2015/7/7 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、東京市場午前では、5日のギリシャ国民投票でEU(欧州連合)緊縮策の受け入れ反対となったことを受けて、週明け早朝に売りが強まり一時122円割れとなりました。売り一巡後は、急激な下落の反動で122.50円近辺まで反発しました。ただ、リスク回避の動きから日経平均株価も一時300円近く下落し戻りも限定的となりました。午後では、日経平均株価が一時520円超下落したほか、上海株が下げに転じたことを嫌気して一時122.20円近くまで売りに押されたももの、ファロファキス・ギリシャ財務相が辞任を表明したことで、ギリシャ協議が進展するとの期待から株価が下げ渋ったことで、ドル円も122円半ばまで値を戻しました。欧州市場では、ギリシャ協議進展期待から徐々に円売り・ドル買いが強まり122.60円近辺で推移しました。NY市場では、NYダウや米10年債利回りが低下したことを受けて上値の重しとなりました。引けにかけても材料難から総じてもみ合いが続き、前日比では0.099円安い122.542円で取引を終えました。

≪2015年07月06日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り35% 買い65%
ユーロ・円  :「ベア」 売り55% 買い45%
英ポンド・円 :「ブル」 売り49% 買い51%
豪ドル・円  :「ブル」 売り12% 買い88%
NZドル・円  :「ブル」 売り19% 買い81%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り60% 買い40%

【今日の主な経済指標】
13:30 AUD 豪準備銀行(中央銀行)政策金利発表
14:45 CHF 失業率 6月
15:00 DEM 鉱工業生産[前月比] 5月
15:45 FRF 財政収支 5月
15:45 FRF 貿易収支 5月
17:30 GBP 鉱工業生産指数[前月比] 5月
17:30 GBP 製造業生産指数[前月比] 5月
21:30 CAD 貿易収支 5月
21:30 USD 貿易収支 5月


今日のトレードポイント


5日に行われたギリシャ国民投票でEU(欧州連合)緊縮策については、反対賛成が拮抗していたとのことでしたが、開封結果は反対票が6割以上となり、賛成票を大きく上回ったことでユーロ圏離脱へ一段と傾きリスク回避の動きが強まっています。また7日に緊急のユーロ圏首脳会議を開催する方針が明らかになりました。EU首脳会議でEU側の対応が決まるまで不安定な状況となることが予想され、しばらくは円高・ユーロ安地合いが続くかもしれません。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 122.00-124.00  ユーロ・円 133.00-139.00  ポンド・円 190.00-193.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」