ツイッターが投資でも大活躍中



ブームのミニブログに投資家も多数参戦。上手に活かすにはどんなアプローチが必要なの?


 目下、さまざまなメディアで取り上げられて、現代人の欠かせぬツールになりつつあるツイッター。投資ライフに役立てるにはどうすればいいか? 達人に秘訣を聞いた!

 最近注目されているチャットとホームページの中間のようなサービス、「ツイッター」。利用者は自分の気に入った人や企業のアカウントを複数登録することで、それぞれの発言がリアルタイムに取得され自分のツイッターのページにまとめて表示される。この表示された発言の繫がりをタイムラインといい、登録するアカウントを増やしたり厳選することで自分の好みの情報が投稿された瞬間に確認できる。この速報性が、ツイッターが注目されている点であり、投資とツイッターが相性のいいポイントでもある。




ニュースのない深夜でも最新ニュースを手早く入手



 「現在、ツイッターをしていない人でも投資をやっているなら始める価値は十分にあります」 というのは、アメリカ在住のマネージング・ディレクター広瀬隆雄氏。

 「サラリーマンが帰宅後に調べ物をしたりFXで投資するという夜の時間帯には、日本の投資関連ニュースは止まっています。そのためサラリーマンは結果的に、一番情報が欲しい時間帯に手ぶらで投資をせざるを得ないのが現状。これをツイッターは補ってリアルタイムに情報が入ってくる環境を作ることができるんです」

 確かに、広瀬氏が主宰するハッシュタグ「#markethack」では、深夜になっても海外や日本の経済ニュースが投稿され活発な議論が行われている。ハッシュタグとは、ツイッターで発言するとき、文末につける#から始まる半角英数字のことで、ツイッター上からリンクされたハッシュタグをクリックしたり、検索をかけることで同一の話題が一気に閲覧できる機能のこと。ツイッター上の掲示板的な役割を果たしている。

 「投資のプロとアマの違いは、結局入ってくる情報量の違いだと言えます。ツイッターを活用すれば、タイムラインや利用するハッシュタグが自分専用のディーリングルームの役割を果たします。実際にツイッターのほうがプロのディーリングルームの情報より早かったということもあります」




ツイッターを使って見るべき投資情報とは



 では、ツイッターを投資に活用する上で、フォローしたほうがいいアカウントの探し方や、チェックするべきアカウントはどう探せばいいのだろうか。

 「まず、フォローしたほうがいいのが英語版のワシントン・ポストとウォール・ストリート・ジャーナルです。日本時間の夜10時半頃に『ニュースハブ』という本日のニューストピックスを重要な順番に並べた配信があるのです。全米のテレビ放送に先駆けて公開されるので見出し情報だけでも十分相場で活用できます。私はその他、アメリカの経済紙の記者をフォローしています。英語ができなくてもハッシュタグで少しでも気になった発言をした人をフォローしておくといいですね。しばらく見て興味がなければ外せばいい」

 ほかにも、一人有益な情報を投稿する人がいれば、その人のフォローするアカウントを一気にフォローするのも効果的だ。

 「また、同じような環境で取引している人をフォローするのも重要です。ネット取引は基本的に孤独なので客観性を保つ意味でも投資仲間は欲しいですね」



■広瀬隆雄氏
米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中



■Market Hack
http://markethack.net/

海外投資情報を幅広く発信している。
サイト内で、#markethack タグの様子も見られる