2016/11/17 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、109.178円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、日経平均株価が前日比で200円超の上昇となったものの18,000円手前で伸び悩む展開となったほか、本邦輸出企業の円買いも重なったことでじり安となり日通し安値となる108.79円近辺まで下落しました。午後に入ると、日経平均株価が高値圏を維持しながら推移したほか、下値本邦実需勢の買い意欲が強いことから下押しは限定的となり109円近辺でのもみ合いとなりました。欧州市場に入ると、時間外の米10年債利回りの上昇が再開したことでドル円は節目の110円まで迫り、日通し高値である109.75円近辺まで上昇しました。NY市場に入ると、この日発表された米10月卸売物価指数(PPI)や米10月鉱工業生産指数などが市場予想を下回ったことやNYダウが前日比マイナス圏で推移したことで109.04円近辺まで弱含みましたが下げ渋る展開となりました。引けにかけても底堅く推移し、前日比では0.086円安い109.082円で取引を終えました。

≪2016年11月16日クローズ時点≫
ドル・円  :「ベア」   売り54% 買い46%
ユーロ・円  :「ベア」   売り64% 買い36%
英ポンド・円 :「ブル」   売り45% 買い55%
豪ドル・円  :「ブル」  売り24% 買い76%
NZドル・円 :「ブル」  売り39% 買い61%
ユーロ・ドル :「ブル」  売り43% 買い57%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分
09:30 AUD 失業率 10月
09:30 AUD 新規雇用者数 10月
18:30 GBP 小売売上高指数[前月比] 10月
19:00 EUR 消費者物価指数(HICP、改定値)[前年同月比] 10月
19:00 EUR 建設支出 9月
22:30 USD フィラデルフィア連銀製造業景気指数 11月
22:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分
22:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 10月
22:30 USD 消費者物価指数(CPIコア指数)[前月比] 10月
22:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前月比] 10月
22:30 USD 建設許可件数 10月
22:30 USD 住宅着工件数 10月
22:30 CAD 対カナダ証券投資額 9月
00:00 USD イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

今日のトレードポイント


 昨日のドル円は、109円を挟んで一旦落着きを見せる形となりました。欧州タイムでは節目の110円台に迫りましたが、トランプ相場の限界か上抜けることができませんでした。反対に下値に関しても、底堅く推移しています。本日は、米10月消費者物価指数やイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を控えており、内容次第ではさらに一段高となる可能性はあると考えられます。ポジション調整に注意しつつ、トレンドが出た際には短期的な順張りで取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 108.00-110.00
ユーロ・円     115.50-117.50
ポンド・円   132.50-137.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」