2015/11/10 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、東京市場の午前では日経平均株価が一時400円超上昇したことが相場の支援材料となり123.40円近辺まで値を上げました。午後では、日経平均株価が伸び悩んだことでドル円が123.20円付近まで下落しました。欧州市場では、日経平均株価が堅調に推移したことで、クロス円中心にドル買いも強まり123.50円近辺まで持ち直しました。NY市場では、取引材料難から123.50円近辺でもみ合いが続いていましたが、NYダウやナイト・セッションの日経平均先物が下落したほか、利益確定のドル売りに押され上値の重い展開となりました。その後もNYダウが一時240ドル超安となるとリスク回避の動きが強まり一時123円を割れとなりました。引けにかけてNYダウの下げ幅を縮めたことで、徐々に値を戻し、前日比では0.025円高い123.174円で取引を終えました。

≪2015年11月09日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り45% 買い55%
ユーロ・円  :「ブル」 売り39% 買い61%
英ポンド・円 :「ブル」 売り40% 買い60%
豪ドル・円  :「ブル」 売り20% 買い80%
NZドル・円  :「ブル」 売り14% 買い86%
ユーロ・ドル :「ブル」 売り38% 買い62%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 国際収支・経常収支 9月
08:50 JPY 国際収支・貿易収支 9月
09:30 AUD NAB企業景況感指数 10月
09:30 AUD 住宅ローン件数[前月比] 9月
14:00 JPY 景気ウオッチャー調査-現状判断DI 10月
16:45 FRF 鉱工業生産指数[前月比] 9月
22:30 USD 輸入物価指数[前月比] 10月
22:30 USD 輸出物価指数[前月比] 10月
00:00 USD 卸売在庫[前月比] 9月


今日のトレードポイント


ドル円は、先週の10月米雇用統計の好結果を受け123円台を維持しており、全体的にはドル高地合いが続くことが予想されます。また米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は、「米経済の緩やかな改善が続けば、短期金利を段階的に引き上げることが適切となる」と発言し、利上げ開始のタイミングとして12月の連邦公開市場委員会(FOMC)は適切との認識を示しました。ハト派とされる総裁が米経済への強い自信を示したことで、より利上げ期待が高まりつつあり、しばらくは底堅く推移するかもしれません。ただ、株式市場は、10月の中国貿易統計が弱かったことや原油安などで下落したほか、米国利上げの可能性を織り込む重たい動きとなっており、株式市場の動向に注視しつつ取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 121.50-123.50  ユーロ・円 131.00-133.00  ポンド・円 184.00-187.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」