2016/3/3 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、114.110円で取引を開始した後、東京市場において前日のNYダウ平均や日経平均先物が上げたことで、本日の日本株の上昇を見越した円売り・ドル買いが先行し一時114.149円まで値を上げました。市場では「国内輸出企業の売りが観測された」との指摘もあり、一時113.742円まで下押しする場面も見られましたが、日経平均株価が700円超上昇したことから投資家のリスク志向が改善し114.35円近辺まで上昇しました。欧米市場では取引当初114.40円を挟んだ値動きとなっていましたが、2月ADP全米雇用報告で政府部門を除く非農業部門雇用者数が前月比21万4000人増と市場予想の18万8000人程度増を上回ると、時間外の米10年債利回りの上昇とともに一時114.55円近辺まで値を上げ2月16日以来となる高値を更新しました。その後はEIA週間在庫統計で原油在庫が市場予想を大幅に上回る積み増しとなったことが明らかになると、原油安や株安が進んだことを受け日通し安値となる113.22円近辺まで下落しました。前日比では0.512円安い113.449円で取引を終えました。
 
≪2016年03月2日クローズ時点≫
ドル・円  :「ブル」 売り29% 買い71%
ユーロ・円  :「ブル」 売り42% 買い58%
英ポンド・円 :「ブル」 売り48% 買い52%
豪ドル・円  :「ブル」 売り22% 買い78%
NZドル・円 :「ブル」 売り23% 買い77%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り52% 買い48%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分
09:30 AUD 貿易収支 1月
16:00 GBP ネーションワイド住宅価格[前月比] 2月
17:50 FRF サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 2月
17:55 DEM サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 2月
18:00 EUR サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 2月
18:30 GBP サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 2月
19:00 EUR 小売売上高[前月比] 1月
19:00 EUR 小売売上高[前年同月比] 1月
21:30 USD チャレンジャー人員削減数[前年比] 2月
22:30 USD 四半期非農業部門労働生産性・改定値[前期比] 10-12月期
22:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分
00:00 USD ISM非製造業景況指数(総合) 2月
00:00 USD 製造業新規受注[前月比] 1月

今日のトレードポイント


昨日のドル円は2月ADP全米雇用報告が市場予想を上回る結果となったことで2月16日以来の高値を更新するも、その後は原油安や株安からドル売りの流れとなりました。本日のドル円も原油相場や株式相場の動向に左右される展開となりそうです。4日の雇用統計を控え動きに難しいことも予想されますが、ここ連日の指標から、米経済は市場が織り込んでいるほど悪い状況にはなく、実際には改善していることが示されているため、底堅い展開が予想されるので113円半ばではドル買いのスタンスで取引に臨みたいです。
 
[今日の予想レンジ]
ドル・円 113.20-114.80  ユーロ・円  122.80-124.50  ポンド・円  157.00-162.50


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」