2016/2/17 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、114.608円で取引を開始した後、東京市場の午前においては、昨日に大幅上昇した日本株が利食い売り先行で始まりました。日経平均株価が210円超安で始まったことを手掛かりにドル円も114.29円近辺まで下落しましたが、先週末からのリスク回避ムードが継続しており、下値は限定的となりました。午後に入ると、上海総合指数が3%超上昇したことや日経平均株価が310円超高となったことで、日通し高値の114.87円近辺まで上昇しました。欧州市場に入ると、カタール主導で行われた、サウジアラビア・ロシア・ベネズエラの産油国4カ国の石油相協議が、1月の水準で生産量を凍結することで合意との報道を受け、生産調整を期待していた市場は失望。原油相場が下落し、リスクオフの流れになりました。資源国通貨を含め全般に円買いが入り、ドル円は114円を抜けて113.85円近辺まで下落しました。NY市場に入った後も、原油相場の下落が続き、ナイト・セッションの日経平均先物も下落したことから、日通し安値の113.59円近辺まで下落しました。その後は、NYダウが堅調に推移し米10年債利回りも上昇したことで、ドル円は堅調に推移し113.80-90円でのもみ合いとなり、前日比では0.548円安い114.044円で取引を終えました。
 
≪2016年02月16日クローズ時点≫
ドル・円  :「ブル」 売り24% 買い76%
ユーロ・円  :「ブル」 売り38% 買い62%
英ポンド・円 :「ブル」 売り41% 買い59%
豪ドル・円  :「ブル」 売り12% 買い88%
NZドル・円 :「ブル」 売り7% 買い93%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り70% 買い30%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 機械受注[前月比] 12月
17:00 ZAR 消費者物価指数(CPI 1月
18:30 GBP 失業率(ILO方式) 12月
18:30 GBP 失業率 1月
18:30 GBP 失業保険申請件数 1月
19:00 EUR 建設支出 12月
20:00 ZAR 小売売上高[前年同月比] 12月
21:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
22:30 CAD 対カナダ証券投資額 12月
22:30 USD 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)[前月比] 1月
22:30 USD 卸売物価指数(PPI)[前月比] 1月
22:30 USD 建設許可件数 1月
22:30 USD 住宅着工件数 1月
23:15 USD 設備稼働率 1月
23:15 USD 鉱工業生産[前月比] 1月
04:00 USD 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
06:45 NZD 四半期卸売物価指数(PPI)[前期比] 10-12月期

今日のトレードポイント


昨日は、産油国4カ国の石油相協議で原油の減産に踏み込まなかった為、原油相場が下落しドル円も113円台へ再び戻り地政学的リスクに振り回される展開となりました。その中市場では、早くも来月開催の日銀金融政策決定会合・欧州中央銀行(ECB)理事会での追加緩和期待に関心が向いています。金融政策面ではリスク回避ムードが後退しているので、底堅い地合いは続きそうですが、一時的なリスクオフの流れには注意が必要です。本日は、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の発表があり、その内容に注目が集まっていますので、内容を見極めて取引に臨みたいところです。
 
[今日の予想レンジ]
ドル・円 113.00-115.00  ユーロ・円  126.00-128.00  ポンド・円  162.00-166.00


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」