2015/8/28 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、東京市場で日経平均株価の上昇を下支えに120円台前半で堅調に推移しました。その後は、日経平均株価が一時100円8高まで上げ幅を縮めたほか、米長期金利の低下も相場の重しとなり119.80円近辺まで下値を切り下げました。欧州市場では、ナイト・セッションの日経平均先物が250円上げたことが円売り・ドル買い圧力が強まり、一時120.55円まで上値を伸ばしました。ただ、買い一巡後は、やや伸び悩みとなり120.20円近辺で推移しました。NY市場では、4-6月期米国内総生産(GDP)改定値が前期比年率3.7%増と市場予想を上回ったほか、前週分の米新規失業保険申請件数も予想を上回る強い結果となったことで、ドル買いが先行し120.60円近辺まで上昇しました。買い一巡後は、一旦伸び悩みとなりましたが、ナイト・セッションの日経平均先物の500円高やNYダウの370ドル超高を手掛かりに急速にドル買い強まり121円を上抜けて一時121.40円近辺まで上値を伸ばしました。買い一巡後は、急激な上昇に対する反動から徐々に値を切り下げて、前日比では1.101高い121.069円で取引を終えました。

≪2015年08月27日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り31% 買い69%
ユーロ・円  :「ベア」 売り51% 買い49%
英ポンド・円 :「ブル」 売り30% 買い70%
豪ドル・円  :「ブル」 売り19% 買い81%
NZドル・円  :「ブル」 売り17% 買い83%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り59% 買い41%

【今日の主な経済指標】
08:30 JPY 失業率 7月
08:30 JPY 有効求人倍率 7月
08:30 JPY 全国消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 7月
08:30 JPY 東京都区部消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)[前年同月比] 8月
08:50 JPY 小売業販売額[前年同月比] 7月
08:50 JPY 大型小売店(既存店)販売額[前年同月比] 7月
14:45 CHF 四半期国内総生産(GDP)[前期比] 4-6月期
15:45 FRF 卸売物価指数(PPI)[前月比] 7月
17:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、改定値)[前期比] 4-6月期
18:00 EUR 消費者信頼感(確定値) 8月
21:00 DEM 消費者物価指数(CPI、速報値)[前月比] 8月
21:30 CAD 鉱工業製品価格[前月比] 7月
21:30 CAD 原料価格指数[前月比] 7月
21:30 USD 個人消費支出(PCE)[前月比] 7月
21:30 USD 個人所得[前月比] 7月
21:30 USD 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)[前月比] 7月
23:00 USD ミシガン大学消費者態度指数・確報値 8月


今日のトレードポイント


昨日の米国第2四半期の国内総生産(GDP)改定値は、前期比3.7%増となり大幅に上方修正されました。また前週分の米新規失業保険申請件数も強い結果となったことで、米連邦準備理事会(FRB)による年内の利上げ可能性の期待が強まりドル買いが先行しています。中国株式相場の急落から始まり世界的な株式市場の混乱で、米国の9月利上げが困難になった可能性はありますが、本日の米個人消費や米ミシガン大学消費者態度指数等の経済指標で強い結果が続くようであれば、利上げ期待が一段高まりドル買いの動きが強まるかもしれません。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 119.50-121.50  ユーロ・円 135.00-137.50  ポンド・円 185.00-187.50

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」