2016/6/29 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は101.971円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、日経平均株価が節目である15,000円割れを試したことで、日通し安値となる101.55円近辺まで円買いが進みました。その後、経済財政諮問会議で安倍首相は「市場を注視して細心の注意を払う」と述べたほか、黒田総裁は日銀臨時会合開催の有無に関して否定しなかったことで、日経平均株価が前日比プラス圏まで値を伸ばし、ドル円もつれて102.20円近辺まで上昇しました。欧州市場に入ると、ナイト・セッションの日経平均先物や欧州株が堅調に推移したことを背景に投資家のリスク回避姿勢が後退したことで円売りが先行し、102.41円近辺まで上げ幅を広げました。NY市場に入ると、1-3月期米四半期実質国内総生産(GDP)が予想を上回る結果となったことが支えとなり、ドル円は日通し高値の102.83円近辺まで上昇幅を広げました。前日比では0.645円高い102.745円で取引を終えました。

≪2016年06月28日クローズ時点
ドル・円  :「ブル」  売り34% 買い66%
ユーロ・円  :「ベア」    売り52% 買い48%
英ポンド・円 :「ブル」  売り41% 買い59%
豪ドル・円  :「ブル」  売り15% 買い85%
NZドル・円 :「ブル」  売り15% 買い85%
ユーロ・ドル :「ベア」  売り74% 買い26%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 百貨店・スーパー販売額(既存店)[前年同月比] 5月
08:50 JPY 小売業販売額[前年同月比] 5月
15:00 GBP ネーションワイド住宅価格[前月比] 6月
15:00 DEM GFK消費者信頼感調査 7月
17:30 GBP マネーサプライM4 5月
17:30 GBP 消費者信用残高 5月
18:00 EUR 消費者信頼感(確定値) 6月
20:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
21:00 DEM 消費者物価指数(CPI、速報値)[前月比] 6月
21:30 USD 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)[前月比] 5月
21:30 USD 個人所得[前月比] 5月
21:30 USD 個人消費支出(PCE)[前月比] 5月
22:30 EUR ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
23:00 USD 住宅販売保留指数[前月比] 5月

今日のトレードポイント


昨日のドル円は、要人の発言や堅調な株価動向をにらみ、円売り中心の値動きとなりました。英国のEU離脱に関連する要人の発言は多数あり、市場の関心が集まっている事が伺えます。これからのポイントとしては本邦の動向に注目し、特に日銀の臨時会合が実施有無や為替介入の有無には警戒したいところです。前日からの流れを引き継げば本日は高値を試す可能性が見えてくるので、押し目買いを意識しつつ取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円  101.00-103.50
ユーロ・円     112.00-115.00
ポンド・円   135.00-138.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」