2015/4/1 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、東京市場の午前中は日経平均株価が180円超高となったことを支えに120円台前半で推移しました。また月末ということもあり仲値に向けたドル買いから120.40円近辺まで上昇しました。午後では、日経平均株価がプラス圏より200円超安と大幅な下落となったことでリスク回避の売りが先行し一時120円を割れました。ただ、売り一巡後は対欧州・資源国通貨でドル買い圧力が高まったためすぐに持ち直しました。欧州市場では、ダウ先物や欧州株も軟調に推移する中でリスク回避の売りに押され119.70円近辺まで下値を切り下げました。また原油先物価格の下落を背景に資源国のクロス円が売られたこともありドル売りがじわりと強まりました。NY市場では、3月米消費者信頼感指数が101.3と市場予想平均の96.4程度を上回ったことを受けて120円台まで持ち直しました。ただ、米10年債利回りの低下も嫌気されると再び119円後半で推移しました。引けにかけてNYダウが200ドル安となるなど全般的に方向感のないもみ合いが続き、前日比では0.113円安い120.053円で取引を終えました。

≪2015年03月31日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り34% 買い66%
ユーロ・円  :「ブル」 売り37% 買い63%
英ポンド・円 :「ブル」 売り27% 買い73%
豪ドル・円  :「ブル」 売り07% 買い93%
NZドル・円  :「ブル」 売り14% 買い86%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り67% 買い33%

【今日の主な経済指標】
09:30 AUD 住宅建設許可件数 [前月比] 2月
16:50 FRF 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 3月
16:55 DEM 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 3月
17:00 EUR 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 3月
17:30 GBP 製造業購買担当者景気指数(PMI) 3月
20:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
21:15 USD ADP雇用統計[前月比] 3月
23:00 USD 建設支出[前月比] 2月
23:00 USD ISM製造業景況指数 3月


今日のトレードポイント


ドル円は、先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)以降のドル売りの流れが一巡し、今週金曜日の米国雇用統計へ向けて様子ムードが強まっています。そのため、昨日の米消費者信頼感指数が強い結果となったものの、株安・金利低下の流れから120円を挟んで方向感のない展開となりました。本日は、米雇用統計の前哨戦となるADP雇用統計やISM製造業景況指数等の指標を控えており、好結果となれば金曜日の雇用統計に対する期待感が一段と強まるかもしれません。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 119.00-121.00  ユーロ・円 128.00-132.00  ポンド・円 176.00-182.00


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」