確かにチャートを見ると、ローソク足は三拍子のリズムを刻んでいる!でも、兄貴……肝心の3条件を満たす明星がないっす!

 「そうそう、実は厳密に3条件を満たす必要はないんだ。相場は生き物って言うだろ? 教科書どおりのチャート分析をしようったってそうはいかないよ。オンナを落とすのに恋愛マニュアル片手に口説くようなもん。そこで明星の応用編が必要になってくる。名づけて『兄貴星』!これを覚えておけば、トレードの幅が広がるよ」

 「兄貴星」とは、「コマ以外の反転シグナルを見極める」方法だ。その条件は通常の明星と異なる。

 「よく考えれば、わかるはずだよ。例えば、下げ相場で長い陰線が出て、次に“十字線”が出たとする。コマじゃないから、明けの明星にはならないのかっていうとそうじゃない。十字線は、買いと売りが拮抗している様子を示す。つまり、下げすぎて迷いが生じてるってことだから買いでいいんだよ。逆にコマと呼べないぐらい実体の大きなローソク足でも底値圏で下ヒゲを伴ったら変形の『明けの明星』になる。右図を見てみな。長い陰線の次の大きな陽線を見ると、はじめは陰線の勢いそのままに下げていったけど、売り方の利益確定買いを巻き込んで勢いが増し、結果、長い下ヒゲをつけた大きめの陽線が現れるんだ。これは下値が堅いってこと。十分、反騰のシグナルになっているだろ?」

 同様に、長い陽線の次のコマが高値を更新しなくても兄貴流「宵の明星」に。上がる勢いがそがれたから、コマが高値を更新できない=売り、で入るわけだ。ともすれば強引な解釈ととられがちな「兄貴星」だが、実はしっかりとした理論的な裏づけがあるのだ。

 これで「兄貴星」を使ったエントリーのタイミングはマスター!でも、もう一歩進むにはローソク足以外のツールも利用したい。

 「チャートを見たらわかると思うけど、オレが酒田のほかに使っているのは移動平均線(SMA)ね。文字通り相場の平均値を一本の線にしたもの。5SMAなら直近5本のローソク足の平均値、25SMAなら25本ってこと。これを何に使うかっていうと、利確のポイントを見極めるのに使うんだよ。さっきはワン・ツー・スリーのリズムで利確しろっていったけど、平均線を使うともっとそのポイントが明確になる。というのも、みんなが損切りや利確の目安にしているから、キュッとその水準で動きが止まりやすい。その水準が直近の高値・安値と同じだったりすると、さらに意識されやすくなる。オレは一目均衡表の“雲”も表示させてるけど、難しい説明は省くよ。とりあえず、分厚い雲があるとそこも抵抗線や支持線になりやすいってことを叩き込んどきな」

 必殺「兄貴星」で売り買いのタイミングを計り、移動平均線と“雲”で利確のポイントを見極めるべし! 目指せFXドリーム!





■兄貴
アスリート、実業家を経て投資家に転身。
'08年2月からFXを開始し、7月から10月まで脅威の61連勝を達成。同月"男売り"で一日3000万円稼ぐ。
著書に『FX最終兵器』
ブログ http://fxforexdaytrade.blog17.fc2.com/



速攻重版!!大好評発売中!『FX最終兵器』無料シグナル配信特典付!

酒田五法というからには当然、「明星」ひとつが兄貴の武器というわけではない。ほかの“四法”の兄貴流解釈に加えて、暴落局面での売り増しテクニック、精神論……すべてが揃って最終兵器となる。そんな兄貴のトレード理論を詰め込んだ一冊が兄貴初の著書である『FX最終兵器』(小社刊)だ。兄貴のトレードを見てみたいという人のために、チャートをふんだんに収録して、実践で役立つ理論を紹介している。習うよりも慣れろ、というタイプのトレーダーには、特別付録として盛り込まれた兄貴独自の売買シグナル配信サービス「TradeSpirits」の2週間無料お試し用ID&パスワードの利用を薦めたい。半年で1300Pipsの成績を叩き出したサービスをお試しあれ!