2016/11/29 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、112.769円で取引を開始したあと、東京市場の午前においてはトランプ次期米大統領によるリスクオン相場が一服し、今週末に予定されている米雇用統計などを控え、米大統領選後に急ピッチで進んだ円安に調整が入りました。日経平均株価が150円超下落したことも円買が進む要因となり、ストップロスも巻き込みながら日通し安値となる111.33円近辺まで下落しました。午後に入ると、日銀によるETF買いへの思惑からショートカバーが優勢になり、引けにかけては112.18円近辺まで値を戻しました。欧州市場に入ると、経済協力開発機構(OECD)の世界経済中間における2017年の世界経済成長予想の上方修正(3.2%→3.3%)を発表し、ドル買い・円売りの流れとなり112.79円近辺まで上値を伸ばしました。NY市場に入ると、米10年債利回りが下値圏で推移したため、ドル買いが失速し112.06円近辺まで下げ幅を広げましたが、下落局面では押し目買い意欲も強く底堅く推移をしました。しかし、引けにかけては下げ幅を広げ、前日比では1.143円安い111.896円で取引を終えました。

≪2016年11月28日クローズ時点≫
ドル・円  :「ブル」   売り45% 買い55%
ユーロ・円  :「ベア」   売り63% 買い37%
英ポンド・円 :「ブル」    売り47% 買い53%
豪ドル・円  :「ブル」  売り28% 買い72%
NZドル・円 :「ブル」  売り38% 買い62%
ユーロ・ドル :「ブル」  売り47% 買い53%

【今日の主な経済指標】
08:30 JPY 有効求人倍率 10月
08:30 JPY 失業率 10月
08:30 JPY 全世帯家計調査・消費支出[前年同月比] 10月
08:50 JPY 百貨店・スーパー販売額(既存店)[前年同月比] 10月
08:50 JPY 小売業販売額[前年同月比] 10月
15:00 ZAR マネーサプライM3[前年同月比] 10月
16:00 DEM 輸入物価指数[前年同月比] 10月
16:00 DEM 輸入物価指数[前月比] 10月
16:45 FRF 消費支出[前月比] 10月
16:45 FRF 国内総生産(GDP、改定値)[前期比] 7-9月期
18:30 GBP マネーサプライM4[前年同月比] 10月
18:30 GBP マネーサプライM4[前月比] 10月
18:30 GBP 消費者信用残高 10月
19:00 EUR 消費者信頼感(確定値) 11月
22:00 DEM 消費者物価指数(CPI、速報値)[前月比] 11月
22:30 USD 四半期実質国内総生産(GDP、改定値)[前期比年率] 7-9月期
22:30 CAD 四半期経常収支 7-9月期
23:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数[前年同月比] 9月
23:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数 9月
00:00 USD 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 11月

今日のトレードポイント


昨日のドル円は、米大統領選後に続いていた円安相場に調整が入り111.33円近辺まで下落しましたが、日足の一目均衡表の転換線である111.20円近辺が目先のサポートとして意識されると下げ渋り、買い戻される展開となりました。週初で利益確定目的の調整が優勢になったものの、下値では押し目買いが強い傾向にあるため、基本的なドル買いスタンスは継続していると思われます。株式市場や債券市場の動向には注意しつつ取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 111.20-113.50
ユーロ・円     117.00-120.00
ポンド・円   137.00-141.50

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」