株式投資

【最新版】株式投資の始め方とは?株式投資のコツから注意点などについて徹底解説!

「これから株式投資を始めたいけど始め方が分からない」「株式投資のコツなどについて詳しく知りたい」などと思っている方は多いです。

そこで今回は、株式投資の始め方やコツ、注意点などについて徹底紹介していきます。

これから株式投資をしたいと考えている人や、すでに株式投資をしている方も、ぜひ参考にしてください。

株式投資とは

株式投資とは、株式会社が発行する株式という証券を購入することで、利益の一部を受け取ることができる投資のことを指します。

具体的な株式投資を行うメリットについては、主に3つあります。

  • 配当金
  • 売買差益
  • 株主優待

上記の株式投資のメリットをあらかじめ理解しておくことで、株式投資を最大限活用できます。

それでは、それぞれのメリットについて特徴を踏まえて紹介していきます。

配当金

配当金とは、企業が得た利益の一部を株主に支払うお金を指します。

これは株を持っているだけで受け取れるため、配当金狙いの株式投資であれば株価の動きを気にする必要はありません。

大手企業や業績伸びている企業であれば、配当が減る可能性が低いため、安定して資産運用を行うことができます。

また、配当金は確定申告の際に申請を行うことによって、税制優遇措置を受けることができ、節税対策にも繋げることが可能です。

しかし、配当利回りの平均は約2%とされており、月20万円の利益を得るためには、単純計算で1億2,000万円分の株を保有する必要があります。

そのため、ある程度の資金がないと配当金で資金を増やすことは難しいので注意が必要です。

売買差益

売買差益とは、株式を購入した時の価格と株式を売った時の差額で利益を得ることです。

基本的に株式投資は株式を安く購入して株価が高い時に売ることによって、利益を得ることができます。

株式投資をしている方のほとんどは売買差益で利益を出していますが、間違ったやり方で売買差益を行ってしまうと、株式を購入した時よりも安く売ってしまう可能性も高いです。

このように、株式投資の初心者であれば、基本的な知識が無い状態で売買差益を儲けようとするとリスクが大きいため、まずは少額投資から始めることをおすすめします。

株主優待

株主優待とは、企業が株主に対して自社商品やサービス、商品券などを無料で提供することです。

こちらも配当金と同じく、株を持っているだけで受け取れます

株式会社は株主優待を充実させて株主の満足度を高めることで、結果的に資本金を増やすことに繋がります。

具体的な株主優待については、企業によって多少異なりますが、主に下記が挙げられます。

  • 食料品
  • 金券
  • 優待券
  • 自社商品
  • カタログギフト

このように株主優待について理解しておくことで、日常使っている消耗品などを無料で貰うことができるため、日々の生活コストを抑えることも可能です。

株式投資のコツとは

初心者が株式投資を始める際には、株式投資のコツについて理解しておくことは重要です。

実際に、株式投資のコツについて理解しておくことで、利益を得ることができることはもちろんですが、損をしてしまうリスクを減らせます。

具体的な株式投資のコツについては、下記が挙げられます。

  • 正しい知識を身につける
  • 自己資金内で取引を行う
  • 正しい情報を見極める
  • 自分に合った投資スタイルを利用する

それぞれのコツについて紹介していきますので、これから株式投資を始めたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

正しい知識を身につける

株式投資を始める上で一番重要なことは、正しい知識を身に着けることです。

間違った知識で株式投資を初めてしまうと、最悪の場合は投資詐欺の被害に合ってしまう可能性があるため、あらかじめ注意が必要です。

株式投資の正しい知識とは、株式の取引方法やテクニカル分析、ファンダメンタル分析など幅広い知識が挙げられます。

また、おすすめの学習方法については、書籍やウェブサイトを利用して勉強する方法もありますが、セミナー・講座を活用することによって、より効率的に学習することが可能です。

関連記事:株の勉強はどうすれば良い?初心者向けのゼロからの勉強方法6つを紹介!

自己資金内で取引を行う

株式投資をする際に、借金をしてしまうリスクを減らすためにも、自己資金内で取引を行うことが必要です。

実際に初めて株式投資をする方は、なんとしても利益を出したいために生活資金を使ってしまうことが多い傾向にあるので、普段の生活に支障が無いようにあらかじめ予算を設定することをおすすめします。

自己資金内でも、初心者であれば少額から取引を行うことで、利益が出る金額は少ないですが損益も少なくできたり、取引に慣れることができるメリットが挙げられます。

正しい情報を見極める

株式投資も含めてすべての投資にも共通して言えることがですが、正しい情報を見極めることによって、利益を出しやすくすることが可能です。

具体的に正しい情報を見極めるために、下記のことを意識することをおすすめします。

  • 情報発信者の実績を調べる
  • 情報の日付
  • 関連性が高い情報を調べる
  • 個人情報か企業情報かどうか
  • ネット以外の情報も調べる

このように情報を鵜呑みにせずに、正しい情報を見極めることが株式投資で利益を出すために重要な要素です。

また、株式投資の儲け話があった場合には、投資詐欺の可能性があるため注意が必要です。

自分に合った投資スタイルを利用する

株式投資には下記2つの投資スタイルがあります。

  • 長期投資
  • 短期投資

長期投資は長期間株式を保有する投資スタイルで、後々の株価の大きな上昇によって高い収益を得ることが可能です。

日々の株価の動きに一喜一憂する必要がなく、手間を掛けずに投資を行えるメリットがあります。

短期投資は、数時間や数日で株式を売買する投資スタイルのことで、すぐに利益を確定することができ、資金を効率良く回転させることができるメリットがあります。

このように、自分自身の投資スタイルを見つけることによって、冷静な判断による株式投資を行うことに繋がります。

株式投資の始め方

「株式投資を始めたいけど、どのように始めたら良いのか分からない」などと思っている方は少なくありません。

株式投資の始め方について、正しい知識を身に付けておくことで、余計な手間を掛けずに株式投資を始められます。

具体的な株式投資の始め方については、下記の通りです。

  • 証券会社に口座開設をする
  • 証券会社に入金する
  • 株式を購入する
  • 株式を売却する

それぞれの手順について特徴を踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

証券会社に口座開設をする

株式投資を始めたい方が最初にやるべきことは、証券会社に口座開設をすることです。

証券会社の選び方は下記にて具体的に紹介していきますが、基本的に自分自身の投資スタイルに合った証券会社で口座開設をすることが重要です。

従来では店舗に直接申し込みで手続きをすることが一般的でしたが、現在はネット証券であれば、パソコンやスマホ上でも口座開設をすることができるため、余計な手間を掛けずに手続きを行えるメリットがあります。

証券会社に入金する

証券会社に口座開設することができたら、株式を購入するために証券会社に入金を行う必要があります。

インターネットバンキングを登録することによって、クイック入金や即時入金を行うことが可能です。

また、銀行振込の場合には、銀行窓口はもちろんですがATMや提携以外のインターネットバンキングから入金することもできます。

株式を購入する

株式を購入するための資金の入金が完了したら、株式を購入するために自分自身が希望している銘柄を選びます。

証券会社によって多少異なりますが、銘柄ランキング検索やおすすめ銘柄などによって探すことができるサービスも利用することが可能です。

購入する銘柄を選んだら、米国株であれば1株から、国内株式であれば100株から購入することができます。

国内株式を購入したいけど、投資資金が少ないため1株から購入したいと思っている方であれば、SBI証券などの証券会社であれば、国内株式を1株から購入することができます

株式を売却する

短期投資や長期投資などの投資スタイルによってタイミングは異なりますが、株式を売却することによって利益を出すことができます。

実際に売りたい銘柄が決まっている場合には、売却ボタンを押すことによって、売り注文を確定することができ、口座残高に反映されます。

このように株式投資は手間暇をかけずに行えるため、株式投資に少しでも興味があるなら始めてみることをおすすめします。

銘柄の選び方

株式投資を行う上で銘柄の選び方についてあらかじめ理解しておくことは利益を出すためには非常に重要な要素です。

実際に国内の証券取引所に上場する銘柄は3,700以上もあるため、最適な銘柄を選ぶことは難しいことも事実です。

銘柄の選び方については、下記の要素が挙げられます。

  • 事業内容
  • 利益や売上
  • 株価の水準を理解する
  • 配当や株主優待を理解する

それぞれの銘柄の選び方については、下記にて特徴を踏まえて紹介していきます。

事業内容

株式投資する上で、どのような事業内容を行っている企業なのかを調べることで、今後業績が伸びるのかある程度予想することが可能です。

また、どのような業種が伸びるのかを知るためには、常にさまざまな情報にアンテナを貼ることも重要です。

例としては、ブームになりそうなサービスや商品を開発している企業があれば、今後の上昇を予想して株式を購入するなどが挙げられます。

利益や売上

株式投資の売買で利益を出すために最も重要なのは株価です。

その株価に大きな影響を与えているのが企業の利益や売上であり、銘柄を選ぶ際には注目するポイントとして挙げられます。

しかし、利益や売上が下がっている企業でも、将来的には業績や売上が右上がりになる可能性もあるため、あくまで銘柄選びの参考として覚えておくことをおすすめします。

株価の水準を理解する

株価の水準を理解することによって、できるだけ安い銘柄の株価を購入して、高い株価で売ることに繋げることができます。

具体的に株価の水準を理解するためには、単純に他の銘柄と比較するだけでなく、業界全体で見て割高か割安なのか判断する必要があります。

例として、企業の資産から割り出したPBR(株価純資産倍率)や業績から割り出した株価指標のPER(株価収益率)などを利用することによって、より正確に株価の水準を理解することが可能です。

配当や株主優待を理解する

配当や株主優待を理解することで、無料で商品を貰えたりサービスを受けることができます。

先ほども紹介しましたが、基本的に株主優待は株主に対して利益をの一部を還元するものなので、自分自身が選択した銘柄の業界によって株主優待の内容も異なります

例として、飲食店関連の銘柄であれば、食品や食事券などの株主優待を貰うことが可能です。

また、全ての企業が株主優待を行っているとは限らないため、企業のホームページや関連するWebサイトなどであらかじめ調べておくことをおすすめします。

株式投資の代表スタイル

株式投資を始める上で重要になるのは、株式投資のスタイルを決めることです。

どのようなスタイルで株式投資を行うのか事前に決めておくことで、状況に応じて取引のやり方を変えることを防ぐことができるため、利益を出しやすくなります。

具体的に株式投資の代表的なスタイルについては、下記3つが挙げられます。

  • 成長株投資
  • 割安株投資
  • 低位株投資

それぞれの代表的な株式投資のスタイルについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

成長株投資

成長株投資とは、グロース株投資とも呼ばれており、今後の株価上昇が見込める銘柄に投資することです。

景気動向に左右されることがなく、今後高い成長率が見込める株式を選ぶことが重要です。

成長株を探すポイントとしては、最先端の技術を活用した事業内容を展開している企業などは今後成長する可能性が高いです。

このように、成長株投資を行う際には投資金額はそれなりに必要になりますが、長期的な視点で持続的成長と株価上昇を見込めます。

割安株投資

割安株投資とは、バリュー投資とも呼ばれており、中長期の視点で株価上昇を見越して株価の安い銘柄に投資する手法のことを指します。

実際に割安株銘柄を見つけるためには、企業の財務状態や業績などの細かい確認をすることはもちろんですが、指標の確認も行うことでより正確な予想を行うことができます。

このように割安株投資は少ない投資額でも始めることができるため、株式投資の初心者に人気がある傾向です。

低位株投資

低位株投資は、基本的に決められた明確な定義はありませんが、1株が500円未満で100株(単位株)が5万円以下になるような価格の低い銘柄が低位株と呼ばれています。

低位株の特徴は、基本的に注目がされていないため取引量が少なく、値動きがなく、赤字経営をしている企業が多い傾向です。

また、株価水準が低いので、新発売の商品やサービスなどの要因で一気に株価が上昇したりするメリットもあります。

しかし、企業にとって悪い噂がされた際には、株価が暴落するリスクもあるため、あらかじめ注意が必要です。

関連記事:低位株でボロ儲け?アフターコロナに跳ね上がる可能性がある商品7選

株式投資の注意点

株式投資の注意点を理解しておくことで、株式投資で損をしてしまうリスクを減らせます。

これから株式投資をはじめようと思っている初心者は、注意点についてはしっかりと理解しておくことをおすすめします。

具体的な株式投資の注意点については、下記4つが挙げられます。

  • 損切りをする
  • リスク分散をする
  • 証券会社を比較する
  • 色々な手法に手を出さない

それぞれの注意点について、特徴を踏まえて紹介していきますので、株式投資に少しでも不安がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

損切りをする

損切りとは、損失を最小限に抑えるために、あらかじめ決めた損失額で株式を売却することを指します。

株式投資では、損切りをするかしないかが利益を上げる上で非常に重要なポイントです。

しかし、株式投資の初心者によくありがちなのが、損切りに対してネガティブなイメージを持っているため、損切りせずに損失額がどんどん大きくなってしまうことです。

そうならないためにも、損失額を最小限に抑える意味で損切りは積極的に行うことをおすすめします。

リスク分散をする

株式投資でリスク分散をしなければ、収益を得ることができないことはもちろんですが、損失が大きくなってしまう可能性が高くなります。

具体的にリスク分散をするためには、株式を購入する際に一つの銘柄や業界に絞らずに幅広い業界で多くの銘柄を選択することが大切です。

仮に一つの業界や銘柄に投資をしてしまうと、その業界の商品やサービスの市場価値が落ちてしまった場合には、損失額も膨大に膨れてしまう恐れがあります。

リスク分散は株式投資をする上では基本的な考え方なので、できるだけリスクが少ない投資方法にすることが重要です。

証券会社を比較する

証券会社を比較せずに選んでしまうと、取引手数料などによって損をしてしまうリスクがあるため注意が必要です。

複数の証券会社を比較することによって、自分自身にもっとも条件の合う証券会社で株式投資をすることができます。

例として、できるだけ取引手数料を安くしたいと思っている方であれば、インターネットで証券会社の取引手数料を簡単に比較することが可能です。

このように証券会社によって取引手数料やサービス、取扱内容などが異なるため、自身に合っている証券会社を選ぶことをおすすめします。

色々な手法に手を出さない

株式投資で色々な手法に手を出してしまうと、その投資手法の良さを最大限に発揮することができずに、損出が大きくなってしまうリスクがあるため注意が必要です。

投資手法を最大限に活用するためには、あらかじめ手法を決めてから株式取引をすることが、利益を増やすためにも大切なポイントになります。

また、投資手法を決めてから数ヶ月投資をしても利益が出ないからといって、すぐに違う投資手法に切り替えたことによって、結果的に損をしてしまうリスクもあるため、投資手法を切り替える際には慎重に検討することも重要な要素です。

まとめ

今回は、これから株式投資を始めたいと思っている方に向けて、株式投資の始め方やコツ、注意点などについて徹底紹介しました。

株式投資の始め方については、証券会社に口座開設後に入金してから、自身で選んだ銘柄の株式を購入して売却する流れになります。

また、株式投資のコツは、「正しい知識を身につける」「自己資金内で取引を行う」「正しい情報を見極める」「自分に合った投資スタイルを利用する」の4つが挙げられます。

ぜひ今回紹介したことを参考にして、株式投資を始めてみてはいかがでしょうか。