2015/4/23 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、東京市場の午前においては、日経平均株価が一時190円超の上昇となったことで円売り・ドル買いの流れが優勢となり119.60円近辺で堅調に推移しました。その後も午後にかけて日経平均株価が一時200円超上げたことをながめ、2万円の大台に乗せたことで投資家のリスク志向改善を見越した買いが強まりました。
欧州市場では、ユーロドルの上昇をきっかけに円買い・ドル売りが強まり値を少し切り下げましたが、ナイト・セッションの日経平均先物が上昇したことも相場の下支えとなり下値は限定的となりました。その後は、対ポンドを中心にドル売りが強まった展開となったほか、時間外のダウ先物や日経平均先物が下げに転じたことも重しとなり119.30円近辺まで下押ししました。NY市場では、対スイスフランを中心にドル買い圧力が高まった影響を受けて円売り・ドル買いが強まったほか、2月米住宅価格指数や3月の米中古住宅販売件数が予想を上回る好結果となったことで119.80円近辺まで持ち直ししました。その後もNYダウや米10年債利回りの上昇幅拡大を好感した買いが続き120円手前まで上昇しました。引けにかけてドル円は材料難から高値でもみ合いが続き、前日比では0.274円高い119.895円で取引を終えました。

≪2015年04月22日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り35% 買い65%
ユーロ・円  :「ベア」 売り51% 買い49%
英ポンド・円 :「ブル」 売り49% 買い51%
豪ドル・円  :「ブル」 売り34% 買い66%
NZドル・円  :「ブル」 売り47% 買い53%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り72% 買い28%

【今日の主な経済指標】
15:00 DEM GFK消費者信頼感調査 5月
15:45 FRF 企業景況感指数 4月
16:00 FRF 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 4月
16:00 FRF サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 4月
16:30 DEM 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 4月
16:30 DEM サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 4月
17:00 EUR 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 4月
17:00 EUR サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 4月
17:30 GBP 小売売上高指数[前月比] 3月
21:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分
23:00 USD 新築住宅販売件数[前月比] 3月


今日のトレードポイント


ドル円は、日米株価上昇や米国10年債利回りの上昇を受けて120円手前まで上昇し上値を試す展開となりました。ただ、一旦は利益確定等のポジション調整の動きから若干値を切り下げているものの、株高・円安の好循環期待から下値は限定的となっています。本日は、米新規失業保険申請件数や新築住宅販売件数等が注目されますが、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えていることもあり積極的な上値を試す動きは難しそうです。しばらくは、119円から120円台でのレンジ相場が予想されますので、ギリシャ問題などでリスク回避の動きには警戒しつつ、基本的には逆張りスタンスで取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 118.00-120.00  ユーロ・円 126.00-130.00  ポンド・円 175.00-180.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」