2015/6/23 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、東京市場午前においては日経平均株価の上昇を受け122.80円近辺まで値を上げました。その後は、買いが一巡すると若干値を戻し122.60円近辺で推移しました。東京市場の午後には、日経平均株価が250円超高となり堅調に推移しましたが、株高を手掛かりとした動きは限定的で、ドル円は122.70円を挟んでもみ合いが続きました。欧州市場では、時間外の米10年債利回りが大幅上昇したことで全般ドル買い圧力が高まり123円台まで上昇しました。その後も時間外の米10年債利回り上昇が続き、日米金利差拡大を見越した買い圧力が継続し、123.30円近辺まで堅調に推移しました。NY市場では、米長期金利が上昇幅を縮めると次第に上値を切り下げ123円を挟んでもみ合いとなりました。その後、5月米中古住宅販売件数が予想より強い結果となったほか、NYダウが堅調に推移したことで、ドル買い地合いが継続し、前日比では0.697円高い123.362円で取引を終えました。

≪2015年06月22クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り38% 買い62%
ユーロ・円  :「ベア」 売り62% 買い38%
英ポンド・円 :「ベア」 売り65% 買い35%
豪ドル・円  :「ブル」 売り16% 買い84%
NZドル・円  :「ブル」 売り 6% 買い94%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り60% 買い40%

【今日の主な経済指標】
10:30 AUD 四半期住宅価格指数[前期比] 1-3月期
15:45 FRF 企業景況感指数 6月
16:00 FRF 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
16:00 FRF サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
16:30 DEM 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
16:30 DEM サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
17:00 ZAR 四半期経常収支 1-3月期
17:00 EUR 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
17:00 EUR サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 6月
21:30 USD 耐久財受注[前月比] 5月
22:00 USD 住宅価格指数[前月比] 4月
23:00 USD 新築住宅販売件数[前月比] 5月
23:00 USD リッチモンド連銀製造業指数 6月


今日のトレードポイント


ドル円は、先週日銀決定会合および黒田総裁の記者会見で6月10日の円安牽制について修正や撤回はせず追認したかたちとなりましたが、市場の反応は限定的で123円台へ値を戻し全体的にはドル買い圧力が強まっています。
ただ、125円手前では円安牽制への警戒が高まる可能性もあるため上値には注意したいところです。
またギリシャ支援問題では、支援が期限切れを迎えた場合、ギリシャは、月末のIMFへの借金返済や、7〜8月の欧州中央銀行(ECB)への返済ができない債務不履行(デフォルト)に陥る恐れがあるため欧州のダウンサイドリスクに注意しつつ取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 122.00-124.00  ユーロ・円 138.00-141.00  ポンド・円 193.00-197.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」