2017/1/5 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、117.749円で取引を開始した後、東京市場では、前日の米国株やシカゴ日経平均先物の上昇を背景に、大発会の日経平均株価は400円超の大幅上昇となりました。時間外の米10年債利回りが上昇したことも支えとなり、ドル円は日通し高値となる118.18円近辺まで上昇しました。欧州市場に入ると、昨日までのトランプ相場が続いているとの期待からの値動きが一転し、ドル売り優勢の相場となりました。時間外の米10年債利回りも2.45%付近まで下落し、ドル円は117.36円近辺まで下げ幅を広げました。NY市場に入ると、特段材料がない中、欧州タイムの流れを引き継ぎ、日通し安値となる117.05円近辺まで下落しました。その後に発表された、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、利上げペース加速の可能性について言及した内容であったことから反発し、117.75円近辺まで持ち直しました。引けにかけてはドルの買い戻しの勢いが収まり、前日比では0.523円安い117.215円で取引を終えました。

≪2017年01月04日クローズ時点≫
ドル・円  :「ブル」    売り38% 買い62%
ユーロ・円  :「ベア」   売り64% 買い36%
英ポンド・円 :「ブル」    売り49% 買い51%
豪ドル・円  :「ブル」  売り20% 買い80%
NZドル・円 :「ブル」  売り29% 買い71%
ユーロ・ドル :「ブル」   売り49% 買い51%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY マネタリーベース[前年同月比] 12月
17:15 CHF 消費者物価指数(CPI)[前月比] 12月
18:30 GBP サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 12月
19:00 EUR 卸売物価指数(PPI)[前年同月比] 11月
19:00 EUR 卸売物価指数(PPI)[前月比] 11月
21:30 USD チャレンジャー人員削減数[前年比] 12月
22:15 USD ADP雇用統計[前月比] 12月
22:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分
22:30 CAD 原料価格指数[前月比] 11月
22:30 CAD 鉱工業製品価格[前月比] 11月
00:00 USD ISM非製造業景況指数(総合) 12月

今日のトレードポイント


昨日の本邦の大発会においては、400円超の大幅上昇となり東京株式市場は好調なスタートをきりました。ドル円においても堅調な推移となっていたものの、欧州勢参入後には、材料難となったことからじり安の展開となりました。NYタイムに発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、「幾人かのメンバーは今のところ緩やかな利上げペースが適切との認識を示した」との見解を示しつつも「多くのメンバーがより速い利上げが必要となる可能性があると判断」とし、あくまで今後の経済状況次第という結果となりました。週末には雇用統計が控えているため、指標の結果次第では大きく動くことも想定しておきたいところです。ドル買い基調は続いていると想定し、117円台前半では、押し目買いを意識しつつ、取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 116.50-118.70
ユーロ・円     121.50-123.80
ポンド・円   142.00-145.50

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」