2016/1/20 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、117.311円で取引を開始した後、東京市場の午前では、日経平均株価が買い先行で始まったことをながめドル買いが進み一時117.70円近辺まで上昇しました。しかしその後に発表された中国の主要経済指標が全体的にやや弱めの結果となったことから、日経平均株価がマイナス圏に突入し、ドル買い地合いが後退しました。一時日通し安値となる117.23円近辺まで値を下げましたが、午後になると、上海総合指数は3%近く上昇し、日経平均株価もプラス圏に再度浮上し株価の底堅さが確認できたことから切り返し117.83円近辺まで上値を広げました。欧州市場では、ナイト・セッションの日経平均先物や米10年債利回りが上昇したこと、また「日銀は春闘に失望感を強めており、物価見通しの再度の下方修正を検討している」との報道を手掛かりに118.11円近辺をつける場面がありましたが、上値は限定的となりました。NY市場にかけては、カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁が「まだ政策金利を引き上げる時ではない」と述べ、利上げに前向きではないと解釈されたことでポンドが急落しました。それにつれてドル円も117.56円近辺まで下落しました。その後はじり安の展開となり、前日比では0.281円高い117.598円で取引を終えました。

≪2016年01月19日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り21% 買い79%
ユーロ・円  :「ブル」 売り47% 買い53%
英ポンド・円 :「ブル」 売り18% 買い82%
豪ドル・円  :「ブル」 売り15% 買い85%
NZドル・円 :「ブル」 売り11% 買い89%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り67% 買い33%

【今日の主な経済指標】
16:00 DEM 生産者物価指数(PPI)[前月比] 12月
17:00 ZAR 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 12月
17:00 ZAR 消費者物価指数(CPI)[前月比] 12月
18:30 GBP 失業率(ILO方式) 11月
18:30 GBP 失業率 12月
18:30 GBP 失業保険申請件数 12月
20:00 ZAR 小売売上高[前年同月比] 11月
21:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比] 前週分
22:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 12月
22:30 USD 消費者物価指数(CPIコア指数)[前月比] 12月
22:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前月比] 12月
22:30 USD 建設許可件数[前月比] 12月
22:30 USD 建設許可件数[年率換算件数] 12月
22:30 USD 住宅着工件数[前月比] 12月
22:30 USD 住宅着工件数[年率換算件数] 12月
22:30 CAD 製造業出荷[前月比] 11月
22:30 CAD 卸売売上高[前月比] 11月
00:00 CAD カナダ銀行 政策金利

今日のトレードポイント


ドル円は「日銀は春闘に失望感を強めており、物価見通しの再度の下方修正を検討している」との報道を受け、市場では来週28日(木)と29日(金)に行われる金融政策決定会合での追加緩和の期待がでています。本日は、米12月消費者物価指数の発表もあり、もし強い結果となれば再びドル買い地合いの展開になる可能性があります。株価や原油は堅調に推移していますが、下値に注意して取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 117.00-118.50  ユーロ・円  127.00-129.00  ポンド・円  164.00-169.00


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」