チャンスはこれで倍増!『イエスタデイズ・トレード』



 でもブラッドリー、TSUNAMIってチャンスが少なすぎて物足りないんですが……。

 「確かにそれはTSUNAMIの欠点。トレンドの出やすい英ポンド/円が基本ですが、英ポンド/スイスフランでもOK。その場合、利益確定はR3、S3から50pips離れたところ、損切りは反対に50pips離して置きます」

 これでチャンスは増える。そしてさらにチャンスを倍にするには“イエスタデイズ・トレード”を。

 「前日の朝に計算したR3、S3が翌日になっても有効なことがよくあります。だから、当日のR3、S3に加えて、前日のR3、S3のラインも延長させて使えるんです。それが『イエスタデイズ・トレード』。エントリーや利確、損切りの考え方はTSUNAMIとまったく同じです」

 これでトレードの枚数が増やせ、チャンスも2倍、4倍だ!

 「英ポンド/円だったら、エントリーチャンスは月3回くらい。チャンスは限定的ではありますが、TSUNAMIの勝率はだいたい70%と高く、週1回のトレードでスイングトレーダーと同じぐらいの利益を取ることができます。セットアップもシンプルですし、忙しいビジネスパーソンでもやりやすいのでは」

 朝起きたらR3とS3を計算して、注文を発注──これを朝の習慣に加えるべし!



リスクを最小限にするためには万全の体制を整えて
『マネー&タイムマネジメントを!』



 「実践で試す前にバックテスト1000回、デモ口座の資金を2倍にしてから」はブラッドリーの口癖だが、TSUNAMIでは特にデモでの訓練が必須だとか。

 「TSUNAMIではエントリーが始まったら、チャートを見る必要があります。7個目のエントリーが刺さったら即利食いしないと、勝率が落ちてしまいますから。でも、会議中だったり、移動中だったり、最初のエントリーが始まったからといって、エントリーが始まってすぐにチャートを見られるとは限りませんよね。そんなときでも、対処できるかどうか、デモ口座で試してみるのです」

 マネーマネジメントに加え、タイムマネジメントが重要なのがTSUNAMI。でも、移動中ならノートパソコンを開けばいいし、会議中なら「ちょっとトイレへ……」って出ちゃえばいいじゃん?「地下鉄で移動中だと電波が入らないかもしれないし、10個のエントリー注文をトイレから携帯で利確・取り消しするのは大変です。ベストなのは信頼できるパートナーと一緒にトレードする態勢を整えることですね」

 嫁であれ友人であれ、誰かと共同作業にすれば、欲をかいて身勝手なトレードをしちゃうことも減るはず。ルールに忠実に実行できる効果もあるよう。

 「万が一のためにTSUNAMIでは損切り注文も入れておきますが、8個目、9個目とエントリーしてから損切りにかかってしまうと、損失も甚大。強い上昇トレンドで入ったのにトレンドが反発してしまったようならR3まで戻った時点で損切りしたりと、臨機応変な対応も必要となります。だから一層、誰かの手を借りることが大切です」




■ロブ・ブッカー氏
FXコーチとして、これまで3000人超にそのオリジナルの手法を伝授。
多くの専業トレーダーを世に送り出している




■ブラッドリー・フリード氏
ロブのFX戦略を日本で提供するR o b B o o k e r J a p a n 社長。
F Xトレードのアドバイス、市場のテクニカル分析を提供




絶賛発売中!『超カンタン アメリカ最強のFX理論』