2014/12/23 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、119.537円で取引を開始した後、東京市場午前において日経平均株価がマイナス圏に沈んだ流れを受け119.31円近辺まで下落しました。午後の取引では買い戻しが入るも、午前中に押された分を取り戻す程度にとどまり、レンジ上限を突き抜けるような強さはありませんでした。欧米市場では、時間外のダウ先物やナイトセッションの日経平均先物が堅調に推移したことをながめ、投資家のリスク志向改善を見越した買いが入りました。11月米中古住宅販売件数が予想より弱い結果となったことで伸び悩む場面も見られましたが、ダウ平均や米10年債利回りの上昇を支えに120.08円近辺まで上昇し9日以来の高値を更新しました。前日比では0.6308円高い120.064円で取引を終えました。
 
≪2014年12月22日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り31% 買い69%
ユーロ・円  :「ベア」 売り70% 買い30%
英ポンド・円 :「ブル」 売り34% 買い66%
豪ドル・円  :「ブル」 売り17% 買い83%
NZドル・円  :「ブル」 売り40% 買い60%
ユーロ・ドル :「ブル」 売り30% 買い70%

【今日の主な経済指標】

16:45 FRF 国内総生産(GDP、改定値)[前期比] 7-9月期
18:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、確定値)[前年同期比] 7-9月期
18:30 GBP 四半期経常収支 7-9月期
22:30 CAD 月次国内総生産(GDP)[前月比] 10月
22:30 USD 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)[前期比年率] 7-9月期
23:00 USD 住宅価格指数[前月比] 10月
23:55 USD ミシガン大学消費者態度指数・確報値 12月
00:00 USD リッチモンド連銀製造業指数 12月
00:00 USD 新築住宅販売件数[年率換算件数] 11月
00:00 USD 個人所得[前月比] 11月
00:00 USD 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)[前月比] 11月

今日のトレードポイント



米実質GDPは、小幅の上方修正となる見通しとなっており、米9月分建設支出も上方修正が反映される見通しとなっております。また、米個人所得と米個人消費は、ともに伸び率が加速する見通しとなっており、本日発表予定の米経済指標は強い結果に期待が持てます。これを受けドルの底堅い値動きが予想されます。ただ、本日は東京市場が休場となるため欧米市場に入るまでは大きな値動きにはならないと思われます。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 119.70-121.00  ユーロ・円 146.00-149.00  ポンド・円 185.00-190.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」