2015/1/27 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、117.499円で取引を開始した後、東京市場においてギリシャ総選挙で野党・急進左派連合の勝利が確実となり、リスクオフムードが高まったことから117.26円近辺まで下落しました。売りが一巡すると急速なユーロの買い戻しを受け、117.82円前後まで値を戻しました。欧米市場では、ナイトセッションの日経平均先物や独DAXが上昇したことを背景に買いが先行しました。ユーロ円を中心にクロス円が堅調に推移するにつれ一時118.48円近辺まで値を上げました。NYダウ平均が100ドル超下落して始まったことが嫌気され上げ幅を縮小する場面も見られましたが下値は底堅く推移しました。引け間際にはNYダウ平均が一時プラス圏を回復したうえ、日経平均先物が一段高となるなど株価の上昇が相場を支えに本日の高値118.495円まで上昇し、前日比では0.675円高い118.469円で取引を終えました。

≪2015年01月26日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り29% 買い71%
ユーロ・円  :「ベア」 売り60% 買い40%
英ポンド・円 :「ブル」 売り29% 買い71%
豪ドル・円  :「ブル」 売り12% 買い88%
NZドル・円  :「ブル」 売り12% 買い88%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り61% 買い39%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 企業向けサービス価格指数[前年同月比] 12月
09:30 AUD NAB企業景況感指数 12月
18:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、速報値)[前年同期比] 10-12月期
22:30 USD 耐久財受注・輸送用機器除く[前月比] 12月
23:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数[前年同月比] 11月
00:00 USD 新築住宅販売件数[年率換算件数] 12月
00:00 USD 新築住宅販売件数[前月比] 12月
00:00 USD 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 1月
00:00 USD リッチモンド連銀製造業指数 1月

今日のトレードポイント


28・29日にかけて開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)までは様子見ムードが予想されます。米経済指標が強い結果となれば一時的にドル買いへと傾斜すると思われますが、119円台突入にはならないと思われます。注意事項としては、25日のギリシャ総選挙で急進左派連合が勝利し、ユーロ財務相会合のデイセルブルム議長(オランダ財務相)は26日にユーロ加盟国はギリシャの新政権と協力していく用意があると述べました。これを受け、さらなるユーロの下落は回避されたと思われますが、ギリシャ報道には注意しポジション管理に注意したいです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 117.80-119.00  ユーロ・円 131.00-134.50  ポンド・円 175.00-181.50

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」