2016/8/29 トレイダーズ証券「みんなのFX」

先週金曜日のドル円は、100.527円で取引を開始した後、東京市場においては、日経平均株価が前日比180円超安となったことから、リスク回避目的の円買いが先行し、一時100.38円近辺まで下落しました。一巡後は、100.45円を挟みレンジ相場となりました。欧州市場に入ると、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を控え、様子見ムードが広がり、レンジ相場を継続しました。NY市場に入ると、米10年債利回りの低下を背景に全般ドル安が進むと円買い・ドル売りが入り、100.20円近辺まで下押ししました。注目されていたジャクソンホールにおけるイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演では、「米利上げの根拠がこの数カ月で強まった」と述べたことが伝わると100.90円近辺まで瞬間的に上昇しましたが、「FRBの金融政策はあらかじめ決まっておらず、データ次第」とも述べたためすぐに失速し日通し安値となる100.06円近辺まで下げ幅を広げました。その後、フィッシャーFRB副議長が「イエレンFRB議長の発言は9月利上げの可能性と整合」と述べると米10年債利回りの急上昇につれて日通し高値となる101.94円近辺まで一転して上昇しました。前日比では1.222円高い101.782円で取引を終えました。

≪2016年08月26日クローズ時点≫
ドル・円  :「ブル」  売り23% 買い77%
ユーロ・円  :「ベア」   売り54% 買い46%
英ポンド・円 :「ブル」  売り38% 買い62%
豪ドル・円  :「ブル」  売り21% 買い79%
NZドル・円 :「ブル」  売り23% 買い77%
ユーロ・ドル :「ベア」  売り79% 買い21%

【今日の主な経済指標】
21:30 USD 個人消費支出(PCE)[前月比] 7月
21:30 USD 個人所得[前月比] 7月
21:30 USD 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)[前月比] 7月

今日のトレードポイント


先週末のドル円は、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の発言から利上げ観測が高まり、101円代後半まで値を戻しました。発言では、「データ次第」で利上げの可能性が十分にあり得るとの内容であった為、今週末に控えている米雇用統計は9月利上げの大きな判断材料になると想定されます。今週は多数の米経済指標を控えているので、結果を見極めつつ、基本的にはドル買いスタンスで取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円  100.50-102.30
ユーロ・円     113.00-115.00
ポンド・円   132.00-135.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」