2016/12/12 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 先週金曜日のドル円は、114.024円で取引を開始した後、東京市場においては時間外の米10年債利回りが上昇し、日米金利差拡大を見越したドル買いが広がりました。日経平均株価の上昇も相場の支えとなり、ストップロスを巻き込み一時114.56円近辺まで値を上げました。日経平均株価が一時19000円台を回復するなど堅調に推移するなか、ドル円相場も総じて底堅い展開となりました。欧米市場では、取引当初114円台半ばで方向感を欠く展開となっていましたが、米10年債利回りの上昇やナイト・セッションの日経平均先物のプラス圏浮上を支えに、じり高となりました。NY勢の参入に伴い仕掛け的なドル買いが持ち込まれると、日経平均先物の上げ幅拡大も好感され、ドル円は115.27円近辺まで強含みました。その後、米10年債利回りが低下に転じると114.62円付近まで利食い売りが進みましたが下値は限定的となりました。12月ミシガン大学消費者態度指数(速報値)が予想を上回り、米10年債利回りが一転上昇したほか、NYダウ平均の80ドル超高も支えに2月9日以来の高値となる115.36円近辺まで持ち直しました。取引終盤以降も高値圏で推移し、前日比では1.304円高い115.297円で取引を終えました。

≪2016年12月09日クローズ時点≫
ドル・円  :「ベア」    売り59% 買い41%
ユーロ・円  :「ベア」   売り60% 買い40%
英ポンド・円 :「ベア」    売り54% 買い46%
豪ドル・円  :「ブル」  売り30% 買い70%
NZドル・円 :「ブル」  売り39% 買い61%
ユーロ・ドル :「ブル」   売り30% 買い70%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 機械受注[前月比] 10月
08:50 JPY 国内企業物価指数[前月比] 11月
08:50 JPY 国内企業物価指数[前年同月比] 11月
09:01 GBP ライトムーブ住宅価格[前月比] 12月
13:30 JPY 第三次産業活動指数[前月比] 10月
04:00 USD 月次財政収支 11月
06:45 NZD 四半期製造業売上高[前期比] 7-9月期

今日のトレードポイント


市場の注目が集まるFOMCでは0.25%の利上げが確実視されていますが、政策金利と同時に発表される経済・金利の見通し、さらにイエレンFRB議長の記者会見を受けて、米金利先高観に変化が見られるか注目したいです。先週は115円手前では上値が重くなりなかなか115円を突破できずにいましたが、株高や10年債利回りの上昇を受け先週の金曜日には115円36円近辺まで上昇しました。今週も株式市場や債券市場の動向に左右される展開になることが予想されますが、基本的にはドル買いのスタンスを取り、その一方で一時的に調整が入り下落することも視野に入れポジション調整に注意したいです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 114.50-115.70
ユーロ・円     120.00-122.80
ポンド・円   142.00-147.50

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」