2016/11/09 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、104.485円で取引を開始した後、東京市場において日経平均株価の上昇に伴うドル買いが入り一時104.59円近辺まで値を上げたものの、日経平均株価の失速にを受け日通し安値となる104.29円付近まで下押ししました。その後は、米大統領選の結果発表を控え様子見ムードが強まり104.40円を挟んだ値動きとなりました。欧米市場では、ナイト・セッションの日経平均先物が上昇し、投資家のリスク志向改善を見越したドル買いが先行しました。目立った手掛かり材料はなかったものの、原油先物相場の上昇などをきっかけに安く始まったNYダウ平均が持ち直すとドル買いが加速しました。NYダウ平均が一時140ドル超上げたほか、日経平均先物も180円高まで上昇、さらに米10年債利回りが上昇幅を拡大したことで、ドル円は日通し高値となる105.193円まで上昇しました。取引終盤以降も高値圏での推移は変わらず、前日比では0.58円高い105.109円で取引を終えました。

≪2016年11月08日クローズ時点≫
ドル・円  :「ブル」   売り36% 買い64%
ユーロ・円  :「ベア」   売り65% 買い35%
英ポンド・円 :「ブル」  売り41% 買い59%
豪ドル・円  :「ブル」  売り26% 買い74%
NZドル・円 :「ブル」  売り38% 買い62%
ユーロ・ドル :「ベア」  売り71% 買い29%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 国際収支・経常収支 9月
08:50 JPY 国際収支・貿易収支 9月
14:00 JPY 景気ウオッチャー調査-現状判断DI 10月
18:30 GBP 貿易収支 9月
21:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
00:00 USD 卸売在庫[前月比] 9月
05:00 NZD ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利グラフのマーク

今日のトレードポイント


 本日開票される米国大統領選については、ヒラリー・クリントン候補の勝利を見越したシナリオで相場は動いています。予想通りの結果となれば、クリントン大統領への祝福ムードを受け一時的にドル買いの展開になることが予想されます。その一方で、トランプ氏が大統領になった場合は、米利上げ観測の後退を受け、ドル安に振れ、リスク回避姿勢が強まり、円は急騰するかもしれません。本日のドル円は選挙関連のニュースに揺さぶられることを想定し、結果を見極めポジション管理を徹底したいです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 104.00-106.00
ユーロ・円     114.00-116.50
ポンド・円   127.50-133.50

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」