アジアのカジノで一攫千金

ブラックジャック 控除率がきわめて低く 賭け手の腕によっては「勝てる」ゲーム

アジアのカジノで一攫千金

賭け手(プレイヤー)と胴元(ディーラー)がカードを引き、21に近いほうが勝ちとなるゲーム。2枚手元に配られ、もう1枚もらう(ヒット)かそのままで勝負(ステイ)か判断する。数字はそのまま、絵札は10。Aは1もしくは11としてカウントできる。引き分けなら、掛け金は返ってくる。プレイヤーは何枚でも引けるが、21をオーバーしたらバースト。ディーラーは合計が17以上になるまで機械的に引かねばならない。 カ.....[続きを読む]

関連キーワード

スポンサードリンク
▲FX初心者のためのWebYenSPA!のページトップへ