2016/8/19 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、100.240円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、日経平均株価が180円超下落したことで、日通し安値となる99.64円近辺まで下落しました。その後は、財務相・金融庁・日銀による情報交換会合が午後に行われるとの報道から、当局への期待が強まり100円台まで値を戻しました。午後に入ると、一部通信社で本田悦郎・前内閣官房参与が「日銀は来月に大胆な行動をとる可能性がある」と発言したことで円売りが強まり、100.32円近辺まで上げ幅を拡大しました。欧州市場に入ると、7月の英小売売上高が予想を上回ったことでポンドが上昇しました。英国民投票後の不透明感後退から、ドル円も100.48円近辺まで上昇しました。NY市場に入ると、発表された米経済指標がおおむね予想通りとなったことから、100.25-50円近辺での推移となりました。その後、米10年債利回りの下落とともにドル円も下落し、99.84円近辺まで下げ幅を広げました。前日比では0.358円安い99.911円で取引を終えました。

≪2016年08月18日クローズ時点≫
ドル・円  :「ブル」  売り18% 買い82%
ユーロ・円  :「スクエア」 売り50% 買い50%
英ポンド・円 :「ブル」  売り34% 買い66%
豪ドル・円  :「ブル」  売り12% 買い88%
NZドル・円 :「ブル」  売り14% 買い86%
ユーロ・ドル :「ベア」  売り70% 買い30%

【今日の主な経済指標】
13:30 JPY 全産業活動指数[前月比] 6月
15:00 DEM 生産者物価指数(PPI)[前月比] 7月
21:30 CAD 消費者物価指数(CPIコア)[前年同月比] 7月
21:30 CAD 消費者物価指数(CPIコア)[前月比] 7月
21:30 CAD 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 7月
21:30 CAD 消費者物価指数(CPI)[前月比] 7月
21:30 CAD 小売売上高(除自動車)[前月比] 6月
21:30 CAD 小売売上高[前月比] 6月

今日のトレードポイント


昨日のドル円は、日銀による追加緩和の期待や、英国民投票後の不透明感後退からの米利上げ期待等から一時的に上昇する場面が見られましたが、全体的に長続きがせず上値が重い展開が続いています。要人発言で一時的な値動きは期待できますが、本日もドル円はドル買いの材料が少ない状況下が続きそうです。引き続きドル売りスタンスで取引に臨みたいです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円  99.00-101.00
ユーロ・円     112.00-114.00
ポンド・円   129.00-133.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」