2015/4/28 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、東京市場においては、日経平均株価がプラス圏から一時110円超と下落したことで円買い・ドル売りの流れが優勢となり118.80円近辺まで軟調に推移しました。ただ、その後の日経平均株価は、下げ渋ったことで119円台へ持ち直しました。午後では、日経平均株価は、2万円台を割り込むなど軟調に推移したことで、ドル円も徐々に値を切り下げました。欧州市場では、全般的にドル買いでスタートし一時119.25円近辺まで上昇しました。ただ、新規材料難から買いは伸びず119円台前半でもみ合いとなりました。その後、格付け会社フィッチが日本の格付けを「A+」から「A」に引き下げると全般に円売りが進みました。ただ、買い一巡後は、利益確定の動きから失速しましたが、米長期金利の上昇を手掛かりに一進一退の動きとなりました。NY市場では、原油先物相場の上昇を手掛かりに資源国通貨に対してドル売りが優勢となりドル円は、119.10円前後まで下押ししました。引けにかけてもNYダウが軟調に推移し、全体的に動意に欠ける展開が続き、前日比では0.139円高い119.055円で取引を終えました。

≪2015年04月27日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り26% 買い74%
ユーロ・円  :「ベア」 売り60% 買い40%
英ポンド・円 :「ベア」 売り55% 買い45%
豪ドル・円  :「ブル」 売り35% 買い65%
NZドル・円  :「ブル」 売り22% 買い78%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り78% 買い22%

【今日の主な経済指標】
15:45 FRF 消費者信頼感指数 4月
17:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、速報値)[前期比] 1-3月期
17:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、速報値)[前年同期比] 1-3月期
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数 2月
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数[前年同月比] 2月
23:00 USD 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 4月
23:00 USD リッチモンド連銀製造業指数 4月


今日のトレードポイント


ドル円は、今週の火・水曜日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)が注目材料となっています。早期利上げ観測は、大きく後退してきているものの、FOMCメンバーの多くは、依然年内利上げ開始が適切であると主張していることもあり、利上げに最も慎重とみられるイエレンFRB議長の発言には注意したいところです。またギリシャ問題では、ギリシャが債権団との交渉担当者を刷新したことで支援協議が前進するとの期待があるため、財政懸念が若干後退し株価も強気な展開になるかもしれません。本日は、米国経済指標のケース・シラー米住宅価格指数、消費者信頼感指数、リッチモンド連銀製造業指数が控えており、同時間帯での動意に注目したいところです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 118.00-120.00  ユーロ・円 126.00-130.00  ポンド・円 175.00-180.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」