2016/9/23 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は100.297円で取引を開始した後、東京市場は秋分の日のため休場となりました。市場参加者が少なく薄商いの中、21日の米利上げ見送りによる円高・ドル安の流れを引き継ぎ、100円台前半での狭いレンジ相場となりました。午後に入ると浅川雅嗣財務官が円相場について「いつも以上に注意を払いながらじっくり市場動向を見極めて、仮に投機的な動きが今後も継続するようならば、必要な対応を取らざるを得ない」と述べ、足もとの円高をけん制すると、円売りが先行し100.84円近辺まで上昇しました。欧米市場では、ダウ平均が150ドル超上昇したほか、CME日経平均先物も堅調に推移したことを背景にドル買い継続し、24時過ぎには一時100.90円近辺まで上昇しました。その後、ドル円は材料難から100.80円前後でのもみ合い状態となりましたが、米10債利回りの低下幅縮小を受けてドル買いが強まり、日通し高値となる100.92円近辺まで上昇しました。その後は米長期金利が持ち直しドル安にやや傾くも、前日比では0.416円高い100.764円で取引を終えました。

≪2016年09月22日クローズ時点≫
ドル・円  :「ブル」   売り15% 買い85%
ユーロ・円  :「ブル」   売り45% 買い55%
英ポンド・円 :「ブル」  売り30% 買い70%
豪ドル・円  :「ブル」  売り16% 買い84%
NZドル・円 :「ブル」  売り19% 買い81%
ユーロ・ドル :「ベア」  売り82% 買い18%

【今日の主な経済指標】
13:30 JPY 全産業活動指数[前月比] 7月
14:00 SGD 消費者物価指数(CPI)[前年比] 8月
15:45 FRF 国内総生産(GDP、確定値)[前期比] 4-6月期
16:00 FRF 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
16:00 FRF サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
16:30 DEM 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
16:30 DEM サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
17:00 EUR 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
17:00 EUR サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
21:30 CAD 小売売上高[前月比] 7月
21:30 CAD 小売売上高(除自動車)[前月比] 7月
21:30 CAD 消費者物価指数(CPI)[前月比] 8月
21:30 CAD 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 8月
21:30 CAD 消費者物価指数(CPIコア)[前月比] 8月
21:30 CAD 消費者物価指数(CPIコア)[前年同月比] 8月

今日のトレードポイント


昨日のドル円は、21日の米利上げ見送りを受けて円高・ドル安が進んだ流れを引き継いで取引を開始しました。東京市場では浅川雅嗣財務官の発言を受け上昇しました。その後はやや円安方向に進みましたが、材料難から方向感を欠き100.80円近辺でのレンジ相場となりました。本日は、米利上げに関する指標発表がないため、引続き100円台後半でのレンジ相場が想定されますが、株式市場あ債券市場の動向に注意しつつ、トレンドが出たら短期的な順張りで取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円  100.10-101.700
ユーロ・円     111.70-114.10
ポンド・円   130.20-133.50

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」