2016/5/16 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 先週金曜日のドル円は、109.030円で取引を開始した後、東京市場では日経平均株価の160円近い上昇を受けて109.13円近辺まで値を上げましたが、日経平均株価が一転して200円超下落すると上値が切り下がる展開となりました。その後しばらくもみ合いが続くも、日経平均株価が引けにかけて240円超下げたことでドル円は108.53円近辺まで弱含みました。欧州市場では、取引当初円買いが強まりましたが、その後はナイト・セッションの日経平均先物が上昇したことを背景に上値を切り上げる流れとなりました。4月米小売売上高が市場予想を大きく上回ると、対ドルを中心に円売りが進み109.45円付近まで上昇しました。同時に発表された4月米卸売物価指数(PPI)は市場予想を下回ったことから109円を割り込みました。NY市場では、ルー米財務長官が「日本には大きな課題がある。すべての手段を動員する必要」「ドルが強いのは米経済が比較的堅調だから」などと発言したことや、5月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値や3月米企業在庫が強い内容だったことが伝わると、日通し高値となる109.50円付近(4月28日以来の高値)まで上昇しました。その後はNYダウ平均が一時200ドル超下落すると円買い・ドル売りが優勢となり米長期金利の低下に伴うドル売りも見られ108.60円近辺まで上げ幅を縮小し、前日比では0.418円安い108.591円で取引を終えました。

≪2016年05月13日クローズ時点≫
ドル・円  :「ブル」  売り33% 買い67%
ユーロ・円  :「ブル」 売り43% 買い57%
英ポンド・円 :「ブル」  売り32% 買い68%
豪ドル・円  :「ブル」  売り 6% 買い94%
NZドル・円 :「ブル」  売り 9% 買い91%
ユーロ・ドル :「ベア」  売り69% 買い31%

【今日の主な経済指標】
08:01 GBP ライトムーブ住宅価格[前月比] 5月
08:50 JPY 国内企業物価指数[前月比] 4月
08:50 JPY 国内企業物価指数[前年同月比] 4月
21:30 USD ニューヨーク連銀製造業景気指数 5月
23:00 USD NAHB住宅市場指数 5月

今日のトレードポイント


 今週のドル円ですが一段下の水準を視野に入れておきたいです。その理由は、110円にかけては本邦輸出勢をはじめとした戻り売りが強いこと。そして、投機筋の円の買い越しポジションを見ると、ここ2週間で多少は調整されたものの依然過去最高水準を維持しており円売りの解消が続くことが予想されるため、一段下の水準を視野に入れておく必要があります。ただ、回復を見せている原油相場の一段高や米経済指標の結果次第ではドル円も上値を伸ばすことも十分予想されるため、状況を見極めながら臨機応変に対応したいです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 107.50-109.50  ユーロ・円    121.80-124.30  ポンド・円  153.00-159.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」