[具] 具体的には、小林さんはどんなチャートを見てるんですか?

[小林] 複雑なものは見る必要はないと思います。基本は日足と時間足で移動平均線と一目均衡表、ボリンジャーバンドを見る。RSIやストキャスティクスは「今、どうなってんのかな」と参考程度に見るくらいですね。

[具] 移動平均は何本線ですか?

[小林] 9、21、90、200。一番最初に先輩に教えられました。あとは55本もたまに見ますね。

[具] 僕はスキャルピングがメインなんですけど、ディーラーの方々は、どういう時間軸でトレードを考えてるものなんでしょうか。

[小林] 1か月先、1週間先は誰にもわからない。でも、3〜4時間なら何とかわかるかもしれないと思って見てますね。

[具] 僕は3〜4時間でも長いと感じてしまうんですよ。


[小林] スキャルピングだと、一回捕まるとそれまでの利益を全部吐き出してしまうことがたまにありませんか? そうなると意味がないと思うんですよね。私がイメージするのは、ドル/円ならどうやって25〜30銭を取るか、というトレード。シドニーから欧州までに一回、欧州からニューヨークまでにもう1回転できないかな、と。

[具] 僕も最近は15分足で2〜3時間のうねりを取るようなトレードも試してるんですが、これまでは3Pips取れればいいと思ってました。その代わりどんなに動いても3Pipsしか狙わない。

[小林] なるほど。

[具] ズバーッと落ちてるときに拾うと必ず一撃を食らうので、待ちに待って、1時間半売ってきたら5分は戻すだろうと考えてハイレバレッジで全力で行く。ただし、口座には強制ロスカットされてもいいような金額しか入れずに。

[小林] なるほど。普通は揉み合ってたところから少し落ちたから買って、ズルッと下がったからナンピンして、ドーンッと落ちたらウワーっと投げちゃう。具っさんのようにみんなが投げ終わったあとに買っておけば、それは自然に戻りますよね。ただ、ディーラーは「このポイントを抜けたら走るぞ」と思ったところからどんどん売るわけです。


[具] 個人投資家がそれを拾ってディーラーさんにつぶされるわけですね。ディーラーさんに負けないためにはどうすればいいですか?

[小林] まず、ちゃんとストップロスを置きながら、小手先の動きよりも大きなトレンドを見たほうがいいと思うんですよね。

[具] でも、多くの個人投資家はロスカットした金額より大きい利益を取れず、損大利小の繰り返しで負けていくと思うんです。ナンピンしても逃げ切れなかったり……。

[小林] ナンピンは一回だけならいいと思いますよ。ただ、90円20銭で買って、90円ちょうどでナンピンしたとしたら、90円10銭、ましてや12銭まで戻るのを待たずに、7銭でも8銭でも逃げるべき。利食おうなんて思っちゃダメ。

[具] それはすごくわかる。なぜかギリギリ同値に届かない。

[小林] 最初に20銭で買ったのは浅はかでしたと、2〜3Pipsは諦めないとダメですね。でも、本当はポジションを取るときに利食いと損切りを考えておかないと。

[具] 考えずにポジションを立てちゃダメだと。一回の損失額はどのくらいが理想ですか?

[小林] 3%なら3連敗しても10%。でも、損切りはあくまでチャートのポイントで設定すべきで、金額で決めるべきじゃない。

[具] 逆に言うと、ロスカット値を決めれば、枚数も決まりますね。

[小林] FXはディールであってギャンブルじゃない。だからイチかバチかはもちろん、五分五分でもやらないほうがいい。ディールとギャンブルの違いは、勝負が始まってから手の内を変えられるかどうか。自分の考えに固執しないで、相場の流れについていくのがディーリングで勝つ秘訣ですよ。




■小林芳彦 氏
JEX代表。慶応大学卒業後、協和銀行、クレディスイス、バンク・オブ・アメリカなどで為替業務に携わる。
『ユーロマネー誌(日本語版)』で、顧客投票により「日本のディーラー・ベストセールス部門」で7回、「短期為替予測部門」で5回、1位を獲得している




JFX
マトリックストレーダーのスプレッドはドル/円で0〜1銭と業界最低水準。最大レバレッジは300倍。
小林氏のリポートとP&Fの閲覧が可能だ







■具っさん 氏
福島出身の33歳。'06年に株を始め、'08年FXに転身。
昨年、48営業日で80万円を1億円にした最速 "億" トレーダー。
ブログ「FXだっぺ〜 やっぱすぃ〜♪ 」http://unndappe.blog44.fc2.com/は必読