負け組トレーダーを助けるために、

本当に儲けている二人が立ち上がり徹底指導!


「CFDって面白そうだから始めたけど、なんか複雑だしさっぱり勝てない」と嘆く初級トレーダーは少なくないはず。そんな悩みもこの3人の話を読めばすべて解決!


カリスマトレーダーが教える初級者脱出への道はこれだ



 個人投資家が集まるSNS『カブトモネット』。編集部はそこに、「CFD まじつらい」「上手くなる気配がない」と日記に書き込んでいるレッド・チャップリン氏を発見した。CFDは、株やFXに較べてまだ情報が少ないため、おそらく全国に同じ悩みを持っている個人投資家がいることだろう。

 そこでエン・スパでは、3か月で4000万円以上稼いだカリスマCFDトレーダー・三空氏と、大勝ちはしていないものの地道にCFDを続けるしむしむ氏、そして前出の、大敗を喫し、もはやCFDの迷宮に迷い込んでしまったレッド・チャップリン氏の3人の座談会をセッティング。CFD初心者が負け組から脱出する道について語りあってもらった。


自分のポジションの大きさをまったく理解していない?


[レッド・チャップリン](以下レッド) 今日はよろしくお願いします。

[三空] よろしくお願いします。まずレッドさんの投資成績を教えてもらえますか?

[レッド] CFDは去年の7月に資金20万円で始めたんですが、1か月で3分の1にしてしまいました。その後資金を追加して再チャレンジしましたが、正直まったく勝てる気がしません。

[しむしむ] 銘柄とレバレッジは?

[レッド] 銘柄はダウやイギリス、ドイツの株価指数がメインです。資金がないので1度に張るのは1〜2枚ですが、これってレバレッジはどれくらいなんでしょう?

[三空] ということは、自分がいくら分売買しているか、全然わからないままにトレードしているってことですね?

[レッド] はい……。

[三空] うーん、それは厳しいですね。僕も最初にCFD始めたときそこが全然わかってなくて、適当にやったら4日間で500万円を半分に減らしちゃいました(笑)。

[しむしむ] 日本円じゃないから、よけいわかりにくいんですよね。

[三空] まず自分がいくらのポジションを持っているのか、いくら動いたらいくらの損益になるのか、そこをきちんと把握するのが大前提です。そこがわかっていないと、1回のトレードでどこまで負けても大丈夫なのか、どこで損切りすべきか、などが判断できません。ダウだったら、大雑把に1枚で約1万ドル=100万円、1ドル動いたらそのまま1ドル=100円の損益と考えればわかりやすい。

[レッド] なるほど。

[三空] 実際のトレードはどんな感じですか?

[レッド] デイトレードだと、ボリンジャーを見て逆張りで入ることが多いです。勝率は7割くらいあるんですが、負けるときが大きくて。コツコツ数百円の勝ちを積み上げても、1回の負けで一気に1万円以上マイナスになってしまうことが多くて。

[しむしむ] 初心者によくある負けパターンですね。

[レッド] 前回の失敗を生かそうと次は反対の判断をしたら、今度はそれが裏目に出ちゃったり。もうどうしたらいいんだか。


【用語解説】

■銘柄とレバレッジ
CFDは、世界各国の株式や株価指数、金や原油などコモディティ、債券など、業者によっては数千種類以上もの銘柄を売買できるのがメリットのひとつ。最近ではCO₂排出権を売買できる業者も登場している。また自己資金の何倍もの金額を売買でき、その倍率を「レバレッジ」と呼ぶ。たとえば10000ドルのダウを売買するのに必要な資金(必要証拠金)が500ドルだとすると、レバレッジは最大20倍となる。

■デイトレード
買った、あるいは売った銘柄を、その日のうちに決済する短期の売買手法。中でも決済までの期間が数秒〜数分と特に短い手法を「スキャルピング」と呼ぶ。

■ボリンジャー
正式には「ボリンジャーバンド」。値動きの幅を示す指標で、相場の転換点などを読むのに使われる。

■エントリーポイント
買い、あるいは売りでポジションを持つことを「エントリー」、その場所(タイミング)を「エントリーポイント」と呼ぶ。

■ナンピン
買い(売り)エントリーの後で値下がり(値上がり)したとき、さらに安値で買い増す(高値で売り増す)こと。平均買値が下がった(平均売値が上がった)分有利になるが、そのまま反転せずに値下がり(値上がり)が続くと損失が拡大する両刃の剣。

■チャート
時間経過とともに変化する売買価格をグラフにしたもの。

■下値支持線
価格が上下運動を繰り返しているときの下限ラインのこと。同じように上限ラインは「上値抵抗線」と呼ばれる。

■アラートを鳴らす
取引ソフトによっては、銘柄価格がボリンジャーバンドにタッチしたらアラームを鳴らす機能があるソフトがある。よそ見をしていても売買チャンスを逃さない。

■スイングトレード
当日中に完了するデイトレードに対し、エントリーから決済まで数日間かける売買方法のこと。10バーチャルトレード「デモトレード」とも呼ばれ、実際のお金を使うことなく、本物の相場と同じ値動きに合わせゲームのように売買をする仮想トレードのこと。

■バーチャルトレード
「デモトレード」とも呼ばれ、実際のお金を使うことなく、本物の相場と同じ値動きに合わせゲームのように売買をする仮想トレードのこと。