2015/8/11 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、東京市場で先週の米雇用統計後の利益確定の売りから緩やかに反発するなか、週明けの5・10日(ゴトー日)にあたり仲値に向けた買いが入り124.40円近辺まで値を上げました。買い一巡後は方向感を欠いたものの欧州市場に入ると、ナイト・セッションの日経平均先物が底堅く推移したことを支えに買いが強まり、一時124.78円近辺まで上昇しました。NY市場では、カナダドルやポンドなどに対してドル売りが優勢になるなか、金や原油が上昇したことで資源国通貨にも買いが入ったことでドル売りが加速。ドル円も一時124.45円近辺まで下落したものの、NYダウや米長期金利の上昇がサポート材料となり前日比では0.399円高い124.614円まで持ち直して取引を終えました。

≪2015年08月10日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り39% 買い61%
ユーロ・円  :「ベア」 売り74% 買い26%
英ポンド・円 :「スクエア」 売り50% 買い50%
豪ドル・円  :「ブル」 売り24% 買い76%
NZドル・円  :「ブル」 売り12% 買い88%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り60% 買い40%

【今日の主な経済指標】
08:01 GBP 英小売連合(BRC)小売売上高調査[前年同月比]7月
08:50 JPY マネーストックM2[前年同月比]7月
09:00 SGD 四半期国内総生産(GDP、確定値)[前期比年率]4-6月期
10:30 AUD NAB企業景況感指数7月
15:00 DEM 卸売物価指数(WPI)[前月比]7月
18:00 EUR ZEW景況感調査8月
18:00 DEM ZEW景況感調査(期待指数)8月
21:15 CAD 住宅着工件数7月
21:30 USD 四半期非農業部門労働生産性・速報値[前期比]4-6月期
23:00 USD 卸売在庫[前月比]6月

今日のトレードポイント


ドル円は、125円付近にあるレジスタンスラインが意識され上値の重い展開が続いています。本日は米国の経済指標で4-6月期の非農業部門労働生産性速報値の発表を控えておりますが、レジスタンスラインを超えるには材料が乏しいため、新たな買い材料待ちとなりそうです。一方で、下値もNYダウが持ち直すなど一方的な展開にはなりにくく、心理的な節目である124円を目途としたいです。そのため、上下でのレンジを狙ってRSI等のオシレーター系のテクニカル指標を利用して取引をするといいかもしれません。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 124.00-125.00  ユーロ・円 135.50-138.50  ポンド・円 192.00-196.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」