2016/5/17 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、108.646円で取引を開始した後、日通し安値となる108.47円近辺までドル売りが先行しましたが、日経平均株価の220円超高を支えに108.98円近辺まで持ち直しました。ただ、109.00円手前で上値の重さを確認すると、日経平均株価が一時マイナス圏に沈んだことで108.60円台まで失速しました。欧米市場では、取引当初しばらく108.80円を挟んだもみ合いとなっていましたが、ナイト・セッションの日経平均先物が100円高まで上昇したほか、NYダウ平均も200ドル超上げたことをながめ、次第にドル買いの勢いが強まりました。米10年債利回りの上昇も相場を支え、日通し高値となる109.09円近辺まで上昇しました。なお、5月NY連銀製造業景気指数や5月NAHB住宅市場指数は市場予想を下回る結果となりましたが、相場への影響は限定的となりました。取引終盤以降109円台では利食い売りや戻り売りなどが出たため、やや伸び悩むも、前日比では0.459円高い109.050円で取引を終えました。

≪2016年05月16日クローズ時点≫
ドル・円  :「ブル」  売り34% 買い66%
ユーロ・円  :「ブル」 売り45% 買い55%
英ポンド・円 :「ブル」  売り37% 買い63%
豪ドル・円  :「ブル」  売り14% 買い86%
NZドル・円 :「ブル」  売り12% 買い88%
ユーロ・ドル :「ベア」  売り76% 買い24%

【今日の主な経済指標】
10:30 AUD 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
13:30 JPY 鉱工業生産・確報値[前月比] 3月
16:15 CHF 生産者輸入価格[前月比] 4月
17:30 GBP 消費者物価指数(CPI)[前月比] 4月
17:30 GBP 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 4月
17:30 GBP 小売物価指数(RPI)[前月比] 4月
17:30 GBP 小売物価指数(RPI)[前年同月比] 4月
17:30 GBP 卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)[前年同月比] 4月
18:00 EUR 貿易収支 3月
21:30 CAD 製造業出荷[前月比] 3月
21:30 USD 住宅着工件数[年率換算件数] 4月
21:30 USD 住宅着工件数[前月比] 4月
21:30 USD 建設許可件数[年率換算件数] 4月
21:30 USD 建設許可件数[前月比] 4月
21:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前月比] 4月
21:30 USD 消費者物価指数(CPIコア指数)[前月比] 4月
21:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 4月
22:15 USD 鉱工業生産[前月比] 4月
22:15 USD 設備稼働率 4月

今日のトレードポイント


 今週末にはG7財務相・中央銀行総裁会議が開かれますが、ルー米財務長官は13日、外国為替市場の円相場について引き続き「秩序を保っている」との認識を示し、為替介入が容認される状況ではないとの考えを表明しました。これにより日本による為替介入をけん制した格好となっています。18日の4月26-27日開催分の米FOMC議事録を控え動き難い面もありますが、109円台前半ではドル売りも見られているため基本的にはドル売りのスタンスで臨みたいです。ただ、米経済指標の結果や原油市場の動向には注意をしてポジション管理は徹底したいです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 108.50-109.50  ユーロ・円    122.00-124.50  ポンド・円  154.00-160.00


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」