2017/1/10 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、117.003円で取引を開始した後、前週末に海外市場で円安・ドル高が進んだ流れを引き継ぎ、早朝取引から円売り・ドル買いが先行しました。東京市場では、本邦が成人の日の祝日であったことから薄商いとなりましたが、シカゴ日経平均先物が上昇したことを背景に円売りが継続し日通し高値となる117.53円近辺まで上昇しました。欧州市場では、メイ英首相が週末のインタビューで「ブレグジットに関する方針は混乱していない」と明言し、移民流入に歯止めをかけるためハードブレグジットに突き進む可能性があらためて意識されたことからポンド売りの展開となりました。つれてドル円も節目の117円台を割り116.63円近辺まで下げ足を速めました。NY市場においても、欧州タイムの流れを引き継ぎドル売り優勢の展開が続きました。ドル円は一時116円台を割り日通し安値となる115.95円近辺まで下落する場面もありました。その後は下値圏でのもみ合いとなり、前日比では0.921円安い116.091円で取引を終えました。

≪2017年01月09日クローズ時点≫
ドル・円  :「ブル」    売り37% 買い63%
ユーロ・円  :「ベア」   売り57% 買い43%
英ポンド・円 :「ブル」    売り31% 買い69%
豪ドル・円  :「ブル」  売り21% 買い79%
NZドル・円 :「ブル」  売り28% 買い72%
ユーロ・ドル :「ベア」   売り56% 買い44%

【今日の主な経済指標】
09:01 GBP 英小売連合(BRC)小売売上高調査[前年同月比] 12月
09:30 AUD 小売売上高[前月比] 11月
14:00 JPY 消費者態度指数・一般世帯 12月
15:45 CHF 失業率 12月
16:45 FRF 鉱工業生産指数[前月比] 11月
22:15 CAD 住宅着工件数 12月
22:30 CAD 住宅建設許可件数[前月比] 11月
00:00 USD 卸売在庫[前月比] 11月

今日のトレードポイント


11日の次期米大統領トランプ氏の発言を迎える前に、週初はメイ英首相の発言から一転してポンド売りからのリスク回避相場となりました。株式相場に関しては、下げ幅は限定的となっているほか、米利上げに関して、ローゼングレン米ボストン連銀総裁は「緩やかだが多少は定期的な利上げが適切」「過去1年より速い利上げが必要」と発言しており、為替相場の下支えをしています。トランプ氏の発言までは、引き続き短期的な逆張りで取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 115.00-117.50
ユーロ・円     121.00-124.00
ポンド・円   140.00-144.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」