2016/2/4 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、日本株の下落を見越した円買い・ドル売りが先行するなか、日経平均株価が一時670円超下落したことでドル売りが加速し一時119.41円まで値を下げました。ただ、日本株に本邦長期資金の買いが観測されたことをきっかけに、日経平均株価が下げ幅を縮めるとドル円にも買い戻しが入り119.71円付近まで値を戻す場面も見られました。欧州市場では、一時119.22円近辺まで値を下げましたが、ナイト・セッションの日経平均先物やNYダウ先物が再びプラス圏を回復したことで徐々に下値を切り上げ119.40円を挟んだ値動きとなりました。NY市場では、原油価格の上昇を受けて対資源国通貨などを中心にドル安が進むなか、1月米ISM非製造業指数が53.5と市場予想の55.1を下回ったことや日経平均先物が再びマイナス圏に沈んだほか、米10年債利回りが低下に転じたことを受けドル円は117.05円近辺まで下落しました。もっとも、売り一巡後は急ピッチで値を下げた反動が出たほか、NYダウ平均が220ドル超高まで反発し米10年債利回りも上昇に転じたことを受け、117.90円台まで下げ渋りました。前日比では2.274円安い117.799円で取引を終えました。

≪2016年02月3日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り21% 買い79%
ユーロ・円  :「ベア」 売り53% 買い47%
英ポンド・円 :「ブル」 売り30% 買い70%
豪ドル・円  :「ブル」 売り17% 買い83%
NZドル・円 :「ブル」 売り15% 買い85%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り75% 買い25%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分
15:45 CHF スイスSECO消費者信頼感指数 1月
17:00 EUR ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
18:00 EUR 欧州中央銀行(ECB)月報
21:00 GBP イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表グラフのマーク
21:00 GBP 英中銀資産買取プログラム規模
21:00 GBP 英中銀イングランド銀行、四半期ごとの物価報告(インフレリポート)
21:00 GBP 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 USD チャレンジャー人員削減数[前年比] 1月
22:30 USD 四半期非農業部門労働生産性・速報値[前期比] 10-12月期
22:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分
00:00 USD 製造業新規受注[前月比] 12月

今日のトレードポイント


昨日急ピッチにドルが下落した反動から本日は一時的に円売りドル買いの流れになることも予想されますが、やはりドルを買い増す材料がないため118円台半ばでは上値の重い展開が予想されるので基本的にはドル売りのスタンスになるのではないでしょうか。
 本日はドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の発言や米新規失業保険申請件数、米12月新規失業保険申請件数などの発表が予定されているため、結果を見極めポジション調整にも注意したいです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 117.50-118.70  ユーロ・円  129.00-132.00  ポンド・円  170.00-175.00


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」