2016/11/18 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、109.040円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、日経平均株価が前日比で90円超安くなったことを受けて、リスク回避目的のドル買いが先行し日通し安値となる108.55円近辺まで下落しました。底をつけたあとには日銀が初の「指値オペ」の実施を通知したことで一時109.25円近辺まで反発しました。午後にはNYタイムで控えているイベントや安倍首相とトランプ次期米大統領の会談を控え、様子見ムードが広がりましたが、109.46円近辺までじり高となりました。欧州市場に入ると、持ち高調整のドル売りが入ったことや、ナイト・セッションの日経平均先物が弱含んだことからドル円は108.81円近辺まで下げ足を速めました。NY市場では、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演で「利上げは比較的早いことが適切だろう」などと述べたほか、10月米住宅着工件数、10月米建設許可件数などの米経済指標が市場予想より強い内容となったことから、引けにかけては日通し高値となる110.16円近辺まで上昇しました。前日比では1.039円高い110.121円で取引を終えました。

≪2016年11月17日クローズ時点≫
ドル・円  :「ベア」   売り57% 買い43%
ユーロ・円  :「ベア」   売り63% 買い37%
英ポンド・円 :「ブル」   売り48% 買い52%
豪ドル・円  :「ブル」  売り23% 買い77%
NZドル・円 :「ブル」  売り41% 買い59%
ユーロ・ドル :「ブル」  売り42% 買い58%

【今日の主な経済指標】
16:00 DEM 生産者物価指数(PPI)[前月比] 10月
17:15 EUR ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
18:00 EUR 経常収支 9月
22:30 CAD 消費者物価指数(CPIコア)[前年同月比] 10月
22:30 CAD 消費者物価指数(CPIコア)[前月比] 10月
22:30 CAD 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 10月
22:30 CAD 消費者物価指数(CPI)[前月比] 10月
00:00 USD 景気先行指標総合指数[前月比] 10月

今日のトレードポイント


昨日のドル円は、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の発言において、年内利上げを示唆するような内容であったため、110円台の節目を試し上抜けました。下落要因に関しては比較的少ないと想定されますが、12月利上げはほとんど織り込み済みのため。上値を試すには材料不足が目立ちしばらくの間はこの水準でのもみ合いになりそうです。本日は週末になるので、ポジション調整に注意しつつ、短期的な逆張りで取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 109.00-111.00
ユーロ・円     116.00-118.00
ポンド・円   134.00-138.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」