2015/11/30 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 先週金曜日のドル円は、東京市場では日経平均株価が50円超高となったほか、仲値に向けて月末の実需買いから122.70円近辺まで小高く推移しました。その後は、日経平均株価が110円超安まで下落したことで上値の重しとなりました。午後では、日経平均株価が戻りの鈍い動きとなったほか、上海総合指数が一時3%超下げたことを受けて、リスク回避の売りが先行し122.50円近辺まで値を下げました。欧州市場では、ナイト・セッションの日経平均先物が軟調に推移したことをながめドル円は一時122.30円近辺まで下値を広げました。NY市場では、対欧州通貨中心にドル買いが強まったほか、ナイト・セッションの日経平均先物がマイナスからプラス圏に持ち直したことでドル円も122.60円近辺まで反発しました。引けにかけては、感謝祭翌日ということもあり米債券・株式・商品市場が短縮取引となったことや、米経済指標の発表がないことから方向感に乏しく、前日比では0.196円高い122.820円で取引を終えました。

≪2015年11月27日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り39% 買い61%
ユーロ・円  :「ブル」 売り31% 買い69%
英ポンド・円 :「ブル」 売り28% 買い72%
豪ドル・円  :「ブル」 売り22% 買い78%
NZドル・円  :「ブル」 売り12% 買い88%
ユーロ・ドル :「ブル」 売り36% 買い64%

【今日の主な経済指標】

08:50 JPY 鉱工業生産・速報値[前月比] 10月
08:50 JPY 小売業販売額[前年同月比] 10月
08:50 JPY 百貨店・スーパー販売額(既存店)[前年同月比] 10月
09:00 NZD NBNZ企業信頼感 11月
10:00 JPY 黒田東彦日銀総裁、発言
14:00 JPY 新設住宅着工戸数[前年同月比] 10月
16:00 DEM 小売売上高指数[前月比] 10月
16:00 DEM 小売売上高指数[前年同月比] 10月
18:30 GBP 消費者信用残高 10月
18:30 GBP マネーサプライM4[前月比] 10月
18:30 GBP マネーサプライM4[前年同月比] 10月
22:00 DEM 消費者物価指数(CPI、速報値)[前月比] 11月
22:30 CAD 四半期経常収支 7-9月期
23:45 USD シカゴ購買部協会景気指数 11月
00:00 USD 住宅販売保留指数[前月比] 10月


今日のトレードポイント


今週は、3日の欧州中央銀行(ECB)理事会と4日の11月米雇用統計の発表に注目ポイントとなりそうです。先日、ドラギECB総裁が12月にQE再検討の姿勢を示してから追加緩和への期待が一段と高まりから対ユーロでドル買い圧力が強まっています。また12月15-16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えた最後の米雇用統計が控えており、結果次第では利上げに対する思惑的な動きが活発化し一段とドル高となる可能性があります。そのため、欧米金融政策の動向をにらんだ神経質な動きが考えられますので、リスク管理には十分注意して取引に臨みたいところです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 122.00-123.50  ユーロ・円 129.00-132.00  ポンド・円 184.00-186.00


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」