミレーツ航空
  • オーストリア航空
  • ガルーダ・インドネシア航空
  • カンタス航空
  • キャセイパシフィック航空
  • KLMオランダ航空
  • シンガポール航空
  • スイス インターナショナル エアラインズ
  • スカンジナビア航空
  • スターフライヤー
  • タイ国際航空
  • 大韓航空
  • チャイナエアライン
  • デルタ航空
  • 日本航空
  • Peach
  • フィリピン航空
  • フィンランド航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • ルフトハンザ ドイツ航空

格安航空会社のPeachも対象となっています。

対象の航空機の幅が広いので、普段から色々な航空機を利用する方にとっては、使いやすいでしょう。

以下のボーナスポイントも用意されています。

入会ボーナスポイント3,000ポイント
ファーストトラベル・ボーナスポイント5,000ポイント
継続ボーナスポイント1,000ポイント

貯まったポイントは1,000ポイントから、16種類の航空会社のマイルに交換することが可能です。

特典・付帯サービス

海外・国内旅行保険は最高2,000万円まで補償されます。

傷害死亡・後遺障害保険金は、家族特約で家族も最高1,000万円まで補償を受けられます。

航空機遅延保険も付帯されており、ホテルの宿泊費や食事代、生活必需品の購入まで負担してくれるので安心です。

その他、国内・海外の買い物で適用される最高500万円のショッピング保険も付帯されています。

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラー・プレミアム・カード

 

国際ブランドAMEX
年会費初年度38,500円
2年目〜38,500円
還元率常時0.33%
最大1.0%

アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラー・プレミアム・カードは、航空券の還元率が高い点が特徴的なカードです。

年会費は38,500円です。

家族カードは年会費が19,250円かかります。

ETCカードの年会費は無料ですが、発行手数料に935円かかるので注意が必要です。

ポイント還元率

通常のポイント還元率は0.33%です。

貯まるポイントには有効期限がないので、失効を気にせず長期に渡って貯め続けられます。

カード入会や継続、搭乗時に付与されるボーナスマイルは、以下の通りです。

  • 入会時のボーナスマイル:5,000マイル
  • 毎年継続時のボーナスマイル:5,000マイル
  • ファーストフライト・ボーナスポイント:10,000マイル

スカイ・トラベラー5倍ボーナスとして、対象航空会社の航空券、対象旅行代理店の指定旅行商品の購入はポイントが5倍にアップするのでお得です。

貯まったポイントは、以下の15種類の航空会社のマイルに移行できます。

スターアライアンスANA・シンガポール航空・スカンジナビア航空・タイ国際航空
スカイチームアリタリア-イタリア航空、エールフランス/KLM航空・チャイナエアライン・デルタ航空
ワンワールドカタール航空・キャセイパシフィック航空・フィンランド航空・ブリティッシュ エアウェイズ
その他ヴァージンアトランティック航空・エティハド航空・エミレーツ航空

マイルへの移行手数料もかからないので、コツコツポイントを貯めましょう。

特典・付帯サービス

以下のような、旅にまつわる特典が付帯されています。

空港ラウンジサービス国内主要空港とハワイの一部の空港ラウンジが無料で利用可能
空港手荷物宅配サービス自宅と空港間でスーツケース1個を無料配送
空港パーキングサービス空港の駐車場を優待価格で予約が可能
海外携帯レンタルサービス海外携帯をレンタル料金半額、通話料10%割引
レンタカーサービスオリックスレンタカー、トヨタレンタカー、日産レンタカー、ニッポンレンタカー、タイムズ カー レンタルが5%割引
海外旅行先での日本語サポートレストランのご予約から緊急時の支援まで、電話で24時間体制でサポート

海外・国内旅行保険は最高5,000万円まで補償されます。

カードで旅費を支払うことで適用される利用付帯です。

航空機遅延保険も付帯されているので、飛行機にまつわるトラブル発生時にも安心です。

その他、国内・海外の買い物で適用される最高500万円のショッピング保険も付帯されています。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 

国際ブランドAMEX
年会費初年度28,600円
2年目〜28,600円
還元率常時1.0%
最大1.0%

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、60ヵ国300以上の都市へのフライトを提供するデルタ航空とアメックスが提携して発行するカードです。
年会費は28,600円かかります。

家族カードは1枚目は無料ですが、2枚目以降は年会費が13,200円かかります。

ETCカードの年会費は無料ですが、発行手数料に935円がかかります。

ポイント還元率

通常の還元率は1.0%です。

デルタ航空への支払いに利用すれば、3倍のボーナスマイルが付与されます。

海外の買い物では還元率が1.5倍にアップするのでお得です。

入会や搭乗時には、以下のようなボーナスマイルが付与されます。

入会ボーナスポイント8,000ボーナスマイル
ファーストフライトボーナス25,000ボーナスマイル

貯まったマイルはデルタ航空もしくはスカイマークの特典航空券に交換できます。

特典・付帯サービス

入会特典として、通常デルタ航空のヘビーユーザーのみ取得できる「ゴールドメダリオン」を1年間無料で利用可能です。

ゴールドメダリオンでは、以下のような特典が受けられます。

  • 世界490以上のスカイチームのラウンジが無料で利用可能
  • デルタ航空の優先チェックイン・優先搭乗
  • 専用の荷物検査レーン

その他、以下のような付帯サービスが用意されています。

空港ラウンジサービス国内主要空港とハワイの一部の空港ラウンジが無料で利用可能
空港手荷物宅配サービス自宅と空港間でスーツケース1個を無料配送
空港クロークサービス乗継便の待ち時間に空港内手荷物預かり所にて荷物を2個まで無料で預けることが可能
エアポート送迎サービス海外旅行時にMKグループのタクシーを会員専用でチャーター、指定の場所と空港間の送迎を優遇料金にて利用可能
空港パーキングサービス空港の駐車場を優待価格で予約が可能
オーバーシーズ・アシストレストランの予約から緊急時の支援まで、海外から24時間通話料無料で対応

海外旅行保険は最高1億円まで補償され、国内旅行保険は最高5,000万円まで補償されます。

海外旅行保険は5,000万円までが、カードを持っているだけで適用される自動付帯です。

その他、国内・海外の買い物で適用される最高500万円のショッピング保険も付帯されています。

まとめ

ステータスの高いアメックスカードについて解説しました。

旅行にまつわるサービスが豊富で、ホテルの宿泊サービスやマイルが貯まりやすいなど、さまざまな特典が付帯されています。

年会費は初年度からかかるものがほとんどですが、特典をうまく活用すれば、もとを取ることは可能です。

アメックスカードを持てば、出張や旅行がさらに贅沢なものになるでしょう。