2014/11/28 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、東京市場の午前では、日経平均株価が軟調に推移したほか、本邦輸出勢から月末絡みの売りフローから117.50円近辺までじわりと下げました。売り一巡後は、下がったところでの買い意欲もあり徐々に値を戻しました。ただ、米国市場が感謝祭の休場で商いが薄く方向感が出にくい展開が続きました。午後では、日経平均株価が170円超の下落となったことをながめ、リスク回避の円買い・ドル売りが強まり117.25円近辺まで値を下げました。欧州市場では、日経平均株価が戻りの鈍い展開となったほか、ナイト・セッションの日経平均先物が70円安となったことを嫌気し上値の重い展開となりました。その後は、対ユーロでドル買い圧力が高まった影響を受けて円売り・ドル買いから117.50円近辺まで持ち直しました。NY市場では、米国が感謝祭の休場で商いが薄いなか、石油輸出国機構(OPEC)が生産量維持を決めたと伝わったことで原油先物が急落し、カナダドルなど資源国通貨に対してドル買いが進んだ流れとなりました。そのためドル円は一時117.881円となり当日高値を付けました。引けにかけては、新規材料難のため、もみ合いが続き前日比では0.040円高い117.745円で取引を終えました。

≪2014年11月27日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り29% 買い71%
ユーロ・円  :「ベア」 売り66% 買い34%
英ポンド・円 :「ベア」 売り52% 買い48%
豪ドル・円  :「ブル」 売り22% 買い78%
NZドル・円  :「ブル」 売り37% 買い63%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り51% 買い49%

【今日の主な経済指標】
14:00 JPY 新設住宅着工戸数[前年同月比] 10月
15:00 ZAR マネーサプライM3[前年同月比] 10月
16:00 GBP ネーションワイド住宅価格[前月比] 11月
16:00 DEM 小売売上高指数[前月比] 10月
16:00 DEM 小売売上高指数[前年同月比] 10月
16:45 FRF 卸売物価指数(PPI)[前月比] 10月
16:45 FRF 消費支出[前月比] 10月
17:00 CHF KOF景気先行指数 11月
19:00 EUR 失業率 10月
19:00 EUR 消費者物価指数(HICP、速報値)[前年同月比] 11月
19:00 JPY 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
21:00 ZAR 貿易収支 10月
22:30 CAD 月次国内総生産(GDP)[前月比] 9月
22:30 CAD 四半期国内総生産(GDP)[前期比年率] 7-9月期
22:30 CAD 鉱工業製品価格[前月比] 10月
22:30 CAD 原料価格指数[前月比] 10月


今日のトレードポイント



ドル円は、最近の米経済指標の下振れを受け、米景気減速懸念から上値が重く117円台でのもみ合いが続いています。また本日は、ブラックフライデー(感謝祭翌日の金曜日)となり、株・債券・商品市場が短縮取引となるほか、目立った経済指標もないため狭いレンジ内で様子見ムードとなりそうです。月末・週末に向けたポジション調整なども考えられるため下値に警戒し慎重なスタンスで取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 116.00-120.00  ユーロ・円 145.00-149.00  ポンド・円 183.00-187.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」